花とゆめ

コレットは死ぬことにした第82話ネタバレ!ハデス様と父クロノス様の対面!!

koretto - コレットは死ぬことにした第82話ネタバレ!ハデス様と父クロノス様の対面!!

花とゆめ第9号(4月5日発売)のコレットは死ぬことにしたの第82話を読みましたので、ネタバレ・感想等まとめてみました!!

コレットは死ぬことにしたの最新巻を無料で読む方法は?

コレットは死ぬことにしたの最新巻を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、コレットは死ぬことにしたの最新巻を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
コレットは死ぬことにしたの最新巻を読む

前回までのあらすじ

薬師として毎日働いていたコレットですが、ある日忙しすぎて井戸の中へ逃げるように落ちてしまいます。

落ちた先は、人間が死んだあとに向かう世界「冥府」でした。

そこで、コレットは虚弱体質な冥王ハデス様・召使いのガイコツ達と出会い、治療をしていくうちにお互いに心惹かれていきます。

ついに、お互いの気持ちが通じ合い両想いになった二人。

そんな中、コレットは天界の女子会に誘われ楽しく過ごしていました。

お茶会の最中に、軍神同士の闘いが始まり、コレットも立会人として巻き込まれます。

軍神同士の闘いが終わる頃には日暮れになり、お茶会もお開きになりました。

冥府の裁判を終えたハデス様がコレットを迎えに来ましたが、ハデス様はコレットしか眼中になく、コレットも喜んでハデス様に駆け寄りました。

残されたヘルメス様とディオニュソス様は、これからのハデス様とコレットの恋の行方を案じながら、見守ることに決めたのでした。

ハデス様はコレットに、二人きりになれる所へ行きたいとコレットの頬に手を当てて伝えます。

シェフのガイコツは、寄り道したい主を空腹のままお送りする訳にはいかないと夕食を外に持ち運べる仕様に変更しました。

コレットとハデス様が恋仲になってから、召使いのガイコツたちの骨密度は減少しており、繊細になっていました。

そんな風に暴走する先輩ガイコツを見ながら、コツメはコレットとハデス様がデートを楽しんでいるといいなぁと願っていました。

さて、コレットとハデス様がデートに選んだ場所は、ハデス様が気に入っている黄色いスイセンの島でした。

時々、聞くことができる天界時代のハデス様の話にコレットはワクワクしていました。

強い風が吹いてコレットが飛ばされそうになり、ハデス様はコレットを受け止め、膝の上に抱きかかえます。

コレットが天界に行くと、ハデス様の予想外の事ばかり起こるので、面倒事に巻き込まれない加護を追加しようかと考えます。

ハデス様は以前と同じ身を守る加護を付けたので、万一のときはコレットの居場所もわかると伝えます。

加護を付けると、ハデス様の身体に負担がかかることを知っているコレットは今すぐ加護をとってほしいとおでこをハデス様に突きつけ、ハデス様は根負けして、コレットの額に口づけをして加護をはずしました。

ハデス様は、ただ心配だからコレットに加護を与えるわけではなく、コレットだからだと伝えます。

優しいハデス様の瞳に見つめられたコレットは、自分自身でも気付いていないところを見ていて、そっと守ってくれるハデス様に気付き、自分は幸せ者だと感じます。

お互いに気持を伝え合い、抱きしめ合う二人。

二人で楽しそうに会話しながら、時は過ぎていきます。

そんな中、エリシュオンという島がオリンポスに近づいていました。

ハデス様とのデートの次の日、身支度をしているコレットの所へハデス様がやってきました。

寝グセが付いたままのハデス様の髪の毛をコレットが撫でながら微笑みます。

ハデス様はコレットに地上に宿のあてがなくても来て欲しいと呟きます。

ハデス様に気遣ってもらい、コレットの旅は続きます。

ディオ様が迎えにきて、前回と同じところから出発します。

ヘルメス様は用事で来れないらしく、お守りがわりにミニ伝令杖を持たされていました。

「あ、ところでコレットよかったな!

