週刊少年チャンピオン

もういっぽん!【第44話】行き先のネタバレ!未知VS小田桐の試合に決着

2019年9月12日発売、週刊少年チャンピオン41号のもういっぽん!【第44話】行き先のネタバレや感想をまとめました。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法は?

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む

【前回のあらすじ】

金鷲旗3回戦、優勝候補の立川学園に挑む青西柔道部。先鋒の未知は2回戦で5人抜きをした立川学園の1年生・小田桐を相手に「左組のフリをする」作戦を仕掛けました。

もういっぽん!【第44話】行き先のネタバレ

未知は自分の組手に持ち込むと、小田桐に会心の背負い投げを仕掛けました。

その瞬間、いける!!!と確信する未知。

パワーもスピードも間合いも今未知にできる100%を出して、完璧に背負い投げを決めたと感じました。

しかし小田桐は投げられる前に素早く未知を抑え込んで、背負い投げを回避。

未知に向かって「ムダ多っ」という小田桐。

この作戦は夏目が未知に教えた隙を作りだすための1度きりのチャンスでした。

しかし早苗は未知に「まだいける!!」と言います。

夏目は、まだ襟も袖もつかんでいるから、そこから回せと未知に向かって叫びました。

相手が強大なほど燃える未知。そんな未知の最高を超えた相手を、さらに超えろ!!と願いながら夏目は見守ります。

未知は抑え込む小田桐に、再び背負い投げを試みました。

そんな未知に声援を送る仲間たち。

必死に小田桐の体を持ち上げようとする未知に、無駄だよ諦めなという小田桐ですが、その声をかき消すように観客席から「みっちゃん!!イケるばい!!」と幸が声援を送りました。

そして夏目は未知に心の中で語り掛けました。

 

キミの進む道には自然と仲間が集まる。

君はその声を100%以上の力に変える!!

誰にも負けない黄金の才能だ!!

 

未知はついに抑え込む小田桐の体を持ち上げ、小田桐はバランスを崩しました。

獲る!!と気合いを入れた瞬間、未知は小田桐の体を勢いよくひっくり返します。

「一本みちいいいい!!」と叫ぶ仲間たち。

2人の体は転がり、審判が技ありとコールしました。

歓喜に沸く仲間たちですが喜んだのも束の間、小田桐は未知をそのまま関節技に持ち込み、締め上げました。

苦しそうな未知。

早苗は真剣勝負で関節技をされるのが初めてで、どうしようと動揺します。

一方立川学園の選手たちはいたって冷静で、小田桐はすぐ油断するから、あとでお説教しようと話しています。

小田桐は、本当に怖いのは実力以上の結果を出してくる選手だと監督の犬威に忠告されたことを思い出し、説教長いのは嫌だから、これ以上は技を出させないと考えていました。

すると未知は体を回転させ、強引に小田桐の関節技をすり抜けました。

未知の関節の柔らかさに驚く立川学園の選手たち。

しかし小田桐はもう一度未知に関節技を仕掛けました。

今度こそ極まるかと思いきや、未知は再び体を回転させて強引に関節技を回避。

小田桐は、何この子と驚きながらも、ねじ伏せ甲斐はあると再度未知に関節技を仕掛けます。

今度は小田桐が未知の足を片手でしっかり持っているため、回転して回避することはできません。

苦しそうにうめき声を上げる未知に、参ったと言わなければポキッといくよ、と脅す小田桐。

腕が折れそうで見てられない様子の早苗と、もう一回くるっと回って回避しろという安奈。

すると夏目は未知に、無理をするな!諦めていい!!と叫びました。

しかし、まだ嫌だとジタバタする未知。

小田桐はそんな未知にマジでやるよ、タップしろ!と言います。

未知の心の中は、まだあきらめたくないという気持ちでいっぱいでした。

こんな強い相手と戦えて・・・ポイントもとれた・・・

もっと戦いたい・・・一本をとってみたい・・・まだ終わらせたくない。

そんな未知の気持ちを察した早苗は、まだだよ!!まだおしまいじゃない!!最後じゃない!!と叫びました。

その瞬間、未知の脳裏に柔道は今日で卒業だと言っていた中学時代の記憶が蘇ります。

引退だと決めていた中学最後の試合で負けた悔しい思い出もありましたが、今はあの時とは違い、最後ではありません。

(みんなと戦う未来がある)

未知は必死で叫ぶ仲間たちを見つめました。

そして夏目の表情を見て何かを感じ取った未知は、小田桐の体を叩いて「まいった~!!」と降参します。

審判は「一本!!」とコール。

その瞬間、早苗たちは安堵した表情に変わります。

床に倒れたまま呆然とする未知に小田桐は、真の実力差ってのは簡単に覆らないと言います。

しかし未知はそんな小田桐の言葉を遮って「く~っそう!!」と飛び起きました。

急に飛び上がった未知に、驚いてのけぞる小田桐。

すると未知は「険しいぜ!!一本道!」と叫んで悔しがるのでした。

もういっぽん!【第44話】行き先の感想

やはり簡単には勝たせてくれませんでしたね。

負けても悲壮感はなく、前向きな未知が未知らしくて良かったです。

次は早苗と小田桐の対戦ですが、どのような展開になるのか楽しみですね!

次回のもういっぽん!【第45話】が掲載される週刊少年チャンピオン42号は、9月19日に発売されます。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む