週刊少年チャンピオン

もういっぽん!【第39話】山々のネタバレ!2回戦突破!

6545487481818484 - もういっぽん!【第39話】山々のネタバレ!2回戦突破!

2019年8月1日発売、週刊少年チャンピオン35号のもういっぽん!【第39話】山々のネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

全国大会「金鷲旗」2回戦。後輩たちの力を得た中堅・姫野は、強敵・堂本に気持ちで勝り、一本勝ちを決めました。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法は?

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む

もういっぽん!【第39話】山々のネタバレ

ポイントゲッターの堂本を撃破した姫野は、次の対戦相手である副将の里山と引き分けになりました。

姫野の戦いを見守った未知たちは飛び上がって喜びます。

姫野は「全員抜いても良かったんだけど、エースの体がなまるとまずいしね。」と永遠の手にタッチしました。

それを見て「かっけえ!!」と興奮する未知。

早苗と安奈が姫野を褒めると、姫野は「何言ってんの。頼れる後輩たちのおかげ!」と2人を抱きしめます。

「早苗ちゃんの粘りとナグの情報。あれなかったらマジでやばかったよ。」

そんな姫野の言葉に泣き始める早苗。

すると夏目は「それだけじゃない」と姫野に言います。

「二連戦を闘い抜けたのは、姫野自身の力だよ。退部後もずっと続けていた走り込みで、維持していたスタミナがあってこそだ。」

そんな夏目の言葉に姫野が「先生との出稽古の成果も」と付け加えると、「・・・ああ、みんなの合わせ技だ。」と夏目は笑顔で返しました。

 

そして最後の対決は青葉西の副将・氷浦永遠VS錦山の大将・小出寧々です。

帯を締めなおして気を引き締める永遠に対し、相手の小出は緊張の面持ち。

そんな小出を見ながら、誰かさんみたいにビビってるとニヤつく未知。

しかし早苗は錦山のチームメイトが、余裕の表情を見せていることに気づきます。

すると安奈が小出はインターハイ山口予選の団体で、チームで唯一全試合一本勝ちしていると話始めます。

その衝撃の事実に声を揃えて「え!?」と驚く未知と早苗と姫野。

「発掘した動画じゃ小さくてわかりにくかったけど・・・あの子・・・”はじめ”の合図で豹変するぽい。」

そんな安奈の言葉通り「はじめ!!」の合図と共に、表情を一変させた小出は「っしゃ!!」と声を出しながら、勢いよく永遠に向かっていきます。

するといきなり背負い投げの体勢になる小出。

永遠は投げられそうになりますが、ギリギリ不発に終わりました。

未知と早苗は小林の素早い攻めに激しく動揺。

「力」の3年生ポイントゲッターと、「スピード」の2年生エースが錦山の二枚看板だと説明する安奈に、「何で先に言っとかねんだバカタレ~!」と詰め寄る未知。

「山場を一か所に絞ったことでみんな集中できたでしょ」と安奈は言いますが、「最後にもう一か所おおお」と小出を指さしながら未知は動揺します。

しかし冷静に「大丈夫。超えるっしょ、あいつなら。」という安奈。

その言葉通り、勢いよく向かってくる相手に永遠は、巴投げを食らわせました。

「一本!」と審判が手を上げ、会場がわきます。

「豹変すんのはこっちのエースも一緒だしね。」という安奈。

負けた錦山の選手たちは落胆し、堂本も涙目で唇をかみしめます。

そしてそれぞれの選手が一列に並び、礼をして、2回戦は終わりました。

 

その後、未知たちは会場の隅で休憩をとります。

「最後まで気ぃ抜けない大接戦。さすがに疲れたね~。」と充実の表情で話す未知。

永遠は「でも・・・楽しかった。チームの総力戦って感じで。」と嬉しそうに話します。

「てかてか、2回戦突破でインターハイ予選越えたね。」

「言ったでしょ。この神堂、南雲安奈が加わったら次は2回戦なんかで終わらせないって。」

「次こそ私も勝ちたいなあ。」

「悪いけど早苗!今度こそネオ園田が5人抜きすっから。次は出番ないよ。」

そんなやり取りをする未知たちを、微笑みながら見つめる姫野。

そんな中、他の学校の柔道部員が集まって、ある試合を見て盛り上がっています。

柔道部の女の子たちが「すっご~」「5人抜くのに1分かかっとらんのちゃう?」と会話しているのが耳に入り、驚く未知。

「1分・・・?なにそれ。1人当たり20秒で勝ってるってこと?やばくない?」という未知に早苗が「12秒だよ、未知。」と訂正します。

その強豪校の名は、立川学園。

東京の学校の優勝候補です。

これだけ圧倒的強さを見せながらもベストメンバーではないという噂話を聞きながら、「ほんとの正念場だよ」と未知に話す夏目。

「あれが次の相手だ」と早苗は言います。

「覚悟はいい?」

そんな夏目の言葉に、未知は目を輝かせるのでした。

もういっぽん!【第39話】山々の感想

最後はあっという間に、永遠の一本勝ちで無事2回戦突破しました。

しかし次は優勝候補の立川学園ということで、かなり厳しい戦いになりそうですね。

どんな試合展開になるのか、とても楽しみです!

次回のもういっぽん!【第40話】が掲載される週刊少年チャンピオン36号は、8月8日に発売されます。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む