週刊少年サンデー

ゼロの日常【第32話】丁度良いですのネタバレ!安室の服は風見が買っていた!

hthethrjyrjrget3etw - ゼロの日常【第32話】丁度良いですのネタバレ!安室の服は風見が買っていた!

2019年5月15日発売の週刊少年サンデー24号、ゼロの日常【第32話】丁度良いですを読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

帝丹小学校で梓と一緒に、パン教室をすることになった安室。その帰り道、安室は授業を受けていた1年生のたくまとマリアが、立ち入り禁止の倉庫に入っていくのを見かけます。

2人にこの倉庫が危険だということを知らせに行った安室ですが、突然の地震により倉庫が崩れ、3人で閉じ込められてしまいました。

そこで安室は子供たちが不安にならないよう、火で明かりをつけたり、缶詰を開けて見せたりして、サバイバル教室を行います。最後は3人で協力し、無事に地下倉庫を脱出するのでした。

ゼロの日常の最新話を全部無料で読む方法は?

ゼロの日常の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ゼロの日常の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ゼロの日常の最新話を読む

ゼロの日常【第32話】丁度良いですのネタバレ

とある服屋で買い物をする男。

「試着良いですか?」

男はある服を手に取り、店員に聞きます。

試着してみた男に「大変お似合いですよ!サイズはいかがですか?」と聞く店員。

「ちょうどいいです・・・。これください!」

そう言ったのは、風見でした。

「お支払いは?」

「カード一回で・・・あ、領収書いただけますか?」

 

この日風見はファッション雑誌をめくりながら、様々なお店を物色していました。

靴屋で試着してみる風見。

「同系色で細身のパンツならブーツインもカッコイイよ!」

と店員にアドバイスされメモをとります。

別のお店では、「このアウターとシャツなら、重ね着もオシャレかと!」と言われ、降谷がアウターを着たところを想像しつつ、「重ね着もいける」とメモする風見。

その後も様々なお店を回りました。

そして風見はあるお店で、気に入ったデザインのジーンズを見つけます。

しかし色が赤ということで悩む風見に、「色違いございますよ!」と店員に言われ試着することにしました。

試着後、店員に「お裾直し、失礼します!」と言われますが、風見はこれくらいなら問題ないと断ります。

しかし足の先まで隠れるほどの長い裾に、「え?でも・・・。」と少し戸惑う店員。

風見は「上着派手かなー・・・でもまぁ白なら・・・。」と鏡で服をチェックしています。

すると店員が、「お客様はこちらもお似合いじゃないですかね?」と別のアウターを持ってきました。

しかし「自分が着るわけではないので、首から下で判断してください。」という風見。

「はぁ・・・?」と不思議そうな顔をする店員。

「・・・でもそれ自分に似合いそうですか?」

「えぇ、とても・・・。」

そう言われて少し考えた風見は、「それもください・・・。」と店員に頼むのでした。

 

実は風見は降谷に、潜入先の衣装の調達を頼まれていました。

ここでその時の事を思い出す風見。

「周囲に溶け込める地味目な服なら何でもいい・・・。体格も近いし、君が着れるなら僕も着れるだろう。」

降谷にそう言われて風見は服を買いましたが、降谷は不満そうな表情です。

「伊達メガネはもう必要ないだろう・・・。」

「以前のは黒縁でしたので・・・。」

「だからって赤か・・・この服も赤・・・これは君の方が似合うんじゃないかな?」

降谷に赤だらけだと指摘されて、「赤はNG」とメモする風見。

他にもテニスウェアやゴルフ各種、スポーツ用品などを買ってきたと両手にどっさり服を持ちながらいう風見に、降谷は量が多すぎだと言います。

「喫茶店は潜入捜査ということで日常的なものも、色々取り揃える必要があると思いまして!」

「それにしても何日分になるんだ!家に置き場もないから、使い終わったものは持って帰ってくれ!」

「え?自分がいただいても・・・?」

「あぁ、悪いけど頼むよ・・・。」

 

そんなやり取りの後、風見は紙袋を両手に持ち、街を走り回っていたのでした。

(よし!!降谷さんが任務を、スムーズに遂行するために・・・もうひと踏ん張りだ!)

 

翌日。

風見は携帯で降谷のマンション前に車を停め、連絡を取ります。

「早朝にすみません、今からそちらに洋服をお届けしたいのですが・・・。」

『あぁ風見か・・・今手が離せないんだ。あと10分・・・いや・・・15分後に来てくれ!悪いな・・・。』

降谷はそう言って電話を切ってしまいます。

いつも冷静な降谷の慌てた様子に、疑問を感じる風見。

(調査対象の新情報も大きなニュースもなかったはず・・・誰か来てるのか?家族?友人?ま、まさか・・・。女・・・!!?)

その頃、自宅にいる降谷はシャワーを浴びていました。

ゼロの日常【第32話】丁度良いですの感想

今回は久しぶりに風見がメインの回でした。

安室が着ていた服は、全て風見のチョイスだったんですね。

最後は風見の中で安室に女がいる疑惑が浮上しましたが、どんな展開になるのでしょうか?

次週も楽しみです!

次回のゼロの日常【第33話】が掲載される週刊少年サンデー25号の発売日は5月22日になります。

ゼロの日常の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ゼロの日常の最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ゼロの日常の最新話を読む