週刊少年マガジン

ダイヤのA actⅡ【第158話】ありがとうのネタバレ!健闘をたたえ合う両チーム

gegthrtgewge - ダイヤのA actⅡ【第158話】ありがとうのネタバレ!健闘をたたえ合う両チーム

2019年2月27日発売の週刊少年マガジン13号、ダイヤのA actⅡ【第158話】ありがとうを読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

西東京大会3回戦、由良総合VS青道の試合。エース沢村から交代した川上が好リリーフで後続を打ち取り、御幸の本塁打を皮切りに一気に点差を離した青道。10-2のコールド勝ちで由良総合を下します。

その間沢村は自分の不甲斐なさから、もう1度試合をやり直したいと悔しさをにじませるのでした。

ダイヤのA actⅡ【第158話】ありがとうのネタバレ

7回結城のツーランホームランで10点目を取り、7回コールドで青道高校は4回戦進出となりました。

青道のチームメイトは結城の頭を叩き、由良総合の選手たちは涙を流しています。

向かい合って挨拶を交わす両チーム。

青道と由良総合の選手たちは「ありがとう」と言いながら、握手を交わします。

「高校野球の最後に青道みたいなチームと戦えてよかった・・。」

と笑顔で言う由良総合の選手。

「何言ってんだ、序盤は焦らされたぞ!」

「手ごわかったぜ。」

と青道の選手たちが返します。

御幸は「俺のリード読まれてた?」と由良総合のキャッチャーに聞きます。

「へへっすげぇだろ。ウチの監督は野球妖怪だから。」という由良総合のキャッチャー。

そして由良総合の選手は「稲実倒して甲子園行けよ!!」と激励を送りました。

「3年間お疲れ様でしたぁ~!!」

と遠くから由良総合の選手たちに向かって叫ぶ沢村。

「何してるんですか?」と突っ込む奥村。

そして客席に向かって挨拶する選手たちに、観客たちが、拍手を送ります。

「序盤は由良のペースで進みましたが、動じませんでしたね。青道は・・。」という記者の大和田。

「チームの初戦にエースとして初の先発。沢村君がこの経験をどう生かしていくかだな・・。」と峰。

「はい!まだ降谷君も投げていませんしね。これが第一歩。薬師、稲実、市大三高に続いて、青道も順当にスタートを切りましたね。」

 

一方球場の外では、青道の片岡監督と由良総合の榊監督が話していました。

「いやぁやられた。最後は地力で押し切られちまったな。」という榊監督。

それに対して「はい、選手たちが落ち着いて戦ってくれました。」と片岡監督が言います。

「降谷がブルペンに入ってなかったし、先発をもう少し引っ張ると思ってたんだがな・・・よく決断したな。」

「沢村はエースですし、少しでも良い所で代えてやりたかったんですが・・・初回から準備していた投手もいましたし・・・。今日は3年生がチームを引っ張ってくれましたね。」

そんな片岡監督の言葉に、榊監督は微笑みながら、サインに動かされてるんじゃなく自分たちで考えてプレーにつなげる選手が強いチームには、何人もそろっていると言います。

「いいチーム作ったな。」とほめる榊監督。

そんな恩師の言葉に片岡監督は思わず目を見開きます。

「じゃあな。老兵はまた一からコツコツやるわ。」

そう言って立ち去る榊監督の背中を見送りながら、深く頭を下げる片岡監督。

ここで榊監督が「あ、そうだ」と何かを思い出して立ち止まり、「あの先発ピッチャーだけどよ・・・」と話し始めます。

 

その頃、球場では次の対戦相手である八弥王子の試合を青道の選手たちが見に来ていました。

八弥王子のキャプテン、セカンドの川端雅紀の起き上がりながらのスローイングを見て、選手たちは感嘆の声を上げます。

「創聖の奈良と八弥王子の川端。東京一・二を争う守備の名手として有名だよな。」

「捕ってからが早ぇんだよ、あの2人。」

「東京代表組やったな。」

と青道の選手たちが褒める中、無言でグラウンドを見つめる小湊。

すると後ろから「負けてねぇぜ。お前も負けてねぇよ春市。」と倉持がフォローします。

「東京No.1セカンドが誰なのか、これからの試合で証明してやればいい。」

そして「No.1ショートはもちろん。」と言って、自分のことを指す倉持。

それに対して「はい!目指すは日本一の二遊間ですからね!」と小湊は笑顔で言いました。

渡辺は八弥王子について、1番から3番まで足の速い左バッターがそろっている打線だと言います。

さらに秋とは大きく打順が変わり、打順を下げた選手も元々クリーンナップだったため、打線に厚みが出ているという渡辺。

「もともと守り勝つチームだったが、オフの間に打線を徹底的に強化したってことか。」という御幸。

御幸は隣にいる降谷に、次の相手をよく見ておけよと声を掛けます。

一人でグラウンドを見つめる沢村に、後ろから突然「西邦戦の時とは程遠い出来でしたね。やはり初戦はプレッシャーですか?」と声をかける奥村。

沢村は「いつからそこに!?」と驚きます。

「ずっといましたよ。」

「俺の背後をとるな!びっくりするだろ!!」

 

そして沢村は奥村にまだちゃんと整理できてないけど、知らず知らずのうちにいつも以上のことをやろうとしてたのかもと言います。

「勝利のためにチーム全員で戦ってるんだ。あんなピッチングしてたら代えられても仕方ないよな。」

そういう沢村を見つめながら奥村は「昨日は寝れましたか?」と質問します。

「ん~実はめっちゃ早く目が覚めた・・・。」と答える沢村。

「朝ごはんは?」

「食べたけどあえて抑え目・・。」

「マウンドでベンチからの声は聞こえてましたか?」

「聞こえてたよ・・・多分。」

そんな会話を見て、「カウンセリング?」「あいつらなんだかんだ仲いいじゃねぇか。」と話す青道の選手たち。

由良の選手が泣いてるのを見たら、軽々しく次は必ず何ていえないけどと言って、御幸とのグータッチを思い出す沢村。

「自分のボールでチームに貢献したい―――」

前を見据えてそういう沢村に、奥村は「手伝えることがあれば何なりと。いつでも付き合います。」と真剣な表情で答えました。

そんな奥村の言葉に思わずキョトンとする沢村。

「なんか今日はオオカミじゃなく、ハスキー犬に見える!!」

「何ですかそれ。」

ダイヤのA actⅡ【第158話】ありがとうの感想

青道と由良総合の選手たちが、健闘をたたえ合っているシーンがとてもよかったですね。

勝ち負け関係なく、お互い認め合っているところがグッときました。

そして天敵の奥村からの共闘宣言が出ましたね。

今後の展開も楽しみです!

次回のダイヤのA actⅡ【第159話】が掲載される週刊少年マガジン15号の発売日は3月13日になります。