週刊少年サンデー

ゼロの日常【第35話】しっかりしろのネタバレ!風見の人命救助!

25826952588929 - ゼロの日常【第35話】しっかりしろのネタバレ!風見の人命救助!

2019年6月5日発売の週刊少年サンデー27号、ゼロの日常【第35話】しっかりしろを読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

いつものように米花町のホテルの階段でトレーニングを行っていたFBI捜査官のアンドレ・キャメルは、同じくトレーニングを行う安室と鉢合わせます。

そこでなぜかトレーニングバトルとなり安室のハイレベルなトレーニングに、負けじとついていくキャメル。最後はホテルの最上階にあるレストランまで、階段で競争し、一歩の差でキャメルが勝ちます。

しかし実は安室はすでに階段を10往復した後であり、キャメルは常人ではない安室の体力に、負けを認めるしかないのでした。

ゼロの日常の最新話を全部無料で読む方法は?

ゼロの日常の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ゼロの日常の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ゼロの日常の最新話を読む

ゼロの日常【第35話】しっかりしろのネタバレ

現在関東は強い風雨により、大荒れの天気です。

「河川の増水や氾濫に注意してください」とテレビのニュースで伝えられる中、安室と風見は河川敷にきていました。

「パレード警備の詳細、確認したよ・・・。設置した監視カメラ、この嵐では心配だな・・・。」

「止み次第、総点検します!」

風見はこんな日にすみませんと謝りますが、自分たちの仕事には時間も天気も関係ないと返す安室。

すると安室は風見に渡す資料を車に置いてきたと言って、とりにいきました。

橋の下で一人待つ風見。

その橋の上では一人の少年が風に煽られて、帽子を飛ばしました。

慌てて帽子をキャッチした少年ですが、誤って橋の上から落下してしまいます。

ボチャンという音に気づいた風見。

(何だ今の嫌な音・・・何かが水に落ちたような・・・気のせいか・・・)

そう感じながら、ゴオオオと勢いよく流れる川をじっと見つめます。

すると男の子が苦しそうに川の中から顔を出しました。

驚いた風見はすぐに携帯を取り出し、119番に連絡します。

「水難事故発生!!人が川に転落!!流されている!!場所は堤無津川・・・米花大橋付近!!」

そして急いで地面に落ちていたペットボトルを、男の子の元に投げる風見。

「頑張れ!!なんでもいい、つかまるんだ!!」

しかし男の子はペットボトルに気づきません。

協力を要請できる人も、救助に必要な用具もなく、消防を待っていたらあの子は手遅れになってしまう・・・。

止むを得ず風見はシャツ1枚になり、川に飛び込みました。

男の子に向かって泳ぎながら、救助訓練を思い出して注意点を整理する風見。

(接近は後ろから・・・要救助者はワラをもつかむ思い・・・強い力でしがみついてくる・・・細心の注意をもって近づき、落ち着かせろ・・・要救助者のパニックは救助活動最大の障害になりうる・・・)

そして風見は男の子を後ろから捕まえ、ペットボトルを持たせて抱きかかえます。

「助けに来たぞ!!もう大丈夫、安心して!!」

そうは言ったものの、海に比べて浮力がなく流れが速い川に苦悶の表情を浮かべる風見。

何とか岸まではと泳ぎ始めたとき、どこからか流れてきた大きな板のようなものが、風見に勢いよくぶつかりました。

その衝撃でメガネが外れ、川の中に沈んでいく風見と男の子。

(ヤバイ・・・メガネが!!岸どころか、天地もわからない!!こんな・・・ところで・・・)

するとその時、風見の服がガシッとつかまれ、水上に引き上げられます。

風見を助けたのは安室でした。

「風見、しっかりしろ!!」

「ふ、降谷さん!!?」

安室は風見に浮き輪を渡し、男の子の首につけるよう指示します。

その浮き輪は安室のレインウェアを代用したもので、ズボンの足首部分をきつくしばって、ウエスト部分に空気をいれ、簡易ライフジャケットにしたものでした。

「溺れると人間は呼吸を優先させるため、声が出せない・・・体が沈み、腕を高く上げることも、水面を叩くこともできない・・・さらに今日の聴覚と視覚を遮る荒天ときたら・・・よくその子を見つけたな!」

風見と少年を岸まで引っ張りつつ、風見を褒める安室。

しかし飛び込むのはあくまで最後の手段だと、風見に釘をさしました。

すると河川敷の上から救助にきたサイレンの音が聞こえてきました。

風見は男の子を抱えて、「あとは自分が!」と岸に上がっていきます。

「あぁ、命に別状はないだろう・・・付き添ってやってくれ・・・。」

その時、ふと安室がレインウェアを履いていない状態なのでパンツ1枚ではないかと考えた風見。

「あっ!!待ってください降谷さん・・・今パン一・・・」

と慌てて風見は安室を止めますが、そこには普通にズボンを穿いて岸から上がってくる安室の姿が。

不思議そうな顔で見つめる安室に風見は、

「・・・な、わけないですよね・・・。」

と気まずそうに話すのでした。

ゼロの日常【第35話】しっかりしろの感想

今回は風見が頼もしく見えた回でしたね。

安室も風見もかっこよかったです。

そして来週からまたしばらくゼロの日常は、お休みに入るようですね。

その代わりにコナンが始まるので、楽しみに待ちたいと思います!

次回のゼロの日常【第36話】が掲載されるのは週刊少年サンデー32号になります。

ゼロの日常の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ゼロの日常の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ゼロの日常の最新話を読む