週刊少年マガジン

ダイヤのA actⅡ【第162話】スーパーコンボのネタバレ!降谷の豪速球

ghtrhrjtyyukyukyk - ダイヤのA actⅡ【第162話】スーパーコンボのネタバレ!降谷の豪速球

2019年4月10日発売の週刊少年マガジン19号、ダイヤのA actⅡ【第162話】スーパーコンボを読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

西東京大会4回戦、青道VS八弥王子の試合がついに開始。八弥王子のキャプテンである川端は、ポジティブな言葉で選手たちを鼓舞します。

先発の降谷暁へ青道の選手たちが声をかける中、本人は落ち着いた様子でマウンドに立っていました。

ダイヤのA actⅡの最新話を全部無料で読む方法は?

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む

ダイヤのA actⅡ【第162話】スーパーコンボのネタバレ

観客席でスカウトマンや、他校の野球関係者達がカメラやスピードガンを構えながらグラウンドに注目する中、降谷は淡々とボールを投げていました。

まずは八弥王子の先頭打者井上をショートフライに打ち取ります。

続いて2番の坂下も空振りし、スピードガンは148キロをマーク。

「ストライーク!バッターアウト!」

最後に坂下から空振り三振を奪った球は、151キロをマークし、スピードガンを構えていた野球関係者たちも「おお!」と声を上げます。

『唸りを上げる豪速球。これが怪物降谷暁のピッチング!』

と実況も絶賛します。

降谷の調子について、全部の球が枠を捉えているわけじゃないけど、大きく外れることもないし、力みも少ないから悪くないと感じる御幸。

一方青道ベンチで声を張り上げる沢村。

「そーだ!!それがお前の武器!暴虐の限りを尽くすボールの圧力!豪速球ハラスメント!」

そんな沢村の言葉に、全然嬉しくないと呟く降谷。

小湊は「意味わかって言ってる?」と笑い、倉持は「エースがベンチで活き活きヤジ飛ばしてんじゃねぇ!」と突っ込んでいます。

(にしても八弥王子。しっかり振ってくるチームだな。)

そんな事を考えながら御幸は、打席に立ち会釈する3番の川端に目をやります。

狙い球はストレート一本か?と予測しながら、ミットを構える御幸。

変化球を投げてきた降谷に

(まいるね。このスピードで変化されるとみんな苦労するだろーな。)

とにやつく川端。

八弥王子の荒井監督は、ストレートと変化球を使った高低の揺さぶりが、恐らく青道バッテリーが一番得意とする形だろうと考えます。

そしてボールを投げる降谷に対して、バットを構える川端。

(このストレート捉えるだけでも大変だってのに、ボール球に手を出さない。そのためには低めの見極めが必須。全国屈指の好投手がそろう西東京を勝ち抜くには、守っているだけじゃ難しい。

それだけに目標設定はしやすかった―――)

そんな川端は降谷の球をとらえ、センター方向に打ち返しました。

降谷の横を打球が抜けていき、「センター前!」と八弥王子の選手たちが湧きます。

しかし、センターに抜けようかという当たりに飛びついてキャッチした小湊。

すぐに倉持にグラブトスし、倉持はファーストに送球しました。

「うおおおお止めたぁ!!」

「すげー!」

と観客たちが湧きます。

セカンド小湊とショート倉持は流れるようなコンビプレーで、先発降谷を盛り立て、青道高校は初回を3人で切り抜けました。

「さすが。」と声をかける降谷に対し、「いい流れで来てたからね。」と返す小湊。

「マジか!!ヒット一本損したー。」

と悔しそうな川端。

(やっぱり狙いはストレート一本?)

と八弥王子の狙いについて考える御幸。

「惜しかった!さぁー守るぞ!!」

八弥王子の選手たちがグラウンドに出て、守備についていきます。

 

そして1回裏の青道高校の攻撃。

1番ショート倉持が、打席に立ちます。

八弥王子のマウンドには背番号1のエース夏目が上がりました。

相手チームの分析を行う渡辺は夏目について、右のサイドスローで変化球主体の投手で、動くボールでゴロを打たせる投球スタイルだと言います。

(スピードは問題じゃない)

(いかに自分の形を崩されず、スイングすることが出来るか)

と考えながら、次の打席に向けて準備する小湊と白州。

打席に立つ倉持は、立ち上がりからリズムを作って焦りを誘いたいという相手の狙いを読み、そうはさせないとバットを振り抜きます。

しかし鋭く飛んだ打球は、華麗にジャンプした川端に捕球されてしまいました。

ダイヤのA actⅡ【第162話】スーパーコンボの感想

いよいよ西東京大会4回戦が始まりました。

青道二遊間コンビの、華麗なコンビネーションもすごかったのですが、降谷の豪速球を初見で仕留めて、アクロバティックな守備も見せた川端もかなり手強そうです。

八弥王子との対戦は、またレベルの高い試合になりそうですね!

次回のダイヤのAactⅡ【第163話】が掲載される週刊少年マガジン20号の発売日は4月17日になります。

ダイヤのA actⅡの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ダイヤのA actⅡの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ダイヤのA actⅡの最新話を読む