ハデス様とくっついたんだって?」

とからかうディオ様に、コレットは照れて真っ赤になります。

赤面するコレットの事がディオ様は気になりますが、ヘルメス様みたいにはなりたくないので何も聞かず先を急ぎます。

以前、ヘラクレスと来た街にまで戻って来た二人はお祭りをやっている広場へ向かいます。

街中、音楽が鳴り響き、美味しそうな食べ物や活気に溢れていました。

そんな中、人だかりをみつけ二人で向かうと迷子の子どもがいました。

何も喋らないから手がかりもないし、街の人は困り果てていました。

その子の姿を見て、二人は驚きました。

ちっこいハデス様のような、黒髪・くせ毛・目つき・無言全てが揃っていました。

手分けして探すという街の人に協力して、その子の面倒をみることになりました。

お父さんかお母さんを見つけてあげるから安心してね、と語りかけるコレットに、その子はあくびをしています。

仕草ひとつひとつが可愛くて、小さい頃のハデス様を想いながら複雑な心境のコレットです。

小さな子を抱きしめながら、早く迎えに来てあげてと願うコレット。

コレットは近くの診療所へ行くことになり、ディオ様と迷子の子が二人で留守番することになりました。

手品が始まり、見ている時に迷子の子が急に喋りだしました。

コレットが戻って来たので、ディオ様は普通に喋ることを訴えますが迷子の子は赤ちゃん言葉に戻っていました。

酔っているだけとコレットに言われ混乱しているディオ様をよそに神の王の昔話が始まりました。

話が続くにつれて、前に行けと迷子の子がせがみます。

二人は近くで話を聴くことにしました。

昔話なのに…登場人物に会っている私っておかしいかな??

ピンとこないコレットに隣でディオ様が現実感ないなーと呟いています。

私はハデス様とお付き合いをしていて…と考えながら手元を見ると迷子の子が居ません。

抱っこしていたはずなのに、誰にもぶつかったりしていないのに…と考えても手元には居ません。

走り出すコレットをディオ様が追いかけます。

「誰か、男の子見てませんかー!!」

叫びながら探すコレットですが、名前がわからないので呼びかけも出来ません。

”いない、いない、どうしよう”

途方に暮れたコレットが空を見上げた瞬間、迷子の子が空を飛んでいました。

「なーにが怖れたクロノスじゃ

後々こんなこと言われるなら消化しておけばよかったわい」

「ああイライラしてきた

花冠ほしいっ

今日まだもらってないっ」

ぶつぶつ呟きながら空を飛んでいるとコレットを見つけ、近づいてきました。

「はん、なんじゃい、たわけ。

そこでなにをしておる」

驚くコレットにディオ様も合流します。

迷子の子はディオ様を見て、

「お前人間じゃないだろ?

わしと同じで物見遊山か?」

不快感をあらわにするディオ様に対して、迷子の子は言い放ちます。

「我はクロノス

偉大なる王であるぞ、覚えとけ」

二人は呆然と立ち尽くします。

その頃、エリシュロンではクロノス様が脱走したことを知りヘルメス様が頭を抱えていました。

クロノス様は浮世離れしているから人間の前で飛んでしまったらと心配する子に対し、ヘルメス様はとりあえず地上へ向かうと言い残して行きます。

心配する子の手には花冠がありました…

その頃、地上では、、、

二人の神様が言い合いしているのをコレットが必死になだめます。

騒ぎ立てるクロノス様?を連れて、街を出ようとディオ様は提案します。

しかし、親を探している以上、自分たちが誘拐犯になってしまうとコレットは訴えます。

コレットは死ぬことにした第82話ネタバレ!ハデス様と父クロノス様の対面!!

この見た目小さな赤ちゃんがクロノス様…!?

