週刊少年サンデー

ゼロの日常【第34話】Ready Go!!のネタバレ!キャメルと安室のトレーニング対決!

165145614651564 - ゼロの日常【第34話】Ready Go!!のネタバレ!キャメルと安室のトレーニング対決!

2019年5月29日発売の週刊少年サンデー26号、ゼロの日常【第34話】Ready Go!!を読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

潜入捜査のために、安室の服をたくさん用意した風見。風見がその洋服を家に届けた際、妙に焦る安室を見て、女がいるのではないかと疑惑を抱きます。

そして安室のマンションで、その証拠が次々と見つかり、動揺する風見。しかしそれらは女性とは全く関係がないもので、風見の勘違いに終わったのでした。

ゼロの日常の最新話を全部無料で読む方法は?

ゼロの日常の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ゼロの日常の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ゼロの日常の最新話を読む

ゼロの日常【第34話】Ready Go!!のネタバレ

アンドレ・キャメルはFBIの捜査官です。

キャメルは米花町のNEW BEIKA HOTELの階段で、トレーニングを行うため、準備運動をし、腹筋を開始しました。

”このホテルの階段は高さも長さも、トレーニングにうってつけ・・・。特に高層階は客も従業員もほぼ立ち入ることがなく、貸し切り状態!

なぜジムに行かないのかって?理由は二年前の来日時に飲んで以来心奪われた、最上レストランの特製フルーツジュース!

トレーニング後に飲む、あの味をより最高のものにするべく、私は今日もここで汗を流す・・・。”

キャメルが一息ついてタオルで汗を拭いていると、階段の上に人影を発見します。

その人影の主は安室でした。

”このキャメル、痛恨の極み!!”

キャメルが驚いていると、「また君か」とため息をつく安室。

安室も階段でトレーニングを行っていたようです。

安室はキャメルの腹筋を見て、時代遅れも甚だしいと言います。

「それでは鍛えるどころか、首や腰を痛めて逆効果・・・君も捜査官の端くれなら、もっと最新の情報を扱った方がいい・・・。」

そんな安室の言葉に、キャメルは「放っておいてくれ!私には私のやり方がある!!」とそっぽを向きます。

しかし結局階段の上でうつ伏せで肘をつく姿勢をとり、トレーニングを行う安室を見て、同じ体勢になるキャメル。

「こう・・・か?ムッ!?意外とキツイぞ・・・。」

安室はそのトレーニングを「プランク」だといい、体幹トレーニングの一種だと説明します。

「腹筋を意識して腰を上げ過ぎないように・・・もっと負荷をかけたかったら、こぶしを握りしめて全身に力を入れるといい・・・。」

「しゅ、集中してるんだ!!話しかけないでくれ!!」

必死の様子のキャメルを見て安室はニヤッと笑うと、さらに激しいトレーニングを始めました。

キャメルも安室に負けじと、同じトレーニングをしてついていきます。

結果、汗だくで激しく体力を消耗した様子のキャメル。

一方安室は余裕の表情で、「オーバーワークじゃないのか?見せかけの筋肉ばかり鍛えて、動きが重い・・・。」とキャメルに言います。

そんな安室を、嫌味な言い方だが、いちいち的を得ていると悔しそうに見つめるキャメル。

「さてと・・・仕上げに屋上までダッシュして終いにするかな・・・。」

密かにキャメルの方をチラッと見ながら、つぶやく安室。

「私もちょうどトレーニングを切り上げるところだ・・・屋上レストランの特製フルーツジュースを飲まなくてはいけないのでね・・・。」

キャメルもそう言って安室の横に並びました。

「勝負といこうか・・・。」

「あぁ、構わんよ・・・。」

そして二人は「Ready Go!!」の合図で、階段をダッシュで登り始めました。

すごいスピードで階段を駆け上がる安室に驚きながらも、負けてたまるかと必死についていくキャメル。

最後のコーナーに差し掛かった時、キャメルは安室の内側に入り、そのままゴールまで階段を駆け上がって、安室とほぼ同時にゴールしました。

(い、今のは俺が勝ったんじゃ・・・)

「あぁ、君の勝ちだよ・・・2㎝くらいの差だったがね・・・。」

安室がそう言うと、キャメルは安室に勝ったと喜び、「Yeeesss!!」とガッツポーズします。

すると後ろから、「安室さん、もうすぐですよ早く早く!」と呼ぶ声が。

そこにはポアロで安室と一緒に働いている梓がいました。

大行列のレストランで、梓に順番待ちを頼んでいた安室。

安室はその間にトレーニングをしていたようですが、「結局安室さん、階段10往復しましたもんね!」という梓の言葉に驚愕するキャメル。

(じゅ、10往復!?あの長い階段をすでに10往復もしていたのか!?)

キャメルは思わず力が抜け、その場に座り込んでしまいました。

そんなキャメルをよそに、安室はポアロのメニュー開発のためにも、いっぱい食べて味を試さないといけないと梓に話します。

 

そして美味しそうに料理を食べる安室と梓の後ろで、フルーツジュースを飲むキャメル。

”今日のフルーツジュースは少しほろ苦い―――”

ゼロの日常【第34話】Ready Go!!の感想

今回は名探偵コナンでもおなじみのFBI捜査官キャメルが登場しました。

トレーニングマニアのキャメルと対決になって、また安室の超人的な一面が見られましたね。

次はどんな展開になるのでしょうか?

次回のゼロの日常【第35話】が掲載される週刊少年サンデー27号の発売日は6月5日になります。

ゼロの日常の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ゼロの日常の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ゼロの日常の最新話を読む