だんまち外伝ソード・オラトリア

だんまち外伝ソード・オラトリア【第58話】ネタバレ!<青空>

3a702ad43bc22fab0bf03fb2204f1609 - だんまち外伝ソード・オラトリア【第58話】ネタバレ!<青空>

2019年2月22日発売、月間ガンガンJOKER3月号のダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか外伝ソード・オラトリア【第58話】<青空>(ブルースカイ)を読んだのでネタバレ・感想をまとめました。

だんまち外伝ソード・オラトリア【第58話】<青空>のネタバレ

ティオネ・ヒリュテはバーチェ・カリフと死闘を繰り広げています。

バーチェはティオネに向かって

「まだ強くなるかティオネ!私を殺すか!?それもいい!!私の血はお前の肉に溶けともに生き続ける!!今日まで私が喰らってきた戦士も一緒だ!みなで闘争の果てに辿り着く!!」

バーチェはティオネに殴られながらも不気味に笑います。
殴っても殴っても黙らないバーチェにティオネはうるせぇ!を連発し怒りをあらわにします。

一方、ティオナ・ヒリュテはアルガナ・カリフと戦闘中です。防御の体制を崩すことのなかったティオナでしたが、一撃必殺は無理だと判断し攻撃に身を転じました。

アルガナの毒を真正面から受けようとするティオナに正気を疑います。

アルガナ「まだわからないのか!?触れるだけで肉が腐り落ちるこの痛みが!恐怖が!!」

ティオナ「怖がらないって…笑うって決めたんだ!怖くても、痛くても、みんな笑い飛ばしてやるんだって!!笑えない誰かの分まであたしが!」

アルガナはそんなティオナの言葉を否定します。

「できるものか!!私はいつだって恐怖していた、死にたくない…!死にたくないから!

アルガナはそこまで言うとある違和感に気づきます。ティオナに攻撃が当たらなくなっていたのです。

そう、ティオナは瀕死になるほど能力値が上昇するスキルを使ってわざとアルガナの毒を受けていました。

その事実に気づいたアルガナは驚愕します。何故恐怖を感じないのか。

「バーチェだって怖くないよ!!だってあたしバカだから!!
みんな、みんな、みんな、笑って吹き飛ばす! もう止まんないからねー!!」

ティオナは笑顔でそういい、何発も、何百発ものパンチをアルガナに叩き込みます。

ティオナに殴られ、意識が朦朧とする中アルガナは思い出します。ティオナのそばにいる時だけ恐怖を忘れさせてくれていたことを。

ティオナはアルガナに勝利しました。

それを見ていたアマゾネスたちは勝利したティオナに、『汝こそ真の戦士』(ゼ・ウィーガ)と拍手を送りました。

戦いを見ていたカーリーも祝福の言葉をティオナに投げかけます。

カーリー「見事だティオナ、お主が『儀式』の勝者じゃ。敗者を殺し『儀式』を完遂せよ
かつてのお主たちがやって来た通りにするのじゃ」

カーリーは昔ティオナたちにさせていた事をまたさせようとしますが、ティオナは笑顔で「やだ」と答え拒否します。

ティオナ「もうあたしは『戦士』じゃないから、あたしもティオネも冒険者だから!
だからもう殺さないよカーリー」

カーリーはティオナの言葉を聞き、丸め込むのは無理だと判断し、闘国(テルスキュラ)へ無理やり連れて帰ろうとします。

そこへタイミングよくアイズ・ヴァレンシュタインが壁を壊して派手に登場します。

ティオナ「あたし達はもう2人ぼっちじゃない!仲間ができたんだ」

突然のアイズの襲撃に戸惑うカーリー、慌てて神威を発動しアイズの身体の自由を奪おうとするが、後ろから出てきたロキにドロップキックをされ阻止されます。

ロキ「ケンカを売る相手を間違えたなぁこのダァホゥ」

カーリーの後頭部を足で押さえつけながら、ロキは怒りの表情を隠そうとしないまま、カーリーを見下します。

しかしカーリーは不敵に笑います。

「…だがティオネは手遅れじゃ、殺るにしろ、殺られるにしろもう決着が着く頃じゃ あやつの命は妾がもらう」

そんな事を言うカーリーにロキはそれも解決済みだと話します。驚くカーリーにロキは

「一番強い騎士様が助けに行ったわ」

と、告げます

フィン・ディムナがティオネにそこまでにするんだと言います。ティオネは驚き、怒りが収まります。

フィンにどうやってここまで来たのか尋ねると船の横に氷の橋ができていました。リヴェリア・リヨス・アールヴの魔法【ヴィン・フィン・ブルヴェトル】です。

フィンはバーチェに向かって

フィン「言葉が通じるかはわからないけれど一応言っておこう
ここで手打ちとしないかテルスキュラの戦士たち」

その言葉を聞きティオネは邪魔をしないでくれとフィンに懇願します。

ティオネ「アルガナはそいつは私が倒します!私がやらなきゃティオナが、アイズ達がっ…
そいつらはずっと【ファミリア】に付きまとってくる!!」

フィン「ティオネ、いつから僕達は君に守られなくてはならないほど脆弱になった?」

その言葉を聞きティオネは言葉を失います。

フィン「君をそうまで駆り立てた執着は意地か?それとも私情?私怨だったらよく振り回してくれたなと言っておこう。」

ティオネは愛する人に軽蔑されてしまったと身体を震わせ目に涙を貯めます。

フィンは

「その上で言わせてもらうが。

…まったくいつもは押してくるばかりのくせにこんな時だけ引いてきて
いつからそんな駆け引きを覚えたんだい?」

ティオネは思わず顔を上げます。

フィン「あんまり心配をかけさせないでくれティオネ 無事で良かったよ」

フィンの言葉に涙し、いつものティオネに戻ります。

するとそれを聞いていたバーチェはこんな茶番で終わらせるものかと激怒します。

するとフィンはティオネの変わりに『儀式』をすると提案する、自分が勝ったら二度とティオネ達には近づくなとの交渉付きです。

フィン「約束を破ったら君達の国を潰しに行く」

その言葉を聞きバーチェは激情します。小人族に、ましてや男にそんな事を言われるのは屈辱的です。しかも、フィンは礼儀に則りバーチェが限界に近いからと左手は使わないと宣言します。

さらに激怒するバーチェにフィンはスキル【ヘル・フィネガス】を使い、一発でバーチェを殴り飛ばし、勝利します。

ティオネとフィンは無事に港へとたどり着きロキ・ファミリアの団員達との再会を喜びます。

ティオナ「あたしはバーチェに勝ったよ 誰も死んでないし殺してない どうだ!」

ティオネ「ありがとうティオナ ずっと助けてくれて」

ティオナ「うん」

笑顔でティオネに手を広げるティオナに涙を浮かべながらも笑顔をみせるティオネ。

ちょうどその瞬間夜が明け空を見上げると、雲一つ無い青空が広がっていました。

だんまち外伝ソード・オラトリア【第58話】<青空>の感想

実はソード・オラトリアを漫画で読むのは初めてだったのですが、漫画もまた動きがあって面白かったです!

小説で既に読んでいたシーンだったにも関わらず、フィンとティオネのやり取りのシーンはこの記事を書いている間も涙を流していました。

団長やっぱりカッコイイですね!ティオネがあんなにゾッコン・ラブになる理由がわかる回でした!

トラウマだったテルスキュラの思い出を見事に乗り越えたティオネとティオナの活躍を今後も楽しみにしていきたいですね!

次回のダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか外伝ソード・オラトリア【第59話】が掲載される月間ガンガンJOKER4号の発売日は3月22日になります。