口を抑えて黙らせようとするディオにクロノス様は大暴れします。

「やれやれまさかここにいるなんて」

ヘルメスがやってきたことにコレットたちは驚きます。

とりあえず、街の人はヘルメスがごまかしてくれることになったので三人は冥府へと向いました。

ファァアアアア、ちっちゃいハデス様だあアアアアア

家来のガイコツたちは小さいハデス様?を見て大騒ぎです。

「奇跡…?」

「夢…?」

涙を流して喜ぶガイコツ達に、自分はハデスの父親のクロノスと名乗りました。

さらに騒ぎ出すガイコツたちですが、おもてなしをし始めます。

目の前におやつのぷりんを出されたクロノス様は食べさせて欲しいと口を開けます。

記念日になると喜んで食べさせるガイコツに対し、クロノス様はぷりんを飲み込みました。

「ぷりん」

その笑顔にガイコツたちも頭が取れる程喜んで、食べさせます。

その光景を見ていたディオ様は”中身はくそじじいなのに”と心の中で呟きます。

ぷりんを食べながら、クロノス様はディオ様とコレットの正体を尋ねます。

ディオ様が酒の神様だと聞いて、スケールが小さいとバカにします。

クロノス様は農耕神で、原始に登場した神ほどスケールが大きいのは当然だとディオ様にいばるように言います。

「いちいち癇に障る言い方しやがるぜ、種まきじじいめ」

イライラするディオ様を抑えるコレット。

コレットの事は人間だとすぐに当てます。

クロノス様はエリシュオンという流浪する浮島に放り込まれて数百年もたっていたので人間は進歩したものだと呟きます。

喋りながら食べ続けるクロノス様のよだれかけに食べ物が落ちてしまいます。

慌てて針子のハリーを呼び出しましたが、ハリーは本気で替わりのよだれかけを作成しました。

そんな中、コレットはクロノス様がどうして子供の姿なのか尋ねました。

「さっきの歌のとおりだ。

わしは昔ゼウス達と戦争をした。

敗れたわしは力を失い体も小さくなってしまったのじゃ」

ディオ様はクロノス様の事は名前だけ知っていたと呟き、会ったことがあるやつは少ないとコレットに話します。

「幽閉場所も冥府の地下にって話もあったらしいけど

敬意としてエリシュオン行きに変えたとか何とか」

ディオ様の話を聞きながら、そういう話をハデス様から一度も聞いたことがないとコレットは思います。

色々考えていると、ハデス様が裁判から戻ってきました。

「父上」

二人は対面しますが、何だか穏やかではありません。

「なぜ地上にいらしたのですか」

「物見遊山よ。

エリシュオンは天界に近づいたときだけゼウスの結界が薄くなる」

天界に用がないから地上に行った、甘くみるでないわと悪びれずに言うクロノス様にハデス様はため息をつきます。

「お送りします、エリシュオンへお帰りを」

せっかく父が来ているのに追い払うのかと言うクロノス様にハデス様は脱走だと言い返します。

「わしの子らの中でお前が私に一番似ている。

今のお前は昔のクロノスにそっくりじゃ。

髪の色も目も口元も

となるともしや本性(なかみ)も?」

そうやって言うクロノス様にハデス様は冷静に言い返します。

「お帰りを」

その瞬間、花冠を持った女の子がやってきました。

「おお、ラダマンテュス」

ラダマンテュスはクロノス様の事を心から心配していました。

ハデス様に、ラダマンテュスはクロノス様の世話をしているとヘルメス様は説明します。

ラダマンテュスは帰らないならば花冠をあげないとクロノス様を説得します。

花冠をもらったクロノス様は満足そうに帰ると宣言します。

ラダマンテュスはハデス様を見つめて言いました。

「お会いできて光栄です。

私の名前はラダマンテュス、地上の裁判官」

「でした、さようなら」

ヘルメス様に送られ、クロノス様とラダマンテュスは帰っていきました。

突風が吹いたようだったとガイコツたちがあっけにとられていましたが、ハデス様のお帰りに気づき夕ご飯の支度を始めました。

その間、コレットはハデス様と一緒にハデス様の部屋に行きました。

ベッドに横になったハデス様は疲れたと呟きます。

原因はクロノス様だと気づき、コレットは無理に過去の事を説明する必要はないとハデス様に伝えます。

そんなコレットに近くに来るように伝えます。

隣に来たコレットにもう少し近くに来るように伝えます。

抱きしめるように寄り添った二人ですが、コレットはハデス様の様子がいつもと違う事が気になります。

「そういえば、お前の勇猛さは親譲りのようだな。

少々危なっかしいが、あと妙にたくましい」

ハデス様は愛おしそうにコレットを見つめます。

自分はクロノスに似ているがと問うハデス様に見た目はとても似ているとコレットは答えます。

「あんな傲慢で偉そうで何様と言いたくなる。

あれに私は似ているか。

きょうだいの誰よりもそれが何より不愉快だ。」

「クロノスの言う通り…だから苦手だ」

コレットは気にしているハデス様に笑いかけます。

「神様は大体皆偉そうだし無茶くちゃです!」

コレットはハデス様に、自分たちも出会った頃の自分とちょっと違ってて、変わらないところも変わっていくところもあると伝えます。

「だから大丈夫です

気にしなくって大丈夫!」

コレットはハデス様に抱きつきます。

”出会った頃から誇り高いところも

頑固なところもあの頃より穏やかに笑ってくれるところも

ぜんぶあなたのものよ”

そう想いながらコレットはハデス様に微笑みます。

そんなコレットに口づけをするハデス様。

「夕食行くか」

返事をするコレットに

「ああ少し惜しいな、もう一回」

と呟くハデス様でした。

コレットは死ぬことにした第82話ハデス様と父クロノス様の対面!!

いや~今回もガイコツさんたちいい仕事してましたね。

小さいハデス様に皆メロメロだったのに、ディオ様だけが冷静なのが少し笑えました。

ハデス様とクロノス様の因縁もコレットのおかげで大丈夫そうですね。

ラブラブな二人の描写もきちんとありましたねー

次回もどんな展開になるのかすごく楽しみです!!

次回のコレットは死ぬことにした83話は花とゆめ合併号10・11号(4月20日発売)に掲載予定です!

コレットは死ぬことにしたの最新巻を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、コレットは死ぬことにしたの最新巻を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
コレットは死ぬことにしたの最新巻を読む