週刊少年サンデー

ゼロの日常【第38話】おかしな噂のネタバレ!安室のドッペルゲンガー現る!?

2658458646846 - ゼロの日常【第38話】おかしな噂のネタバレ!安室のドッペルゲンガー現る!?

2019年7月24日発売、週刊少年サンデー34号のゼロの日常【第38話】おかしな噂のネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

買い出しのついでにパレードを見に来た安室と梓。そこで安室はひったくり現場に遭遇しますが、犯人はチャイルドシートに寝ている赤ん坊を人質に逃走。

裏路地で待ち伏せしていた安室に、犯人はチャイルドシートを投げつけてきましたが、安室はチャイルドシートをキャッチしつつ、逃げる犯人を片手で背負い投げし、華麗に捕まえるのでした。

ゼロの日常の最新話を全部無料で読む方法は?

ゼロの日常の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ゼロの日常の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ゼロの日常の最新話を読む

ゼロの日常【第38話】おかしな噂のネタバレ

ポアロに訪れる客たちは、安室の印象について「かっこいい」「気が利いて接客が良い」など、性別年代問わず好印象です。

しかしそんな安室に妙な噂が立っていました。

ある日、ポアロに出勤した安室に梓が「安室さん!!いけません!!!」と唐突に言います。

「どうしたんですか梓さん、急に・・・。」

「私言いましたよね!?炎上に気を付けてくださいって!ポアロの看板がナンパなんてお客さんが悲しみます!!」

「ナンパ!?いえ、僕そんなことしてませんが・・・。」

梓によると常連のJKが女性にしつこく話しかけている安室を見たと話していたようです。

「でもそうですよね。安室さんがナンパなんて・・・見間違えかしら・・・。」

梓はそう言いますが、その日も安室に友達が学校近くで買い食いを注意されたと良くない噂をささやく女子高生の姿がありました。

その女子高生は、「食べちゃダメ」だと言われたようです。

 

その後、ラーメン小倉で食事をとる安室。

すると店主が安室を銭湯で見かけたと話し始めます。

「もう上がるところだったみたいで声を掛けられなかったが・・・タオルを湯船につけるのはマナー違反だぜ?」

気を付けてくれよと笑いながら肩を叩く店主に、身に覚えのない安室はキョトンとします。

車に戻った安室が気味が悪いと感じていると、風見から仕事の連絡が入りました。

仕事の報告のあと、風見は安室にショッピングモールにいたかと聞きます。

声を掛けたけど気づかれなかったという風見に、「やれやれ、君までそういうことを言い出すのか・・・。」といい加減うんざりしている様子の安室。

安室は風見に自分に似た何者かが、好ましくない評判を広めているようだと話します。

すると、「それはもしかしたらドッペルゲンガーかもしれません」という風見。

「自らの生霊であるオカルト説から、パラレルワールドから来た別次元の自分というSF説まで、さまざまな解釈が存在し・・・もう一人の自分と出会ったら死んでしまうという都市伝説まで・・・!!」

偽物を捜すのは危険かもしれないと真剣にオカルト話を話す風見に、安室はモヤモヤしながら電話を切りました。

安室はパソコンを開き、目撃情報から対象の主な移動手段は徒歩だと地図を解析し始めます。

そして公共交通機関の利用をシミュレーションして、移動範囲を絞り込み、起点を探ります。

パソコンからピピっと音がし、ニヤッと笑う安室。

「やはりな・・・」とつぶやきながら、車を発進させました。

 

「BEIKA YOUTH HOSTEL」では大きなリュックを背負った褐色肌の金髪の男がロビーの受付で、従業員に母国語で何やら話しています。

困り顔の従業員の前に、同じく褐色肌で金髪の安室が現れました。

 

安室とそっくりの男の名前はマッテオ。

日本でしか食べられないスパゲッティがあると聞いて、はるばるイタリアからやってきたと陽気に話します。

この時安室は女子高生の噂話の真相に気づきます。

マッテオは「待ってよ」にも聞こえることから、「マッテオでーす!タベルナドコー?」と話しかけられた女子高生が、「食べるな」と言われたと勘違いしていたようでした。

安室はそんなマッテオをポアロに連れてきて、スパゲッティナポリタンをご馳走しました。

喜ぶマッテオに、「洋食の王道です!ケチャップで和えた日本発祥の麺料理という説もあるんですよ!イタリアのナポリじゃ出されてませんしね!」と説明する安室。

どこを食べてもまんべんなく味があり、こんなのイタリアでは食べたことない、美味しい「タベルナ」を探した甲斐があったとマッテオは嬉しそうにスパゲッティを頬張ります。

実は「タベルナ」はイタリア語で食堂のこと。

安室はその他の情報から判断して、捜している人物が外国人だと気づいたようです。

安室とマッテオを見比べて、こうしてみると全然似てないというラーメン小倉の店主。

人はどうしても見聞きしたものを過去の記憶と、結び付けてしまう傾向にあるため、こういう人違いは割とあるのだと安室は言います。

すると梓が自分とそっくりな人が安室とライブに行っていたと、蘭と園子が話していたことを思い出します。

声も似ていたらしいと話す梓。

それを聞いた安室は、あれはあの女の変装だと思いつつも、(ま、いっか!)とスルーするのでした。

ゼロの日常【第38話】おかしな噂の感想

髪型と肌の色が似ているだけで、間違われて、変な噂が立ってしまった安室が少し気の毒でしたね。

本気でドッペルゲンガーじゃないかと、オカルト話を持ち出す風見も風見らしくて面白かったです。

次はどんな安室の日常が見られるのでしょうか?

次回のゼロの日常【第39話】が掲載される週刊少年サンデー35号は7月31日に発売されます。

ゼロの日常の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ゼロの日常の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ゼロの日常の最新話を読む