週刊少年チャンピオン

もういっぽん!【第53話】着火のネタバレ!エマの本領発揮!

2019年11月14日発売、週刊少年チャンピオン50号のもういっぽん!【第53話】着火のネタバレや感想をまとめました。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法は?

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む

【前回のあらすじ】

勝ち抜き制の全国大会・金鷲旗に挑む青葉西高校柔道部。3回戦の相手は優勝候補の立川学園。

先鋒の小田桐を倒した青西のエース・永遠は、全員の思いを背負って公式戦初出場の留学生エマに挑みます。

もういっぽん!【第53話】着火のネタバレ

試合は残り1分21秒。

永遠とエマはそれぞれ「技あり」で1ポイントずつ獲得しました。

「一本」をとれる感触があったのに、ギリギリでひっくり返されてしまったと少し驚く永遠。

未知たちは「ドンマイ!圧してるよ永遠ちゃん!」「返し技気をつけろ!」「まだ同点!大丈夫!」と必死に声援を送っています。

永遠は引き分けだとチームが負けてしまうため、とにかく攻めなきゃ!と気持ちを切り替えて、再び投げ技を仕掛けました。

しかし、すかさず返し技で対抗するエマ。

永遠は何とか肘をついて耐えました。

それを見た姫野は「技あり」があってもおかしくなかったとハラハラしながら見守ります。

連続で返されたけど大丈夫だよね?と心配そうに見つめる早苗。

夏目は厳しい表情で戦況を見守っていました。

 

一方永遠はタイミングも間合いもしっくり来てるのに、どうして?と動揺しながらも、今度こそと違う技を仕掛けていきます。

しかしまたもエマに避けられてしまいました。

夏目は永遠の動きが悪くなったようには見えず、むしろ先鋒戦から変わらず右肩上がりだと感じます。

(つまり相手はそれ以上に・・・)

 

一方立川学園の冨士森は、小田桐を羽交い絞めにしながらエマが本気を出すのが遅いと言います。

私に言わないでくださいという小田桐に、あんたもだという冨士森。

痛い目を見ないとモードが切り替わらないと冨士森は言いますが、犬威は小田桐と違ってエマは油断していたわけじゃないと話します。

エマにとって相手の強さは痛みではなく栄養。

じっくり吸収し徐々にパフォーマンスが上がっていくので、養分が大きいほどグングン育つタイプなのです。

それを聞いて「力ワクワク」とエマがいつも言っている言葉をつぶやく立川学園の選手たち。

犬威は「・・・そう。どこまでもね」と返しました。

 

その時、永遠はエマに持ち上げられ、やぐら投げをを仕掛けられそうになります。

それは永遠が小田桐に前の試合で仕掛けた技でした。

「いけ!!」とエマを後押しする小田桐と「耐えろ!!」と叫ぶ未知。

するとエマは永遠を持ち上げながら片足で後ずさりを始め、場外へと出ていきます。

慌てて止める審判。

しかしそれに気づかないエマはそのまま場外の他校の選手が見守るエリアへ、永遠を投げようとしました。

そこには恵梨佳の姿もあり、思わずガードの体勢をとって目を瞑ります。

夏目や犬威はエマを止めようと叫びます。

体は反り返って今にも永遠を投げそうなエマでしたが、ようやく目の前の状況を理解し、直前で投げるのを止めて永遠を抱えたまま場内に戻りました。

戻ってきたエマに「待て」だと注意する審判。

エマは永遠に危なくてごめんなさいと謝ります。

観客や他校の選手たちは直前で技を止めたエマの身体能力の高さを目の当たりにして驚き、どよめいていました。

そして観客たちはエマをカメラに撮り始め、再び異様な空気に。

 

一方立川学園の榊原は初めてエマに会った時は、変な子ってくらいの印象だったと話し始めます。

自分に投げられてもエマは笑ってばかりだったという榊原。

しかし1日1日、一本一本、1秒1秒、だんだんこっちが手詰まりになってきて、気がついたらこっちがエマを見上げていたと言います。

そんな榊原の話に同意する他の選手たち。

そしてエマは座り込む永遠に手を差し伸べて「マダマダ・・・もうイッポン!」と明るく言いました。

それはいつもエマが立川学園の選手たちにも言う言葉で、小田桐はこっちはもう限界って時にあの笑顔がキツイと話します。

「さすがの私も参ったとなりますわ」という小田桐。

しかしそんな小田桐の言葉に対し、冨士森は「だからあっちの子に負けんだよ」と言います。

私は参ったとは思わないという冨士森に、他の選手たちも同意し「当然モエモエっしょ」と話しました。

そして永遠はエマの手を強く握り返し、立ち上がるのでした。

もういっぽん!【第53話】着火の感想

やはりエマは相当手強いですね。

しかし永遠も九死に一生を得たので、逆に快進撃が始まりそうな気もします。

どんな試合展開になるのか楽しみですね!

次回のもういっぽん!【第54話】が掲載される週刊少年チャンピオン51号は、11月21日に発売されます。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む