週刊少年チャンピオン

もういっぽん!【第30話】埼玉拳のネタバレ!未知が初めて背負い投げした日

846416516548416 - もういっぽん!【第30話】埼玉拳のネタバレ!未知が初めて背負い投げした日

2019年5月30日発売の週刊少年チャンピオン26号、もういっぽん!【第30話】埼玉拳を読んだので、ネタバレや感想をまとめました。

【前回のあらすじ】

全国大会「金鷲旗」に出場するため福岡に降り立った青西柔道部。一回戦の対戦相手は博多南高校で5年ぶりに柔道部が復活し、特別な思いでこの大会に臨んでいました。

そして未知たちのオーダーは、先鋒が未知、次鋒は早苗、中堅は姫野、最後の副将が永遠に決まりました。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法は?

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む

もういっぽん!【第30話】埼玉拳のネタバレ

まだ幼い頃の未知は、兄と共に柔道を行っていました。

兄を背負い投げし、「兄ちゃんがいうほど気持ちよくないんだけど。」という未知。

「まだ始めて1週間だろお前。下手くそだからだよ、バカ。」

兄にそう言われ未知はムッとします。

その後も未知は、柔道教室で一生懸命練習を行いました。

未知の初めての試合では、体の大きな男の子を相手にしました。

大きな男の子に苦戦しながら「くっそ~なんでよりによってはじめての試合の相手が、こんなでっかくて強い子なんだよ!」とぼやく未知。

すると外野から見ていた兄が「そーゆー相手ぶん投げたら、超気持ちいいんだぞ。初試合でそれって超ラッキーじゃねえか。」と未知に声を掛けます。

そんな兄の応援にやる気を出した未知は、勢いよく相手につかみかかり、背負い投げを試みました。

失敗しながら、何度も技をかけ、ついに男の子を背負い投げすることに成功した未知。

 

未知はその時の夢を見ながら、寝言を言っています。

「園田!いつまで寝てんだ!」

「今日は絶対遅刻できないよ~。」

安奈と早苗に起こされ、「もう!いいとこだったのに!」と寝ぼけながら起き上がる未知。

「どうせとんこつラーメン食べまくる夢でも見てたんでしょ。」

と一同が突っ込みます。

 

一方金鷲旗の会場では、博多南のOBたちが声援を送っていました。

声援を受けて固くなるおかっぱ頭の女の子に声をかける顧問の先生。

「まあそんなに緊張するな梅原。OBの人たちもプレッシャーをかけたいわけじゃない。自分たちが作り上げた伝統の柔道部が復活してくれて、純粋に嬉しいんだよ。ちょっと気持ちが入り過ぎてる方もいるみたいだが。」

幸は「頑張ったら焼肉くらいおごってくれそうばい。」と梅原に明るく声を掛けます。

そんな幸に「あのおじさんたちとなんか行きとうなか。」と返す梅原。

 

一方緊張の面持ちで会場のトイレから出てきた亜実に、姫野が「相変わらずだな~アーミン。緊張しすぎ。」と声を掛けました。

「姫ちゃん!」と嬉しそうに言う亜実。

「昨日の夜のLINEも誤字多すぎ。なんだよ”あしたはばんがろう”って。」

「え~全然気づかなかった・・・。」

「中学んときから変わんね。」

「・・・姫ちゃんも相変わらず、久しぶりの試合なのに全然緊張しないみたいだね。私なんて・・・今度こそほんとに最後だからいつもよりもっと緊張するよ。」

「もっと楽しも。最後くらい勝っても負けても、気持ちよく楽しまなきゃ損。うちのムードメーカー見てたらそう思うんだ。」

そう言って姫野が指さす方向には、「埼玉ファイト~オオ!!」と青西柔道部と霧が丘柔道部のメンバーの中心で気合いを入れる未知の姿が。

「決勝まで勝ち上がれば、埼玉対決だね。ミドリコ師匠。」

という未知に、泥棒を弟子にした覚えはないと返す緑子。

一方恵梨佳は無言で永遠に拳を突き出しました。

永遠は恵梨佳の拳に自分の拳を合わせ、その拳に青葉西と霧が丘柔道部の全員が拳を重ねました。

そしてそれぞれ1回戦に備えて、散らばっていきます。

 

第8試合場では、青葉西高校と博多南高校が集合し、向かい合っていました。

青葉西が4人に対して、博多南は3人。

それぞれの人数を見て驚く一同。

「情けない試合したら交代すんぞ!道着交換して!」

と外野から呼びかける安奈。

礼をしながら「もしかしたら・・・私たちと似てるのかもしれないね。」と早苗がつぶやきます。

そして先鋒の未知と幸を残して、一同が散らばっていきました。

「さっちゃん!3人だからって容赦しないよ。」

「みっちゃん!4人抜いても恨みっこなしばい。」

すると永遠が後ろから、

「未知さん。私も・・・見てみたい。夢の続き。」

と未知に声を掛けました。

それを聞いて、前を向いて気合の入った表情で笑う未知。

「はじめ!!」

もういっぽん!【第30話】埼玉拳の感想

永遠と恵梨佳の言葉を交わさずにグータッチしたあと、みんなが拳を合わせる場面がとてもよかったですね。

そしていよいよ来週からは試合が始まるということで、どんな展開になるのか楽しみです!

次回のもういっぽん!【第31話】が掲載される週刊少年チャンピオン27号の発売日は6月6日になります。

もういっぽん!最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、もういっぽん!最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
もういっぽん!最新話を読む