週刊少年マガジン

ダイヤのA actⅡ【第163話】フットルースのネタバレ!発揮される青道の力

utyjtukiylulyukjtyjtr - ダイヤのA actⅡ【第163話】フットルースのネタバレ!発揮される青道の力

2019年4月17日発売の週刊少年マガジン20号、ダイヤのA actⅡ【第163話】フットルースを読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

西東京大会4回戦、青道VS八弥王子。青道先発の降谷は151km/hの豪速球を武器に八弥王子の打者を抑えていき、川端にヒットを打たれかけますが、小湊のファインプレーで乗り越えます。

しかし次の回で川端に鉄壁の守備を見せつけられ、互いに先取点を奪えず初回を終えました。

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

ダイヤのA actⅡ【第163話】フットルースのネタバレ

2回裏、青道の攻撃。ツーアウトランナー一塁の場面でバッターボックスに立ったのは、9番サードの金丸。

金丸は八弥王子のピッチャー夏目が投げた球を、一・二塁間に打ち返します。

しかしまたしても、セカンドの川端の好守に阻まれてしまいました。

『セカンド川端。またしてもこの男が止めたぁー!!鉄壁の要塞。これが八弥王子の守備力!』

実況や観客たちが盛り上がります。

「ランナー動かしてスペース開けようとしてたのにな。」

「右打ち警戒してたか。」

と話す観客。

「いやいや普通抜けてるよ!あそこ止めますか!」

「ありえん!当たりも悪くなかった。」

と金丸もチームメイトと話しています。

「打者ごとにシフトも徹底していますね。」と片岡監督に話す落合コーチ。

青道二遊間の小湊と倉持も、一人だけ動きが違うと川端のことを褒めました。

一方川端は、チームメイトたちを鼓舞します。

「さあここから!!今度は俺らの番だ!!まずは塁に出てチャンスを広げようぜ!」

「おお!!」

その様子を見ながら観客は、八弥王子のことを守備からリズムを作るチームだと話しています。

「この勢いを攻撃につなげられるか。八弥が先制したら面白くなるぞ。」

 

「ストライクバッターアウト!!」

降谷のスプリットに手が出ず、見逃し三振する八弥王子の打者。

この回も降谷は八弥王子を3人で切って落としました。

「ヒャハハ良いじゃねえか!」

「ナイスボール降谷!」

青道のチームメイトたちが降谷のピッチングに喜ぶ中、八弥王子の選手たちはゾーンに、続けてスプリットを投げてきた降谷の投球に呆然としています。

「こちらが低めをすべて捨てたと読み切って・・・?あのキャッチャー・・・。」

と御幸を見つめながらつぶやく八弥王子の荒井監督。

そんなチームメイトを鼓舞するように、川端は

「ははは!これだよ。これがセンバツで見た降谷暁だよ!打ち崩しがいあるだろ!?」

と声を掛けます。

 

その頃、青道ベンチでは沢村が降谷に飲み物を渡していました。

「この回は変化球が良かった!!」

「ありがと。」

「でもストレートは普通!!」

そんな沢村の言葉に、上からだなと笑う選手たち。

やっぱり今日は出番なさそうだという降谷に、夏は何があるか分からないから準備するとムキになって返す沢村。

「・・・なんか栄純がいうと説得力があるね。」

「そ・・・それは初戦のことを言ってんのか!」

その言葉には返さず、涼しい顔で飲み物を飲む降谷に沢村は、

「さあさあ皆さん!!”久しぶりに”降谷が良いピッチング見せてますよ!!」

と言い返すのでした。

 

そして青道の攻撃が始まり、倉持がバッターボックスに立ちます。

「いいんですか!?このままで!ガンガンいっちゃってくださいよ!!」

ベンチから声を張り上げる沢村。

倉持は一・二塁間に向けて球を打ち返し、川端はニヤッと笑いながらその打球を追いかけます。

しかし川端のグラブの先を打球が抜けていきました。

「抜けた―――!!」

盛り上がる観客たち。

『名手川端のグラブ届かず!!1番倉持ライト前ヒーット!!』

倉持は一塁でピッチャーを見つめがら、様子を窺います。

(沢村ぁお前は今日大人しくベンチで見てろ)

ベンチで声を張り上げる沢村のことを考えながら、ピッチャーが投球モーションに入った瞬間、二塁に駆け出す倉持。

キャッチャーは送球しようとしますが、すでに倉持は二塁に到達していました。

そして打席に立つ小湊は、一・二塁間に向けて球を打ち返します。

川端は飛びついて捕球しましたが、倉持は三塁へ。

続いて打席に立った白州も一・二塁間に向けて打球を放ち、川端はなんとかグラブに収めますが、倉持はホームインしました。

『セカンドゴロの間にサードランナー倉持ホームイン!先取点は青道高校―――!!』

「ナイスチー」と言いながら、ハイタッチを求める御幸を、「るせぇ!」と拒否する倉持。

しかし倉持は去り際、「続けよ、キャップ」と御幸に声をかけるのでした。

ダイヤのA actⅡ【第163話】フットルースの感想

相手の守備が良くて、ヒットにならなくても、ランナーを進めて点を取れるのは強いチームの証拠ですよね。

さてこれからどんな試合展開になるのか楽しみです!

次回のダイヤのAactⅡ【第164話】が掲載される週刊少年マガジン21・22号の発売日は4月24日になります。

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む