週刊少年マガジン

ダイヤのA actⅡ【第167話】今の俺のネタバレ!最後の夏にかける想い

hrtjhtyrjutykjuytkytjjykjtuj - ダイヤのA actⅡ【第167話】今の俺のネタバレ!最後の夏にかける想い

2019年5月22日発売の週刊少年マガジン25号、ダイヤのA actⅡ【第167話】今の俺を読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

西東京大会4回戦、青道VS八弥王子。青道は1点をリードする5回裏に小湊のタイムリーや前園の3ランHRで一挙に5点奪い、点差を6点に広げました。

一方降谷はプロ顔負けの剛速球を武器に完璧なピッチングで、八弥王子打線を封じていました。

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

ダイヤのA actⅡ【第167話】今の俺のネタバレ

6点リードで迎えた6回裏。

青道はこの回先頭バッターの結城に代わり、同じく1年の由井が打席に立ちます。

「いけよー俺らの代表!」

1年生のチームメイトが応援する中、由井は初球を振り抜き、打球はレフト線を抜けていきます。

「アウトコース逆らわずに!!狙ってたな1年坊主!」

観客がそう話す間に、2塁に到達する由井。

ある観客は由井が世界大会のキャプテン由井薫であることに気づき、青道に来てたのかと驚きます。

「今年の1年も活きがいいのが揃ってるな!今日の将司は合ってなさ過ぎた。」

結城は憮然とした態度でベンチから見つめています。

「ナイスバッティング」とつぶやく奥村に、必死に「ブルペン行こう!!な!ブルペン!!」と声をかける沢村。

落合コーチは、自分の役割を理解でき、思い切りの良さがあると由井を評価します。

「貴重な左の代打としても、少しでも多く経験を積ませておきたい選手ですね。」

 

続く金丸も気合の入ったタイムリーを打ち、小湊の内野安打の間にもう1点追加しました。

これで点差は8点に広がり、青道の選手たちは盛り上がります。

そして、八弥王子が2点返さないとコールドが決まってしまう7回表。

現在八弥王子は降谷から四球を2つ獲得しただけで、三振11個、ノーヒットノーランと抑え込まれています。

バッターボックスに立った八弥王子の川端は、

「ったく。俺らがコツコツやってきたこと、全部吹き飛ばしちまうピッチャーだな。」

とつぶやきます。

それに対して「今日の降谷は特別だ・・。俺も待ってた。」という御幸。

川端はバットを構え、

「このまま終わらせてたまるかよ!さぁこい!!」

と気合を入れました。

そして降谷が1球投じます。

その球をバットに当てて、ファールする川端。

2球目は落ちるボールで、川端は全く反応せず、見逃します。

川端は息を吐き出し、集中しています。

川端を見つめながら、しっかり見えているみたいだと感じる御幸。

(このチームで一人だけスイングスピードが違う。ここまで振れるバッターは全国にも、そうはいないぞ。)

「いこうキャプテン!!」

「さあここから!!」

八弥王子のチームメイトたちは、ベンチから声援を送ります。

神妙な面持ちで川端を見つめる荒井監督。

(まだだ・・・まだ全部出せてねぇ)

川端はバットを構えながら、高校に入学した頃のことを思い出していました。

 

高校に入学してすぐ、川端の父親は亡くなりました。

それは病気が分かってあっという間の出来事。

父親は小さな頃からの練習相手で、中学時代は毎日バッティングセンターに連れて行ってくれました。

現実を受け入れることが出来なかった川端は、じっとしていると心が壊れそうになり、ひたすらバットを振ります。

八弥王子のチームメイトたちはそんな川端を見て、葬式終わってまだ一週間も経ってないのに大丈夫かと心配し、荒井監督も黙って見守っていました。

雨の日もバットを振り、マメは裂け、血が流れても構わずバットを振り続ける川端。

痛みが悲しみを薄めてくれ、ヘトヘトになるまで練習している間だけ、寂しさから離れることが出来たのです。

気づけば川端は1年の秋から、スタメンに名を連ねる選手になっていました。

”俺は野球に逃げ・・・父親と始めた野球に守られていた―――。あの日の俺が今の俺を作った。俺はまだ全部出せていない。”

 

そして川端はついに降谷の豪速球をとらえ、センター方向に弾き返しました。

八弥王子のチームメイトや荒井監督は、盛り上がります。

「ナイスバッチキャプテン!!」「川端先輩!!」とチームメイトから祝福され、川端は次の打席に立つ4番黒瀬に声を掛けます。

「頼むぜ4番!!」

「やってきたこと全部出そう!!」

八弥王子のすごい盛り上がり方に観客も驚きますが、ノーノー喰らってたんだから当然だと話します。

御幸は最後の夏にかけた3年生の想いはどのチームも同じで、たった一つのプレーをきっかけに勢いづくこともあるから油断はできないと、気を引き締めていました。

ベンチで見守る沢村は「ここで決めろ・・。」とつぶやきます。

”勇気も希望も根こそぎ奪い取る。全身全霊かけて、終わらせよう。”

ダイヤのA actⅡ【第167話】今の俺の感想

今回の川端の話は、非常にジーンとくるストーリーでした。

最後に意地を見せた川端や、3年生の最後の夏にかける想いを理解して、全力で立ち向かうことを決意する御幸の姿も、グッときましたね。

このまま青道が勝つのか、八弥王子がさらに意地を見せるのか・・・どんな展開になるかとても楽しみです!

次回のダイヤのAactⅡ【第168話】が掲載される週刊少年マガジン26号の発売日は5月29日になります。

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む