ふたりの太星

ふたりの太星【第8話・居玉】ネタバレ! イズミの本気は目隠し将棋!?

IMG 0167 1280x720 - ふたりの太星【第8話・居玉】ネタバレ! イズミの本気は目隠し将棋!?

週刊少年ジャンプ31号(7月1日発売)、【ふたりの太星・第8話】のネタバレをまとめました。

※表記について

主人公の表記:昼の太星は【 太(たい) 】、夜の太星は【 星(せい) 】としています。

セリフと心情:セリフは「」、心情は『』となっています。

前回までのあらすじ

概要

主人公の天童太星は昼と夜で人格が変わる2重人格者です。

彼らはお互いに昼の人格を【太】、夜の人格を【星】と呼び分けていました。

久々に会った星の友達

昼夜逆転が戻らないまま【太】と【星】はそれぞれの時間を過ごしていました。

【太】は夜の観覧車で奏と昼間の様子を確認し、【星】は将棋のプロ試験で2連勝中でした。

その【星】は、本屋で自分の記事が書かれていることに浮かれていると、店員に声をかけられました。

その店員は半年前に夜の世界で出会った【イズミ】という友達でした。

【星】と【イズミ】は少し話しながら街を歩きましたが、二人とも用事があったため別れました。

【星】の用事は将棋のプロ試験第6局だったため、将棋会館に向かいました。

到着した【星】はエレベーターに乗って対局場の階へ向かうと、扉の空いた先には【イズミ】がいました。

【イズミ】は聴力に共感覚があり、【星】と以前に対局をしたことがある【太】は別人だと認識していました。
そのため、【星】が天童太星の双子の兄か弟だと勘違いしており、替え玉対局ならやめるようにと忠告してきました。

しかし、【星】は自分の心に嘘をつくまいと覚悟し、対局に臨むのでした。

ふたりの太星最新話を無料で読む方法は?

ふたりの太星最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ふたりの太星最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ふたりの太星最新話を読む

【第8話・居玉】のネタバレ

イズミの本気は・・・

対局場で向かいあう【イズミ】は目隠しをします。

星「・・・イズミ、それがお前の本気なんだよな?」

イズミ「さっきも言ったが俺の聴覚は共感覚だ、駒の音を聞けば何が指されたかわかる。心配するな、これが俺の100%だ。俺が出来る最高の将棋を保証するよ」

【イズミ】がそう言いましたが、【星】は納得せず言いました。

星「俺が何指したか間違えたらその目隠しとれ」

そう言いながら【星】は1手目を打ちます。

続けて【イズミ】も1手を打つと言いました。

イズミ「・・・角がぶつかり合ったな」

盤面では【イズミ】の言う通り、角がぶつかり合う盤面となっていたため【星】は目隠しが本気であることを悟りました。

すると【イズミ】が・・・

イズミ「駒の音ってどんな像(かたち)だと思う?駒によって違うんだけどさ、丸や四角といった幾何学模様なんだ。いい手ほどシンメトリーの綺麗な像(形)をしていてね、悪手だったり指す者に疑いや迷いがあったりすると像(かたち)が乱れていくんだ。」

と言います。また続けて・・・

イズミ「・・・でね、星が指したこの駒の音歪んでたよ。悪手ではないから星自身の心に問題があるんだ。自分が一番わかっているんじゃないのか?」

と言いました。

それに対して【星】は

星「・・・あぁわかってるさ、それでも俺は指さなくちゃいけねーんだ、天童太星としてよ」

と言って引きません。

その様子に【イズミ】は思いました。

イズミ『・・・自分でわかっているはずだ、星・・・
天童太星のために生きてもその人の為にはならない。
僕は今日、お前に勝つ。』

対局は進み・・・

将棋は相手の玉を取るものであると同時に、玉を守り抜くものでもあります。

玉を如何にして守れるか、駒一つ一つの働きを考慮して城のような形で陣形されたものを【囲い】と言います。

しかし、【星】の指し方は王将が初期位置から動いていない居玉と呼ばれる状態でした。

それに対して【イズミ】は無様な将棋で舐められているのではないかと、内心憤りました。

そのため、居玉を崩そうと躍起になって攻める手を次々に指していきました。

しかし、【星】はことごとく【イズミ】の攻めを防ぎつつ、さらに【イズミ】の予測をはるかに超える1手で戸惑わせます。

イズミ「・・・バカな!?なぜそんな手が見えた!?」

星「あぁ?んなの当たり前だろ?
―――王様は真ん中にデンといるもんさ、王様が逃げたり隠れたりしたら最悪

 王様はよ、真ん中にいる時が一番強ぇんだ

そう言って星は次の一手を指しました。

ふたりの太星【第8話・居玉】の感想

今週はイズミの勘違いと将棋の講義のようなお話しでしたね(*’▽’)

次週は決着といったところでしょうか!?

私個人としてはイズミは勘違いしていなければ良いヤツっぽいので、星が勝った後に事情を説明して和解してくれるといいな~って思ってます(‘ω’)ノ

では、また来週にお会いしましょう!

ふたりの太星、第9話は33号(7月15日発売)に掲載予定です。

ふたりの太星最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ふたりの太星最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
ふたりの太星最新話を読む