週刊少年マガジン

ダイヤのA actⅡ【第165話】それでこそのネタバレ!青道打線のブースター

niuhiygygbuighygu - ダイヤのA actⅡ【第165話】それでこそのネタバレ!青道打線のブースター

2019年5月8日発売の週刊少年マガジン23号、ダイヤのA actⅡ【第165話】それでこそを読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

西東京大会4回戦、青道VS八弥王子。青道は八弥王子の鉄壁の守備に阻まれながらも、堅実につないで1点を先制。一方ピッチャーの降谷は、八弥王子打線を寄せ付けない投球で、完璧なピッチングを見せ、中盤戦に突入します。

八弥王子は目が慣れてくる後半戦にチャンスが来ると意気込みますが、回を重ねるたびに降谷は調子を上げ、付け入る隙を与えませんでした。

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

ダイヤのA actⅡ【第165話】それでこそのネタバレ

引き続き八弥王子の打者から空振りを奪う降谷。

スピードガンは155㎞/hをマークしています。

唖然とする八弥王子の選手たちと沸き立つ観客。

降谷は三者連続三振を奪い、この試合の三振数は早くも10個目となりました。

青道の選手たちは喜び、沢村もクールに戻ってくる降谷を興奮気味な笑顔で見つめます。

観客たちは降谷が自己最速記録をたたき出したことを知り、急速以上のものがあると降谷の球を評価します。

降谷を見つめながら、力みがない分キレが出てきたなと感じる御幸。

「怪物が戻ってきた!!この男が本調子なら西東京とれるだろ!!」

と観客がベンチに戻ってきた降谷を迎えます。

「・・・そうでなきゃな。」

降谷を見つめながらそう呟く沢村。

汗だくになりながら戻ってきた降谷は、あと4回すべてのイニングを投げるつもりでいました。

すると奥村が沢村に、

「準備しますか?そろそろ・・今手が空いているので・・。」

と声を掛けます。

「良いよブルペン使って。」という川上。

それに対して「ノリさんあざす!!奥村お借りします!!」と嬉しそうに大きな声で返事をして注意される沢村。

「おっしゃあいくぞ!!」

「静かに・・・と。」

その様子を真剣な表情で見ていた由井は、拳を握り締めました。

 

5回裏。

ワンアウトから倉持がフォアボールを選び、すかさず盗塁を決めます。

「一番塁に出しちゃいけない男を・・・もう動物。」

「これまで守備に助けられ1点に抑えてきたとはいえ・・初回から結構抑えられてんだよな。あのピッチャーも相当神経削られてるだろ・・。」

と話す観客たち。

ここでバットを構える小湊の目線の先に、2塁へ移動するショートが見えます。

その瞬間反転して、2塁へ送球するピッチャー。

慌てて戻った倉持は、何とかセーフに。

「あぶねー!!狙ってたな牽制ー!!」

と驚きの声を上げる観客。

ほっとしつつ、今まで隠してやがったなと倉持。

八弥王子の選手たちは、倉持の大きなリードを見逃していませんでした。

(ほっておかないよ。こんなデカいリード。)

(ずっと二塁に張り付いてろ。)

とプレッシャーをかけてくるピッチャーとショート。

セカンドの川端は小湊の前の打席を振り返り、インコース寄りのボールを右方向に苦も無く打ち返せる好打者だぞとピッチャーを心配そうに見つめます。

ホームには帰さないと気を引き締めるピッチャー。

ライト浅めに打つことを考える小湊は、相手の守備位置を確認し、右方向はかなり警戒されていると感じます。

(多少の揺さぶりじゃビクともしないわけだ・・状況に応じた準備と確認がチーム全体に行き届いている・・)

一方倉持もプレッシャーをかけられ、少しイラついています。

八弥王子のキャッチャーは、丁寧に低めにボールを集めて引っ掛けさせることだけを考えていました。

ゴロならバックが何とかしてくれると。

 

その様子を見守る青道ベンチでは、落合コーチが今日の降谷が安心して見られるとはいえ、そろそろ追加点が欲しいと話します。

手堅くいくなら、バントで三塁に送るのはどうかと話す観客たち。

「まだ1点しか取れてないし、次はクリーンナップだし・・。」

「でもワンナウトだぞ!つか小湊、2番なのにほとんどバントしないよな!」

そんな中片岡監督は、練習の時に小湊に伝えたことを思い出していました。

 

小湊の兄・亮介は、チャンスメイクに自らの出塁、試合の流れを頭に入れたバッターで、青道打線の潤滑油として欠かせぬ存在だったと小湊に話す片岡監督。

しかし左バッターの亮介と違って、小湊は右のアベレージヒッターであるため、同じスキルは求めないと言います。

片岡監督が小湊に求めるのは、チャンスメイクではなく、点の取れる1・2番であること。それが倉持と小湊に期待された役割でした。

「メジャーには出塁率・長打率の高い強打者を2番に置くチームが多い――お前はそのバットで、青道打線のブースターとなれ――」

 

そしてピッチャーの投げた球をライト方向に打ち返す小湊。

打球は川端の上を越えていきました。

ダイヤのA actⅡ【第165話】それでこその感想

今回は小湊にスポットが当たりましたね。

相手もしぶといですが、さらに追加点を取って降谷を援護することは出来るのでしょうか?

次の展開も楽しみですね!

次回のダイヤのAactⅡ【第166話】が掲載される週刊少年マガジン24号の発売日は5月15日になります。

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む