週刊少年チャンピオン

もういっぽん!【第48話】とっておきのネタバレ!姫野VS小田桐の決着は?

2019年10月10日発売、週刊少年チャンピオン45号のもういっぽん!【第48話】とっておきのネタバレや感想をまとめました。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法は?

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む

【前回のあらすじ】

金鷲旗3回戦、優勝候補の立川学園を相手に2者連続で一本負けしてしまった青西柔道部。

そんな中、最後の試合への想いを込めて相手に隙を与えないように技を仕掛け続け、粘る姫野。そして最後の力を振り絞って姫野は釣り込み腰を仕掛けました。

もういっぽん!【第48話】とっておきのネタバレ

最後の自分で・・・最強の自分で・・・最高の一本を!!

姫野は小田桐に片手だけの袖釣り込み腰を仕掛けました。

小田桐の体は浮き、イケる!!と安奈が叫びます。

しかし姫野の体力は限界に達しており、握力がなくなって、もう一歩で技が決まるというところで手が離れてしまいました。

小田桐は姫野の背中の上に乗ったまま、体勢を整えようと左手を床につきます。

ごめんみんな・・・先生・・・アーミン・・・私また届かなかったと諦めかける姫野。

しかし、まだ!!!左手が生きてる!!!もう一本!!!と未知が声を張り上げました。

姫野は、未知はこっちの限界なんてお構いなしで、もう一本もう一本って終わらないからめちゃくちゃだと語っていました。

それでも、めちゃくちゃ嬉しいと話していた姫野。

未知の言葉を聞いた姫野は、気力を取り戻して再度左手で小田桐の手を掴み、引っ張りました。

そしてついに小田桐の体を床の上に倒すことに成功します。

素早く起き上がり、審判の判定を確認する姫野と小田桐。

手を上げて「一本」のジェスチャーをする未知たちに対し、立川学園の選手たちは片手を横に広げて「技あり」のジェスチャーをしました。

そして審判が片手を横に広げた瞬間、体力の限界を越えて全身の力が抜ける姫野に飛び掛かる小田桐。

未知たちは姫野を切ない表情で見つめます。

姫野が小田桐に倒されると、「一本」と審判が手を上げました。

「ふぅ」と一息つく小田桐。

立川学園の冨士森は「オッケー小田桐」と声を掛け、葉月がヒヤヒヤさせ過ぎだとぼやきます。

姫野は息を上げ、上を向いて倒れたまま、目線だけ横に向けて未知たちの方を見ました。

そこにはじっと姫野を見つめる未知たちの姿があります。

そして夏目の顔を見て、大会前の出来事を思い出す姫野。

 

夜まで一人残って、ロープでトレーニングを行う姫野に、夏目はあまり無理をするなよと声を掛けます。

早朝も永遠と練習していることを夏目は知っており、バレてたと苦笑いする姫野。

乱取りとかはしてないんで~と姫野は言いますが、夏目は権藤から報告があったと話し、髪を黒くさせろという指示もあったと言います。

それを聞いて姫野はそっちもバレてたと少し焦りますが、もうちょっとやったら終わりにしますと、なおもトレーニングを続けます。

そんな姫野に、大丈夫、きっとチームの力になれるよと言う夏目。

走り込みも続けていたし、元々センスもある、これまで思うように結果が出なかったのは環境や対戦相手に恵まれてこなかったからだと夏目は言いますが、そうじゃないよと姫野は否定しました。

「なんていうか・・・納得して終わりたいんだよね」という姫野。

姫野は夏目が貴重な3年間を棒に振るなとよく言っていた、と言います。

それなのに半年以上無駄にしてしまったため、このままじゃ畳を降りるときに悔しさが残りそうで、1か月でも1週間分だけでも取り戻したいのだという姫野。

そんな姫野の言葉に、その半年間も無駄じゃないよと夏目は返します。

離れた時間が長いほど戻るのには大きな勇気が必要になります。

その勇気を姫野は振り絞ったという夏目。

大切なのは「もう一度踏み出し自分」に誇りを持つこと。

その誇りを胸に努力すれば、1か月であろうと1日であろうと、勝とうとも敗れようとも心の底から思えるだろう、やり切ったと。

 

姫野はそんな夏目の言葉を思い出して、目に涙を浮かべました。

すると小田桐が姫野に「泣くの早くない?」と声を掛けます。

私があの子倒してからにしなよ、という小田桐。

姫野は起き上がると涙を袖で拭きながら「だね。まだ最後じゃなかった」と答えます。

さらに、うちのエースが5人抜くまで涙はとっておくと、期待を込めた目で永遠を見つめます。

そして永遠は静かに闘志を燃やして、出番を待ち構えるのでした。

もういっぽん!【第48話】とっておきの感想

最後の力を振り絞って技を仕掛けた姫野でしたが、惜しくも敗れてしまいました。

相変わらず夏目先生の言葉は心に響きますね。

しかしまだエースの永遠が残っているので、立川学園に一矢報いてほしいです。

どんな試合展開になるのか楽しみですね!

次回のもういっぽん!【第49話】が掲載される週刊少年チャンピオン46号は、10月17日に発売されます。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む