エルフと狩猟士のアイテム工房

エルフと狩猟士のアイテム工房【第14話・神去る都IV】ネタバレ!呪いの力を解放させてしまったユラですが・・・

65ABC0DA ABE1 43CC BF31 87F7B06BC2BC 1280x608 - エルフと狩猟士のアイテム工房【第14話・神去る都IV】ネタバレ!呪いの力を解放させてしまったユラですが・・・

月刊少年ガンガン7月号(6月12日発売)、エルフと狩猟士のアイテム工房【第14話】のネタバレ・感想をまとめました。

前回のあらすじ

神去る都にて遭遇した男が、ユラに呪いのアイテムを埋め込んだ者と関連があると気付き男の捕獲を目論むマグリット。

しかし、変異した男に圧されてユラの呪いの力が暴走してしまったのです。

エルフと狩猟士のアイテム工房最新話を無料で読む方法は?

エルフと狩猟士のアイテム工房最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、エルフと狩猟士のアイテム工房最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
エルフと狩猟士のアイテム工房最新話を読む

エルフと狩猟士のアイテム工房【第14話・神去る都IV】ネタバレ

「マグリットを、守る」

(マグリットを傷付ける者は…)

呪いの力を解放させてしまったユラ。

「ユラ…!」

「いいぞォ、青年。

来…」

その瞬間、ユラは一瞬で男との距離を詰めて攻撃を繰り出しました。

吹き飛ばされた男は笑います。

「はは、こりゃすげえ」

その様子を見て、マグリットは気付きます。

「……ユラ…」

(これは…〝呪い〟…!)

マグリットの声が届いていないユラは、男に向かって走り出します。

「ユラ!! ダメだ!!」

しかし、その声もやはり届きません。

再び攻撃を仕掛けるユラ。

男も反撃しようと狙いますが、叶わずまた吹き飛ばされてしまいます。

「ははは、サイコーだぜ青年。

思った以上に成長してくれてて嬉しいぞ!!」

(いや、〝この場所〟と〝嬢ちゃん〟が引き金になって急成長したのか?)

「でもまだまた、青年の力はこんなもんじゃない。

もっと強くなれる…手伝うぞ」

立ち上がり、ユラと対峙する男。

そんな二人を見て、マグリットは考えます。

(止めなければ…!!

このままだとユラは、呪いに喰われる!!

どうすれば止められる!? 考えろ!)

マグリットは、先程のユラの呟きを思い出します。

『マグリットを、守る』

(ユラは、私の為に…そうだ、私の為に…)

マグリットは涙を滲ませながらも、拳を握りしめて駆け出しました。

(「聖水」「お守り」「ダガー」。

今のユラにアイテムが効く確証が無い。

新たなアイテムを作る時間も無い。

だから、直接呼びかける!)

ユラに飛びつくマグリット。

「ああ!? 何やってんだ嬢ちゃん」

「……ユラ…、ユラ!!

呪いに負けてはダメだ! 戻ってこい!!」

しかし。

「あっ」

必死に呼びかけるも、ユラはマグリットを払い除けてしまいます。

「…ユラ…」

倒れ込みながらも、ユラを見つめるマグリット。

「ユラ…!」

(そっちに行くな!!)

 

そんな時、ユラの心の中は。

「こっちこっち。

マグリットを守りたいならこっちだよ!」

幼いユラが、ユラを導いていました。

(守る…。

マグリットを守る為なら、どんな事でもする。

どんな〝力〟だろうと使う)

自分の手を見るユラ。

(このまま〝呪い〟に身を任せる…そうすれば…)

「……」

(本当にそれでいいのか?)

立ち止まるユラを、幼いユラが見つめます。

(呪い…呪いの力…マグリット、守る…)

そこで、ユラは気付きました。

後ろで必死に自分を呼んでいるマグリットに。

(マグリット!?)

「マグリット!」

マグリットに駆け寄ろうとするユラ。

しかし。

「!!」

木のツタのようなものがユラの体を捕らえます。

「マグリットを守る…それを邪魔するなんて許さないよ。

おとなしく、呪いに身を任せるんだ」

幼いユラが語りかけてきました。

ところが、ユラは。

「ダメだ、それをしちゃダメなんだ!

マグリット!!」

(そうだ、決めたんだ。

俺は、マグリットと、呪いに立ち向かう!)

そのユラの顔は、正気に戻っていました。

「マグリット…」

力の影響でか、その場に膝をつくユラ。

「ユラ!!」

そんなユラの前にマグリットが立ち、男を牽制します。

そんな様子を見て、男は驚きます。

(おいおいマジか)

男の様子に気付いていないマグリットは、尚も男を睨みます。

「ここまでだ。

ユラはもうまともに戦えない」

「……」

何も言わない男に、不思議そうな表情になるマグリット。

「?」

その時。

何やら大きな地響きが怒り始めました。

「なんだ!?」

(……これはマズイな…)

「やっぱり影響が出ちまったか…」

黒い影が一点に集まり、次第に巨大な人の影を作り始めていきます。

遂に、神去る都が牙を剥き始めたのでした。

エルフと狩猟士のアイテム工房【第14話】感想

どうにかユラが正気を取り戻して一安心です。

しかし、それもつかの間ですね。

神去る都の力とはどんなものなのでしょうか?

次回は、もしかすると謎の男と共闘する流れかもしれません。

というより個人的にはそうなって欲しいところです(笑)。

男の名前が未だに出てきませんが、何気にそんなに悪い人ではないんじゃないかと…。

次回の展開に期待です。

エルフと狩猟士のアイテム工房最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、エルフと狩猟士のアイテム工房最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
エルフと狩猟士のアイテム工房最新話を読む