エルフと狩猟士のアイテム工房

エルフと狩猟士のアイテム工房【第13話・神去る都III】ネタバレ!男の圧倒的な強さを前にユラはどうする!?

D1ED5EF3 7EE2 41AB BFD2 B06871FF51FA 1280x720 - エルフと狩猟士のアイテム工房【第13話・神去る都III】ネタバレ!男の圧倒的な強さを前にユラはどうする!?

月刊少年ガンガン6月号(5月12日発売)、エルフと狩猟士のアイテム工房【第13話】のネタバレ・感想をまとめました。

前回のあらすじ

ついに神去る都へと足を踏み入れたマグリットとユラ。

呪いに支配された不気味な地で、なんとか呪いのアイテムに繋がる手がかりを探し求めていました。

そんな中で、ある男と出会います。

男は一見するとひょうきんな感じでした。

そんな男は、人を探している時2人に話します。

出口まで送ってやる、と男は言いますがマグリットが呪いの溜まった物質を探している、と話した瞬間、突然襲いかかってきたのでした。

エルフと狩猟士のアイテム工房最新話を無料で読む方法は?

エルフと狩猟士のアイテム工房の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、エルフと狩猟士のアイテム工房最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
エルフと狩猟士のアイテム工房最新話を読む

エルフと狩猟士のアイテム工房【第13話・神去る都III】ネタバレ

(呪いのアイテムの侵食具合だと…!?
この男は…)

「さあ」

マグリットとユラの前に立ち塞がる、謎の男。

「青年の本気を見せろ」

男は、一瞬でユラの間合いに入って攻撃を仕掛けました。

しかし、それを交わして受け流すように応戦さるユラ。

「うーん…」

そんな2人の様子をマグリットも見つめます。

その中で、ユラは男について考えますが何も分かりません。

(不気味だ…この男はそこが知れない…。

いったい何者なんだ…)

すると、そこでマグリットがユラにジェスチャーで指示を出します。

その事を知ってか知らずか、ユラを見る男。

(ダメだな、全っ然ダメだ。

殺気が弱過ぎる…元々好戦的な性格じゃねえんだろうな…。

ならこいつを使うか…)

その時。

男は、マグリットが駆け出しているのに気付きました。

「逃がさねーぞ…!」

マグリットは走りながら、考えます。

(あの男は…ユラに呪いのアイテムを埋め込んだ者の正体を知っている…!!

ならば、)

胸元のダガーを抜くマグリット。

そこに、頭上から男が襲いかかります。

「いい判断だ。

青年の邪魔にならないように逃げたか…でも遅い。

嬢ちゃんには協力してもらうぞ」

しかし、マグリットも負けじとダガーを投げました。

男は交わします。

が、その後ろにはユラが。

ユラはダガーを掴み、男へ投げつけました。

腕でそれを受け止める男。

「中々“良かった”が…こんな小さいのじゃ俺は殺せないぞ?」

男は余裕綽々といった様子でダガーを捨てます。

ところが。

「あんたが腕でガードしてくれて助かった」

「…?」

その瞬間、男は膝をついて倒れ込みます。

すると、マグリットが言いました。

「お前がユラを本気にさせる為に私を利用しようとするのは分かっていた。

このダガーは「眠水晶」という鉱石を使用した“大型魔物捕獲専用”のアイテムだ。

眠水晶は“安眠”のお守りとして使われる事が多い…触れた者の邪気を吸い取り心身を安定させ、よく眠れるようにしてくれるからだ。

故にこのダガーで切られた生き物は、この傷が小さいものであっても眠ってしまう」

マグリットは続けます。

「貴様には聞きたいことが山ほどあるのだ。

私が強力な“自白剤”を作る。

全て喋ってもらうぞ」

男を追い詰めたマグリットたち。

かと思えば、男は笑いました。

そしてユラの胸ぐらを掴み、そのまま壁へと殴りつけたのです。

「いやあ、そうだよな。

本気を出させたいなら、こっちもちゃんと気合をいれなきゃ…ダメだよなあ」

男の目は黒くなっていました。

そして、壁から床へユラを叩きつけ、胸元を踏みつける男。

ユラは血を吐き出し、意識を失ってしまいます。

「あれ? のびちまった…心臓踏んだのがまずかったか?」

「ユラ!!」

マグリットが男をどうにかしようとするも、あっさり首を掴まれて持ち上げられてしまいます。

「いやぁ、スゲーよ嬢ちゃんは。

ホント大したもんだ…まさか俺を“捕獲”しようと考えてたとはなー。

惜しかったな? 俺みたいのには効かないんだよ」

絶体絶命の窮地。

その中で、ユラは。

『マグリットが殺されちゃうよ?』

その声に、目を覚ましました。

起き上がれば、幼い頃のユラの姿が。

「俺…か? 子供の時の…」

『せっかく“手”に入れたのに』

「何?」

『使わないの? なんで?

使おうよ、何だって利用しようよ。

今すぐ解放するんだ』

幼いユラは叫びました。

『“呪いの力”を!!』

その、次の瞬間。

マグリットを持ち上げる男の背後で、瓦礫が崩れる音が。

「おっ」

そこには、何やら物々しい雰囲気のユラが立っていました。

「……ユラ…」

マグリットを守るために、ユラは呪いの力に従ってしまったのです。

「いいねえ。

調子でてきたじゃねーの」

男はそんなユラを見て、やはり笑うのでした。

エルフと狩猟士のアイテム工房【第13話】感想

とうとうユラが呪いの力を解放させました。

謎の男も計り知れませんが、暴走状態のユラがいったいどうなってしまうのか、今後は見物ですね。

また、そんなユラを前にしてマグリットはどうするのか…。

次回は呪いの力で暴走したユラと男の激しいアクションになりそうです。

エルフと狩猟士のアイテム工房の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、エルフと狩猟士のアイテム工房最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
エルフと狩猟士のアイテム工房最新話を読む