週刊少年チャンピオン

もういっぽん!【第31話】未知の世界のネタバレ!未知の背負い投げが炸裂!

68468464641864 - もういっぽん!【第31話】未知の世界のネタバレ!未知の背負い投げが炸裂!

2019年6月6日発売の週刊少年チャンピオン27号、もういっぽん!【第31話】未知の世界を読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

勝ち抜き制の全国大会「金鷲旗」に出場するため、福岡に降り立った未知たち。試合が始める前の日、未知は初めての試合で、自分より大きな相手から一本をとった日の夢を見ました。

そして霞ヶ丘高校と健闘を誓い合い、いよいよ試合が始まります。初戦の未知の相手はバスへ道案内してくれたことをきっかけに仲良くなった青葉西高校の湊幸です。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法は?

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む

もういっぽん!【第31話】未知の世界のネタバレ

「勝負だ、さっちゃん!!」

「望むところばい、みっちゃん!!」

向かい合って構える未知と幸。

「博多南高校1年、湊幸。先月のインターハイ福岡予選個人戦70キロ級3位。」

安奈は幸のデータを読み上げます。

レベルの高い福岡で、3位なのかと驚く一同。

姫野は未知に余計な情報入れずに伸び伸びやってほしいから、知らないまま戦ってよかったかもと言いますが、「教えましたよ」という安奈。

「そのほうがあいつは楽しいかなって。」

一方試合中の未知は、一回り大きな幸に上から奥襟をつかまれます。

(さすが福岡3位・・・すごい圧力・・・。)

未知は幸の圧力に押されながらも、初めて試合をした日に兄から言われた「でかくて強い相手ぶん投げたら、超気持ちいいんだぞ」という言葉を思い出していました。

「未知さんがんばれ~!!」と、永遠が叫びます。

試合前に見た「夢の続きを、もう一度見たい」と気合いの入った表情に変わる未知。

「おりゃああ!!」

未知はそのまま幸を背負い投げする体勢に入りますが、簡単に決まるわけもありません。

逆に幸に技をかけられそうになり、未知は一歩引きます。

しかしすかさず幸は「やあっ!」と、未知につかみかかり”技あり”をとりました。

「く~何もさせてもらえないままソッコーリードされた・・・。」

「ゆ・・・夢が・・・夢が・・・。」

「交代すんぞ園田!」

「やっぱり強・・・。」

姫野たちがそれぞれ焦りの表情を見せる中、未知は「やっぱ強!!!さっすが全国大会!!」と嬉しそうに叫びます。

「私語は慎みなさい。指導!」と審判に注意され、謝る未知。

幸は驚いたような表情を見せた後、笑みを浮かべました。

「よおおおし、こおおおい!」

気合いの入った元気な未知の声に、キョトンとしていた姫野たちも「まだまだこれから!!」と未知に声援を送ります。

未知は幸と組み合いながら、今まで以上の迫力や怖さを実感していました。

それと同時に仲間の頼もしさも感じる未知。

(重み、スピード、痛み、息遣い、音、リズム、空気、全部・・・全部今までで一番。こんな大舞台だからかな。ドキドキするよ。今までで一番。)

そんな中、青葉西高校の2人も幸に声援を送ります。

「幸ファイト~!!」

「さっちーがんばれ。」

幸は組み合いながら、「何でやろ・・・勝ちたか・・・今までで一番。」と未知に言います。

そんな幸の言葉を聞いて、未知は早苗が試合前に言っていた「もしかしたら私たちと似てるのかもしれないね。」という言葉を思い出しました。

すると青葉西高校の梅原が、

「奥襟おさえたら相手は何もできない!このまま一気に決めちゃえ!」

と叫びました。

「おお!!」と返事をする幸。

未知は、以前緑子に奥襟をつかまれた時の対策方法を教わっていました。

「合い四つの相手に奥襟をおさえつけられて外せないなら、技をかけにくくても持たれたまま、かけるしかないだろ?そのコツ。

無理に顔を上げて抗わず、頭は下げたまま、引き手は肘より上をつかんで。」

その言葉通り、未知は頭を下げて、引き手は幸の肘より上をつかみます。

そして前足は飛び込まず、滑らせるように出し、後ろ足は大きく振り子の要領で。

正面への回転ではなく、横回転をイメージして相手の右斜め前へと、未知は幸を投げました。

幸の大きな体が持ち上がり、くるっと回転して、床に叩きつけられます。

頭の中に「お前もやってみっか、柔道。気持ちいいぞ。」という兄の言葉が蘇る未知。

見事幸から一本をとった未知は、飛び上がってガッツポーズをしました。

もういっぽん!【第31話】未知の世界の感想

見事に背負い投げで、先鋒の未知が勝利しました。

どれだけプレッシャーを感じても、柔道を楽しむ未知の表情がとても良いですね。

次鋒の早苗は勝つことが出来るでしょうか?

次の試合も楽しみです!

次回のもういっぽん!【第32話】が掲載される週刊少年チャンピオン28号の発売日は6月13日になります。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む