週刊少年チャンピオン

もういっぽん!【第49話】黒歴史のネタバレ!永遠の快進撃が始まる!

2019年10月17日発売、週刊少年チャンピオン46号のもういっぽん!【第49話】黒歴史のネタバレや感想をまとめました。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法は?

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む

【前回のあらすじ】

金鷲旗3回戦、強豪・立川学園に挑む青西柔道部。先鋒の一年生の小田桐に未知と早苗に続いて姫野も一本をとられ、負けてしまいました。

もういっぽん!【第49話】黒歴史のネタバレ

姫野と小田桐の試合は小田桐の勝利に終わり、互いに礼をしました。

小田桐はまた「技あり」を取られてしまったため、立川学園の先輩たちは「ネチネチ説教ね」「ビシビシ特訓な」と厳しい目で見つめます。

しかし今の「技あり」は相手を称えるべきだという監督の犬威。

姫野の体力は間違いなく限界を超え、もう一歩も動けない状態だったにもかかわらず繰り出された大技と、極めの一太刀には確かに3年間のすべてを懸けた最後の瞬間にしか出し得ない、技術を超えた特別な力が宿っていたといいます。

一方姫野は未知たちの元に戻ってくると、結局止められなかった、力になれなくて申し訳ないと謝ろうとします。

しかし「”ごめん”はなしですよ」という早苗。

姫野が「・・・はい。キャプテン」と返事をすると、早苗は偉そうにごめんなさいと謝ります。

そして未知がこうなったらあとは任せた、と永遠の背中を叩こうとしますが、永遠は歩き出してしまったため、交わされてしまいました。

最後くらいバシッとさせてと未知が言おうとすると、「最後じゃない。だろ?」という安奈。

未知は無言のまま、ただ前を見据える永遠の後ろ姿を見つめます。

永遠は、みんなと戦う未来がある、どんな状況であろうとエースなんだから全員抜き返すという気持ちで静かに闘志を燃やしていました。

そんな永遠の姿を見て、小田桐はどこかで見覚えがあると感じます。

 

そして青葉西副将の氷浦永遠VS立川学園先鋒の小田桐華の試合が始まりました。

「バシバシバシバシバシ~っと・・・5人抜き!!」と飛び上がる未知。

すると小田桐はこっちのセリフだっつーのと言いながら、速攻攻撃を仕掛けてきました。

早苗や姫野に仕掛けた内股を小田桐が再び仕掛けてくるかと思われましたが、フェイントをかけて大内刈りで永遠を後ろに倒しにきました。

しかしそれを読んでいた永遠は小田桐に技を返し「技あり」を取ります。

フェイントにも全く動じないと驚く姫野に、完璧に技を読んでいたという夏目。

早苗は小田桐に「内股」で投げられましたが姫野はそれを予測し、すかしていました。

だからこそ永遠は「もう内股に来ない」と判断した上で、姫野を仕留めた「大内刈り」に的を絞り、返し技を決められたのです。

みんなの試合があってこそだという夏目。

永遠は一人じゃなく、みんなの力で勝ち取った「技あり」を絶対無駄にしないと気合いを入れます。

そんな永遠の姿を見て、自分たちの試合を見ただけでそんなことができるのは永遠だけだという未知たち。

しかも永遠は小田桐を抑え込みに入っていました。

「技あり」をとっているため、10秒抑えれば合わせて一本です。

しかし入りが浅いため、逃げられるよ!と立川学園の葉月は言います。

小田桐も、そのことは理解しており必死に逃げようとしていました。

そして小田桐は永遠の独特の抑え込みを見て、見覚えがあることに気づきます。

ここで恵梨佳が場外から「氷浦!!絶対逃がすな!!」と叫びました。

その名前を聞いた瞬間、過去の記憶がよみがえる小田桐。

 

実は小田桐は中学時代に永遠に抑え込みで、一本取られたことがありました。

小田桐は変な形で抑え込みじゃないと訴えますが、変形の「腹包み」というちゃんとした技だという恵梨佳。

柔道の本にも載っているといわれ、小田桐は言い返せなくなります。

すると小田桐は天音さんっていう強い子がいるっていうから県の反対側からわざわざ練習に来たのに、何で道着も着てないの!?と文句を言い始めました。

そんな小田桐に風邪ひいちゃってごめんね、と鼻を噛む恵梨佳。

小田桐がこんな白帯じゃなくて強い子とやりたかったというと、恵梨佳は負けてんじゃんと返します。

初心者と思って油断しただけだし!と言い訳する小田桐。

恵梨佳はそんな小田桐を無視して、永遠にナイス一本だったと声を掛け、でも寝技への移行が遅かったかなとアドバイス。

聞いてるの?天音さん!という小田桐に、恵梨佳は「邪魔しないで、氷浦と話してるの」と鼻をすすりながら言うのでした。

 

そして恵梨佳が「いいよ氷浦!!」と声援を送る中、小田桐は永遠があの時の白帯だとようやく気づきます。

「あと5秒!!!」と叫ぶ恵梨佳。

全員倒す!!!と静かに強く、永遠は決意するのでした。

もういっぽん!【第49話】黒歴史の感想

崖っぷちに立たされた青西柔道部ですが、全員抜き返すという意気込みで静かに闘志を燃やす永遠の姿がかっこよかったです。

エースの永遠に期待したいですね!

次回のもういっぽん!【第50話】が掲載される週刊少年チャンピオン47号は、10月24日に発売されます。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む