週刊少年マガジン

ダイヤのA actⅡ【第171話】3度目のネタバレ!3度目の正直で薬師高校に挑む市大三高!

256458469848469 - ダイヤのA actⅡ【第171話】3度目のネタバレ!3度目の正直で薬師高校に挑む市大三高!

2019年6月19日発売、週刊少年マガジン29号のダイヤのA actⅡ【第171話】3度目のネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

5回戦で市大三高と戦う薬師高校は、甲子園効果で寄付を集め、充実した練習設備を整えて、次の対戦に臨もうとしていました。

対する市大三高のエース・天久は準備万端で、沢村に新球の存在をほのめかします。

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

ダイヤのA actⅡ【第171話】3度目のネタバレ

天久とLINEメッセージでやり取りする沢村。

”勝ったみてーだな 今日投げたか?”と天久。

”投げてません。降谷完投で出番なし”と沢村が返します。

”そっか 休めてよかったじゃん”

”そっちこそ明後日薬師と試合ですよね 調子はいいんですか?”

”悪くないよ お前のカットボールからヒントを得た新球もあるしな”

”へーどんな球ですか?くわしく聞きたいです”

するとその時、奥村が「LINEとかやるんですか」と沢村に話しかけてきました。

野球の技術や意見交換をたまにするという沢村に、誰とLINEでやり取りするのかという奥村。

そんな奥村の問いに動揺する沢村。

沢村は三高の天久とやりとりしていることを話しつつ、あくまで同じピッチャーとしてで、ライバルチームと仲良くしてるわけではないと、慌てて否定するのでした。

 

一方天久は、新球のヒントを教えてほしいという沢村に、”じゃあヒントだけ 曲がり切らないスライダー ジャイロ回転”と返信していました。

そんな天久にミーティング中だと注意するチームメイト。

ミーティングでは次の対戦相手の薬師高校の要注意選手について、説明が始まります。

「今年加入した長身のサウスポー、友部先人。ピッチャー起用もありうる2年の3人衆、秋葉・轟・三島。何より攻略しなければならないのはエース、真田俊平。」

真田はカットボールにシュート、シンカーに近いツーシームを投げ、独特のプレートの使い方をする投手。センバツを経験して西東京を代表するピッチャーに成長しているのだとか。

「ここまであまり投げていませんが、恐らく明日のために温存してきているのかと。」

チームメイトはそう話しつつ、当然薬師だからアクロバティックな起用もあるかもしれないと付け加えます。

「ですが、我々がやることはただ一つ。我々のプレーを貫くこと!」

そんなチームメイトの言葉に、静かに闘志を燃やす選手たち。

すると天久は選手たちを煽るように「毎日あれだけバット振ってんだ。4,5点はとってくれんだろ?」と話します。

そんな天久の言葉に、

「勝手に5点止まりにすんじゃねぇ!」

「コールドで決めたらあ!!」

「俺たちをなめんな光聖!」

とムキになって声を荒げる選手たち。

その様子を見つめる後輩たちは、天久がはっきり口に出すため、たまに仲悪いんじゃないかと焦ると話します。

すると、市大三高の監督は打線のことは問題ない、彼らはそれだけのことはやってきたから、必ずやってくれると口を開きました。

そして天久に逆に薬師打線を何点に抑えられるんだと尋ねます。

天久は「ぶっちゃけてもいいっスか?」と前置きすると、

「22日の準決勝を考えなくていいなら、ゼロ?」

と自信たっぷりに話しました。

そんな天久を笑顔で見つめる選手たち。

監督は「グッド!」と親指を立てます。

(I know。君の努力を我々は知っている)

すると天久はちょっと言い過ぎたかなと言いつつ、「1点か2点は覚悟しといて」と訂正します。

監督は真中にアクシデントがあったとはいえ、去年の夏、そして秋と2戦続けて薬師高校に敗れているため、3度目の今年の夏こそは、我々が全国制覇しようと力強く選手たちを鼓舞します。

「王者復権の第一歩として、明日はフルパワーで戦おう!」

「おぉ!」

 

そして7月19日、土曜日。

府中では稲代実業高校、昭島では成孔学園、立川では仙泉学園、そして八王子では市大三高VS薬師高校の試合が行われようとしていました。

満員の客席の中には、高島と渡辺、そして奥村の姿もあります。

両チームが整列前に集まる中、笑い声をあげ、闘志を燃やしながら不敵な笑みを浮かべる雷市。

その様子を天久も笑顔で見つめています。

そして「整列!!」の号令がかかり、いよいよ試合がスタートします。

ダイヤのA actⅡ【第171話】3度目の感想

市大三高は薬師高校に連敗しているので、とても気合いが入っていると思います。

天久の新球は市大三高の勝利につなげることができるのでしょうか?

どんな展開になるのかとても楽しみです!

次回のダイヤのAactⅡ【第172話】が掲載される週刊少年マガジン30号は6月26日に発売されます。

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む