週刊少年サンデー

ゼロの日常【第23話】真似しないように最新話ネタバレと感想!

zero - ゼロの日常【第23話】真似しないように最新話ネタバレと感想!

2018年11月7日発売の週刊少年サンデー50号、ゼロの日常【第23話】真似しないようにを読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

ポアロに訪れた自転車で遠出したいという少年。少年は自転車に乗れないので、安室は乗り方を教えてあげます。小さい頃は安室も宮野エレーナに自転車を教えてもらっていたことを思い出します。そして無事少年は自転車に乗れるようになったのでした。

これからネタバレ含む内容を紹介します。よければ漫画を読む方法もご覧ください。

ゼロの日常【第23話】真似しないようにのネタバレ

群馬県のとあるスキー場。

そこでは「名探偵毛利小五郎のスキー教室」が開催される様子です。

そこへスキーに乗って颯爽と現れる安室。周りにいた子供たちも「安室さんすげぇ!」と大興奮です。

安室が「それじゃあ教えたとおりにできるかな?」というと、子供たちは元気よく返事をしてスキーで滑っていき、スキー教室の主催者である男性が安室に感謝します。

どうやら講師をする予定だった毛利小五郎は急用で来られなくなり、安室は代役として呼ばれたようです。

安室は僕が代役で申し訳ないと謙遜しますが、主催者の男性は「とんでもない!ジュニアの大会で優勝経験があるとか!」と褒めます。

すると安室の携帯が鳴り、相手は風見から。「ちゃんと食べているなら問題ない・・・病気にはなっていないだろうな?」と安室。恐らく愛犬の心配をしています。

そして吹雪いてきたことからスキー教室も終わり、子供たちが安室にお礼を言いました。

その時ある子供たちが「そういや浩太は?」「しばらく見てない」と話し、その話を聞いていた安室は驚きます。

浩太の父親が電話をすると、浩太は入ってはいけない場所に入ってしまい、スキー板が折れて身動きが取れない様子。

子供たちが「浩太今すごい変なとこにいる」と言いながら安室にスマホを見せ、浩太の場所を確認すると、かなり山奥まで入り込んでいました。

そのためモービルは出せず、捜索隊を編成しなければならないとのこと。ただ辺りは暗く、吹雪いており、二次被害を防ぐためにも出発は明日の早朝だと主催者の男性は安室に言います。しかしそこに安室の姿はありませんでした。

その頃安室はスキーで山奥に入り、浩太を探していました。主催者の男性が電話すると安室はスキーを教えた自分にも責任があるため、浩太を連れて帰るといいます。

「現地の人間でも厳しい場所だ」と男性が止めますが、安室は自分は大丈夫だから浩太に今いる場所から動かないように伝えてくれと頼みました。

その頃、浩太は吹雪の中、暗い山奥で凍えながら「寒いよ・・・僕死んじゃうのかな・・・」と一人泣いていました。

そして親や学校の友達が頭をよぎり「ごめん、もう会えない・・・」とつぶやいたとき「大丈夫」と声がします。

「また会えるから!」と、浩太の元に安室が颯爽と現れました。

喜ぶ浩太に安室は「よく言われた通り動かずに待っていたね!えらいぞ!」と褒めます。

安室は浩太の状態を確かめ、全身の震え、顔面蒼白、呼吸の乱れから低体温症の初期症状であると診断。そして浩太を背負うと、紐で結び、自分の体に固定します。

このような事態になったことを謝る浩太に「謝る必要はない、きみが反省すべきはみんなに心配をかけたことだけ・・・好奇心は上達への一番の近道なんだから」と励ます安室。

そして「これから僕がする滑りは決して真似しないように」と忠告すると、木を避けながら山道を華麗に滑り降りていきます。「ジェットコースターみたい!」とはしゃぐ浩太。

しかし地図ではその先に崖があります。安室は一秒でも早く病院に行きたいので、迂回している暇はないと考えていました。

そして安室はそのまま崖をダイブ。浩太は悲鳴を上げました。

場面は変わり、とある病院。

浩太はベッドで友達に囲まれながら、学校の屋上より高い所から飛び降りたんだと自慢しています。

安室は子供たちに「私たちにもやって」とせがまれ、困惑していました。

ゼロの日常【第23話】真似しないようにの感想

安室はスキーの腕前もかなり物ということが判明しました。

他にもボクシングやテニス、ギター、料理など、様々な特技や趣味がある安室は本当にスペックが高いなという印象ですが、まだまだ得意なことがありそうですね。

次回のゼロの日常【第24話】が掲載される週刊少年サンデーは新年7号、発売日は1月16日になります。

まとめ

以上、ゼロの日常【第23話】すべきことのネタバレ・感想を紹介しました。

漫画は絵と一緒に読むことでさらに面白みがあります。漫画を読めるサービスをまとめていますので、ぜひご覧になってみてください!