週刊少年サンデー

ゼロの日常【第33話】それにしてはのネタバレ!安室に女の影を疑う風見

huiguugygubhygubnhyg - ゼロの日常【第33話】それにしてはのネタバレ!安室に女の影を疑う風見

2019年5月22日発売の週刊少年サンデー25号、ゼロの日常【第33話】それにしてはを読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

潜入捜査のため、安室の服をたくさん用意した風見。安室にダメ出しされながらも、風見は安室のためにファッション雑誌を開き、店員のアドバイスを聞きながら、お店を回りました。

そして風見は買った服を届けようと、安室の家に向かい、連絡を取ります。その時、妙に慌てている安室の様子を不思議に思った風見は、女がいるのではないかと疑惑を抱くのでした。

ゼロの日常の最新話を全部無料で読む方法は?

ゼロの日常の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ゼロの日常の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ゼロの日常の最新話を読む

ゼロの日常【第33話】それにしてはのネタバレ

早朝の米花町。

自宅マンションでシャワーを浴びる安室。

安室がシャワーを浴び終えると、ピンポーンとインターホンが鳴りました。

カメラには風見の顔が映っています。

玄関の扉を開け、挨拶を交わす2人。

「シャワー浴びられていたんですか?」

「あぁ・・。」

「へぇ、降谷さんは朝風呂派なんですね!朝食買ってきました!まだでしたら、どうぞ・・・。」

「ありがとう!」

「洗面所お借りしていいですか?」

「ちょっと待ってくれ、片付ける!」

そう言って、洗面所に入っていく安室。

その間風見は「久しぶりワンちゃん!元気にしてたかい?」と、ハロに挨拶します。

その後、安室が戻ってきて、風見が洗面所へ。

安室は風見の買ってきた服を見ながら、「すごい量だな・・・服は必要な分でいいと言っただろう・・・。」と呆れます。

風見は洗面所で手を洗いながら、一般人は相手を見た目で判断するし、清潔感のある外見は人を安心させるから安室に必要なものだと答えます。

「それは分かるが・・・やはり多すぎる・・・。」

「もう着ない服がありましたら、こちらで引き上げますよ!」

そんなことを話しながら、風見が洗面台の端にふと目をやると、髪の毛が落ちているのを発見しました。

「降谷さんの・・・?それにしては長いな・・・。」

さらに風見はキョロキョロと洗面所を見回し始め、歯ブラシ2つとヘアピンが置いてあるのを見つけます。

やっぱり女かと疑惑が確信に変わっていく風見。

安室に限って女性を自宅に連れ込むなんて、と風見はにわかに信じがたい様子ですが、洗面所の棚を開けてクレンジングが置いてあることに驚き、安室には女がいると確信しました。

(この髪色の明るさ、ポアロのウェイトレスではない・・・。もちろん犬の毛でもない・・・。誰だ自分の知っている人間か?

・・・まさか!!!ラーメン小倉のアルバイト!!?思い当たる節はある・・・この間の草野球の打ち上げでも・・・妙に親しげだった!(ような気がする))

風見がそんなことを考えていると、安室が外から「大丈夫か?」と声をかけてきました。

慌てて返事をして、洗面所を出る風見。

「どうした?様子がおかしいな・・・。」

「いえ、そんな・・・。」

「持って行ってほしい洋服、今まとめているから・・・少し座って待っていてくれ・・・。」

風見は座っておにぎりの袋を開けながら、安室に洗面所にクレンジングがあったことを聞きます。

「降谷さん・・・洗面所に・・・クレンジングが・・・。」

「あぁ・・・それがどうかしたか?」

「いえ別に・・・。」

「君には関係ないことだ・・・知らない方がいい・・・。」

怖い表情でそう言う安室に、唖然として言葉を失う風見。

実は黒ずくめの組織の女に変装させてもらった時の物だったのですが、風見には言えない安室。

すると風見が、

「プ、プライベートを無粋に探り、申し訳ありません!!」

と頭を下げました。

安室はそんな風見に対して、「何か勘違いしてないか?」と聞きます。

女性の髪も歯ブラシもヘアピンも見ていないと、疑惑を全て打ち明ける風見。

安室は洗面所に行くと、風見の疑いを晴らし始めました。

まず洗面台にあった髪の毛は自分のもので、理髪のプロにも扱いづらい毛質のため、面倒だから自分で切っているという安室。

ヘアピンも散発用、歯ブラシは今朝交換したてで、一本は掃除用に使うつもりとのこと。

「他に疑問点は?」と聞く安室に、風見は首をブンブン横に振ります。

「まぁ、服は地味で安価なもので構わんよ!大切な血税だからな・・・あとで自分が着るのを見越して買っているわけでもあるまいし・・・。」

風見の狙いを見破っている安室に、ギクッとする風見。

 

数日後。

安室は風見の買ってきた服を試着して、地味過ぎだと話し、風見に買い直してこいと告げるのでした。

ゼロの日常【第33話】それにしてはの感想

まるで恋人のように女の影をチェックする風見が、面白かったですね。

あれだけ証拠があれば、女がいると思われても仕方ないですが、変装の時に使っていたものなら納得です。

次回のゼロの日常【第34話】が掲載される週刊少年サンデー26号の発売日は5月29日になります。

ゼロの日常の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ゼロの日常の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ゼロの日常の最新話を読む