週刊少年マガジン

ダイヤのA actⅡ【第166話】サマーエンジェルズのネタバレ!青道打線爆発!

grehrhtryjutkutktktk - ダイヤのA actⅡ【第166話】サマーエンジェルズのネタバレ!青道打線爆発!

2019年5月15日発売の週刊少年マガジン24号、ダイヤのA actⅡ【第166話】サマーエンジェルズを読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

西東京大会4回戦、青道VS八弥王子。5回表、降谷は3者連続三振を奪いました。この試合の八弥王子の三振数は10個目となり、八弥王子打線を全く寄せ付けない降谷。

一方青道打線は1点リードする中、5回裏に倉持が一死から四球で出塁、盗塁を決めて2塁へ。続いて、片岡監督に青道打線のブースターとして期待される2番打者小湊が、内野の頭を越える一打を放ちました。

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

ダイヤのA actⅡ【第166話】サマーエンジェルズのネタバレ

5回裏、小湊の一打により、二塁ランナーの倉持が生還。

青道は待望の追加点を取ることに成功しました。

二塁ベース上で青道ベンチに向かってガッツポーズする小湊。

ブルペンで投球練習していた沢村は、小湊に向かって叫びます。

「流石の春様!!青道のブラックサマーエンジェル!開眼した春様はもう赤面しない!!」

そんな沢村の様子を無言で見つめる奥村。

八弥王子の選手たちは、「春様?」「ブラックサマーエンジェル?」と笑いながら尋ねるように話し、小湊はガッツポーズしたまま顔を赤くします。

青道の選手たちも、「サラッと打ちやがって毎度毎度。」「流石だね。」と小湊を褒めます。

そしてピンチの場面で迎えたくないピッチャーから嫌がられるようなバッターになりたい、と言っていた小湊を思い出す青道の選手たち。

倉持はベンチに帰りながら小湊を見つめ、

(口先だけじゃないんだよ。この兄弟は・・・)

と考えてニヤッとします。

一方観客たちは、倉持の出塁率が上がることで、より小湊の打撃が活きると話していました。

「この攻撃的な1・2番コンビは他校にとっても脅威だろうな。しかもここからクリーンナップ。」

 

次にバッターボックスに立った3番打者の白州は、外野の頭を越えるヒットを放ちました。

二塁ランナーの小湊が帰り、2点目が入ります。

ガッツポーズする白州に対し、

「THEアサシン!!サイレントキラー!!」

と声を上げる沢村。

試合に夢中で練習する気がない沢村に、「投げないなら戻りましょう。」と突っ込む奥村。

観客たちは青道打線が、八弥王子の守備シフトを越え始めたと感じ、3巡目なので八弥王子投手の夏目の球を完全に見切ったと話します。

「目が慣れてくるのは青道も同じ。ここからがさらに怖いぞ、この打線は。」

 

そんな中、次の打席に立ったのは、4番の御幸です。

しかし御幸の威圧感に負けたピッチャーは、フォアボールを出しました。

「威圧感!!キャップの無言の圧力!!この男が無口になると怖い!!わかる!!普段笑ってる人がキレると怖い!!」

相変わらず試合に夢中で、声を張り上げる沢村に愛想をつかして、無言で去っていく奥村。

次の打席には5番打者の前園が向かいます。

内野陣が集まるのを見つめながら、息を大きく吐き出す前園。

前園はホームランはいらないと考えていました。

それよりも、ショートやセカンドの頭を越えるような打球を打てるように、身体の正面で捉えて強く振り切ることをイメージしていたのです。

そんな事を考えながら、イメージ通り球を正面で捉えた前園。

打球は大きく飛び、フェンスを越えていきました。

『はっ・・入ったぁ―――!!5番前園のスリーランホームラン!!この回一挙5点!これで点差を6点に広げましたー!!』

ベースを回りながら、ガッツポーズして喜びの声を上げる前園。

八弥王子の川端は、青道の選手たちを見つめながら笑います。

(強ぇ―――どんだけだよ。全国行ったらこんなチームがゴロゴロいるんだよな・・・)

 

その後打席に立った降谷は、ピッチャーの球を打ち返します。

ピッチャーの横をすり抜けていく打球に、こんちくしょーと川端が意地を見せて飛びつき、降谷をアウトにしました。

気合の入った表情でガッツポーズをする川端を、青道の選手たちは笑顔で見つめます。

(ますます行きたくなったぜ。甲子園。)

ダイヤのA actⅡ【第166話】サマーエンジェルズの感想

小湊のタイムリーツーベースをきっかけについに青道打線が、大量点をとりましたね。

とはいえ最後の川端の意地を見ていると、八弥王子もこのまま黙ってやられない気がします。

あと4回、降谷はこのまま八弥王子打線を抑えることが出来るのでしょうか?

これからの試合展開も気になりますね!

次回のダイヤのAactⅡ【第167話】が掲載される週刊少年マガジン25号の発売日は5月22日になります。

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む