週刊少年マガジン

ダイヤのA actⅡ【第156話】探り合いのネタバレ!反撃する青道

grhrhgtrg - ダイヤのA actⅡ【第156話】探り合いのネタバレ!反撃する青道

2019年2月13日発売の週刊少年マガジン11号、ダイヤのA actⅡ【第156話】探り合いを読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

西東京大会3回戦、青道VS由良総合の試合。4回表、由良総合に傾いた流れを断ち切りたい青道は沢村を交代させ、川上を投入。

その結果川上は好リリーフを見せ、後続2人を完璧に抑えます。そして4回裏、1点を追う青道の攻撃。御幸は同点本塁打を放ち、4番の仕事を果たすのでした。

ダイヤのA actⅡ【第156話】探り合いのネタバレ

4回裏。

本塁打を放った御幸に続き、流れに乗りたい5番の前園は、なおもノーアウトランナーなしの場面でバッターボックスに立ちます。

そして前園の打った打球は外野の頭を超えフェンスに直撃。

チームメイトの「走れぇー」という声に後押しされ、前園は二塁に到達します。

続いて6番の東条がバッターボックスへ。

東条はこの回の前に、チームで集まってミーティングした内容を思い出しました。

「ストレートには威力ありますね。」

「ただスライダーにはそこまでキレがないので、追い込まれてもアジャストできそうです。」

選手たちの話に片岡監督は、受け身になって考えすぎれば向こうの思うツボだと言います。

「難しい球には手を出さず、打てる球が来たら迷わず振れ。今までやってきたことを出せばいい。」

「はい!!」

 

東条は、相手は2球続けてストレートを打たれたのだから、慎重になると予測していました。

そして東山の投げたスライダーを捉え、右方向に打ち返す東条。

内野の頭を超えた打球は、ライト線に転がります。

二塁ランナーの前園は三塁を回り一気にホームへ。

青道は6番東条のタイムリーツーベースで勝ち越しに成功しました。

ベンチに還ってきた前園は、チームメイトたちとハイタッチを交わします。

その様子をベンチの奥で見つめながら、前園にガッツポーズを送る御幸。

すると沢村がベンチに現れ、御幸に声をかけます。

「さすがのキャップ砲。一振りで流れ変えちゃいましたね。ナイスホームラン!!」

そう言いながら、グータッチを求める沢村。

御幸は沢村と拳を合わせながら「エース一人じゃねぇぞ。チーム背負ってんのは。」と真剣な表情で言葉をかけ、沢村は驚いたような表情を見せました。

 

その後、7番結城が空振り三振でワンアウトとなり、8番金丸はセンター方向に抜ける打球を、ショート一倉にギリギリ捕球されますが、内野安打に。

そしてワンアウトランナー、一・三塁の場面で、9番ピッチャーの川上がバッターボックスに入ります。

「スクイズある?」「ミエミエだろ!」「当然警戒されるよな。」「ヘタに動いて失敗するのが一番最悪!せっかくの流れ止めるぞ!」と話す観客。

由良総合の榊監督は、キャッチャーにサインを送ります。

(警戒しすぎてカウント悪くすればするほど、向こうに選択肢を増やすことになる。一塁ランナーは放っておけ!三塁ランナーの動きだけ注意しろ)

一方片岡監督も打者とランナーにサインを送りました。

 

そして東山が投球モーションに入った瞬間、一塁ランナーの金丸はスタートを切ります。

しかし川上は初球インコースのストレートをファールに。

「ランエンドヒット?振ってきましたね。」と話す記者の大和田。

「あぁ・・東山君も得意のストレートで勝負に来たな。」と峰。

グラウンドの外では八弥王子の選手も見守っており、「一塁ランナーは動かし、ゲッツーを防ぐ。三塁ランナーはゴロでゴーか。」と話しています。

そして東山が2球目を投げようとした瞬間、川上はバントの構えを見せますが、バットを引いて判定はボール。

「構えただけ・・揺さぶるなぁ青道。」と観客。

榊監督は「見え透いた手を・・むしろスクイズで来てくれた方が躱しやすい。」とつぶやきつつ、サインを送ります。

(1球外すか。いや・・惑わされるな。奴らに有利なカウントは作らせない。スクイズでこようが打ってこようが、ゾーンで勝負だ。ファールか空振りが取れればいい)

榊監督の指示通り、東山はスタートを切る一塁ランナーを気にせず、ストレートを投げます。

川上がその球を転がして内野が処理する間、すかさずホームに突っ込んだ三塁ランナーの東条。

強行策が功を奏した青道は3点目をとりました。

「マジか。9番バッターがインコース寄りのあの球を右方向に転がすかよ・・。」

「三塁ランナーのスタートといいな。普段からどんな練習してんだよ。」

と八弥王子の選手たちは、青道の攻撃に感心しています。

「アップ急ごう。この試合案外早くケリつくかもしれねぇぞ。」

ダイヤのA actⅡ【第156話】探り合いの感想

御幸の本塁打を皮切りに、どんどん流れに乗る青道。

しかしまだ1点差なので、気は抜けませんね。

このまま青道の流れで勝つのか、まだまだ波乱があるのか・・・次の展開も気になります。

次回のダイヤのA actⅡ【第157話】が掲載される週刊少年マガジン12号の発売日は2月20日になります。