週刊少年マガジン

ダイヤのA actⅡ【第170話】幾度となくのネタバレ!薬師高校の新たな設備

4691684165164 - ダイヤのA actⅡ【第170話】幾度となくのネタバレ!薬師高校の新たな設備

2019年6月12日発売の週刊少年マガジン28号、ダイヤのA actⅡ【第170話】幾度となくを読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

降谷の活躍もあり八弥王子を下して、5回戦進出を決めた青道高校。次の対戦相手はアッパースイングで思い切りのいい打線の法兼学園です。

そんな中、次の登板に向けて気合いを入れなおす沢村のもとに、薬師との対戦を控える市大三高のエース、天久からメッセージが届きました。

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

ダイヤのA actⅡ【第170話】幾度となくのネタバレ

東京杉並の薬師高校では、記者の峰と大和田が轟監督の元に取材に来ていました。

練習を行う薬師高校の選手たちを見て、前に来た時より設備が充実しているという大和田。

轟監督はこんなにもらっていいのかというくらい、寄付が集まっていると言います。

「やっぱ甲子園に出るってのは違うな。大会入って毎日差し入れが届くし、クソ高いバッティングマシン3台も手に入ったしな。」

そう言うと轟監督は、バッティングマシンの紹介を始めました。

アーム式のマシンがマークⅠ、2輪式がマークⅡ、そして最新機能を搭載した3輪式がマークⅢです。

そのマークⅢから発射された球を見て驚く峰と大和田。

それは天久の投球と同じ球でした。

轟監督は成宮のスライダーや、降谷のストレート、本郷のスプリットなど、どんな球でも再現可能だと言います。

「西地区にはとんでもなくレベルの高いピッチャーが集まってるし、結局点を取らなきゃ試合には勝てねぇ。ウチのような成り上がりチームには、心強い援軍だぜ。」

「最新型のマシンを手にし、さらに強力な打線に・・・。」

そして轟監督は「これで室内練習場があればなー。ブルペンに屋根も欲しいし。」と言いつつ笑います。

さらに「あと監督室も」と付け加える轟監督。

峰が部員も増えて練習の雰囲気も変わったというと、轟監督はその言葉に同意しつつ、グラウンドの広さは限られているし、工夫も必要だと言います。

特に3年は活きのいい1年が入ったことで、レギュラーが安泰じゃなくなったため、毎日目の色を変えてバットを振っているのだとか。

「ようやくウチもスタメンに頭悩ませる程度には、戦力が揃ってきたってことだな。」

しかしその分学校からの期待も、かなり大きくなっているようです。

最近眠りが浅くなったと、大きなプレッシャーを感じている様子の轟監督。

すると大和田が「そういえば、雷市くんは?」と聞きます。

「あいつはマシンの球は打ちたくねーんだと!生意気言いやがってあのヤロー!」

そんな雷市は、一人フェンスの向こうで、目をつむり、バットを構えていました。

雷市の頭の中には、凄いピッチャーの球が全て記憶されており、そのピッチャーの投球を想像しながら、バットを振ります。

「マシンの球には息吹を感じねーんだとよ。青道の降谷に沢村。センバツで対戦した全国区のピッチャー。春大でねじ伏せられた成宮鳴。そして明日戦う天久光聖。

バットとボールがこすれた匂い・・・手の感触・・・打球音・・・幾度となく頭ん中で、対戦を続けてきた。この日のためにな。」

そんな雷市を見つめながら轟監督は、センバツ以降ちやほやされて浮かれていると思ったが、頭の中までボケていなかったようだと笑います。

「クク・・・面白くなってきやがった・・・クカカ・・・!」

一人で笑い始める轟監督を、不思議そうに見つめる峰と大和田。

(好きなことだけやって生きていく・・・人として、これほど傲慢な生き方はねぇんだろう・・・。)

轟監督はそんなことを考えながら、かつて家族で暮らしていたアパートを出ていく妻の姿がフラッシュバックします。

河原でバットを振る雷市、妻に突き付けられた離婚届、そして「あなたたちの人生の犠牲になるつもりはありません」と去り際に妻が残した言葉。

(なぁ・・・雷市。俺ぁこの程度で満足できるほど、人間出来ちゃいねぇぜ。お前はどうだ?)

轟監督が心の中で語り掛ける中、闘志を燃やしながら楽しそうにバットを振る雷市は、「カハハハハ!!早く全員ぶっ飛ばして――!!」と叫ぶのでした。

 

その頃、真田はジムで足のトレーニングを行っていました。

足の状態を気遣う友部に、問題ないと言い、ここに来るたびに眠っていた筋肉が目覚めていく気分だと伝える真田。

中学の時からこのジムにいたのかと聞く真田に、「はい・・・シニアのコーチに紹介してもらって。」と友部が答えます。

「友部・・・いろいろありがとな。これで悔いなく夏を迎えられそうだわ。」

「・・・いえ、お役に立てたならよかったです。それより驚いたのが、これまでほとんど独学でやってたってことですよ。」

「だよなー何でもっと食事とかに気を付けなかったんだろ。」

「無自覚かもしれませんが、それだけ伸び代が残ってるってことですからね。」

「ははっ・・・今更伸び代って言われてもな。」

「全然遅くないですよ。」

「いやー結構俺頑張ったよ。」

 

一方東京町田にある市大三高。

選手たちが練習を行う中、一人の選手がバットを持って座り目をつむっています。

その選手に「何やってんの?ほっしゃん。」と声をかける天久。

「バットの声を聴いてる。」

「・・・・・・で、何て?」

「今日はゆっくりお休み・・・と言われた気がする。」

「いい奴じゃん。まぁ試合前にじたばたしてもな・・・。」

そう言いつつ、天久がスマホをチェックすると沢村からメッセージが届いていました。

”へ―どんな球ですか?くわしく聞きたいです”

ダイヤのA actⅡ【第170話】幾度となくの感想

薬師高校がこれだけ設備が整ったにもかかわらず、一切バッティングマシンを使わず独自の方法で練習する雷市は、やっぱり異質ですね。

そして天久は新球を習得したのでしょうか?

青道だけでなく、薬師高校対市大三高の試合もとても気になりますね!

次回のダイヤのAactⅡ【第171話】が掲載される週刊少年マガジン29号の発売日は6月19日になります。

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む