週刊少年チャンピオン

もういっぽん!【第47話】なうのネタバレ!すべてを懸けて最後の試合に挑む姫野

2019年10月3日発売、週刊少年チャンピオン44号のもういっぽん!【第47話】なうのネタバレや感想をまとめました。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法は?

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む

【前回のあらすじ】

金鷲旗3回戦、優勝候補の立川学園の先鋒である1年生の小田桐に未知と早苗が連続で一本負け。中堅の姫野は開始早々、小田桐に勢いよく掴みかかられました。

もういっぽん!【第47話】なうのネタバレ

いきなり小田桐に組まれる姫野。

しかし前の試合で早苗が開始早々、一本をとられたことが頭にある姫野は、小田桐が仕掛けてくることが分かっていました。

そのため内股を仕掛ける小田桐に対して、右足を引いて避ける姫野。

小田桐は勢い余って前のめりにこけそうになりますが、体をうまく回転させて体勢を立て直します。

さっきの子とは一味違うみたいだねと姫野を認める小田桐。

姫野は早苗の試合を見ていたため、命拾いしたと少しほっとします。

しかし相手は動きが速いため、待っていたら確実にやられると感じた姫野は、とにかく先に1回でも多くと小田桐に技を仕掛けていきました。

いつもは左組ですが、左右構わずガンガン仕掛けていく姫野。

夏目は小田桐の体格は永遠と同じくらいなので、パワーだけなら階級が上の姫野に分があるはずだと言います。

少しでもつかんだらどこであろうと引き寄せて、不完全だろうと崩れようとも姫野は先に技に入っているという夏目。

それを聞いた未知は「攻撃は再来の防御!!」と叫び、安奈が「最大な!」と訂正します。

ここで2人の体が場外に出てしまったため、審判から「待て」がかかりました。

未知と安奈が姫野に声援を送る中、立川学園の冨士森は「お~だ~ぎ~り~」と小田桐にプレッシャーをかけます。

このまま攻め続ければ相手に「指導」も入るという未知ですが、残りは2分も残っているのに攻め続けている姫野の方が明らかに消耗していると心配する早苗。

試合が再開し、姫野は息を上げながら組み合いますが、小田桐も攻撃を仕掛けてきました。

このままだと、もたないと未知が言いかけたとき、永遠は「まだ2分もある」といって姫野をじっと見つめました。

 

実は大会前、永遠と姫野は2人きりで早朝練習を行っていました。

毎日早朝付き合ってもらって悪いねという姫野に、「いえ・・・でもみんなにも声を掛けた方が」という永遠。

そんな永遠の言葉に、姫野は他のみんなを呼ぶと自分の取り合いになるからと返します。

未知はこっちの限界なんてお構いなしで、もう一本もう一本って終わらないからめちゃくちゃだという姫野。

そんな姫野の言葉に永遠はクスッと笑います。

しかし姫野はめちゃくちゃ嬉しいんだけどねと付け加え、だからこそ足を引っ張りたくないんだと話します。

試合までもう1か月しかないので、ブランクなんか言い訳にしたくないという姫野。

そのために少しでも全国レベルの永遠と一本でも多く、1分1秒でも長く練習して、せめてやめる前に今までで一番強い自分になってから最後の試合に臨みたいと力強く言いました。

それができたら一度は投げだした自分でも、先輩としてちょっとはみんなの役に立てるかもしれないし、霞ヶ丘の友達にも恥ずかしい試合を見せたくないんだと笑顔で話す姫野。

その話を黙って聞いていた永遠は、姫野に言いました。

「もう一本お願いします」と。

 

残り1分となり、バテバテとなり動けなくなってしまった姫野。

安奈は小田桐の攻撃を封じるほど攻め続けるのは、普通の何倍もきついんだと言います。

立川学園の選手たちは姫野の限界だと感じ、いい加減仕留めろと小田桐を急かします。

姫野がばてるのを待っていた様子の小田桐ですが、永遠がもう一本!まだ1分もあります!!もう一本!もう1回技かけて!と叫びました。

すると姫野は小田桐に再び技を仕掛け始めます。

姫野の攻撃を凌ぎながら、どこにそんな力が残っているんだと感じる小田桐。

姫野は疲れ切った様子ですが、小田桐を見つめて笑います。

小田桐はそれを見て驚き、今更強がったって遅いよと言います。

そんな小田桐の言葉に対して、強がりなんかじゃないという姫野。

姫野は今までで今が一番きついけど、この最後の試合が今までで一番楽しいと感じていました。

 

負け続けて、届かなくて、投げ出して、もう一度踏み出して、やっとたどり着いた。

最後の自分が自分史上最強だから。

 

そして姫野は全てをかけて小田桐に背負い投げを仕掛けるのでした。

もういっぽん!【第47話】なうの感想

姫野と永遠は、これまであまり接触しているのを見たことがありませんでしたが、密かに早朝練習をしていたんですね。

最後の試合にかける姫野の意気込みがとても伝わりました。

そして姫野は小田桐に勝つことができるのでしょうか?

次回のもういっぽん!【第48話】が掲載される週刊少年チャンピオン45号は、10月10日に発売されます。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む