きっと愛だから、いらない

きっと愛だから、いらない【第43話】ネタバレ!誓い合った二人

2019年10月19日発売、Sho-comi22号 きっと愛だから、いらない【第43話】ネタバレや感想をまとめました。

きっと愛だから、いらない最新話を無料で読む方法は?

きっと愛だから、いらない最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、きっと愛だから、いらない最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
きっと愛だから、いらない最新話を読む

前回のあらすじ

小さな会場だけど、出番はラストで2曲歌える「湘南のさくらまつり」でのデビューを鮫島プロデューサーは用意してくれました。

円花も今日のことは絶対忘れないよう頭に叩き込むと大張り切りですが、結愛が感動は胸を叩いてここで覚えるのよと笑顔で言います。

円花は心に刻むなら頭の中の記憶が無くなっても覚えておけると、新たに希望が沸いてきました。

大好きな光汰の手が円花を導き、手を取った瞬間、心が高鳴りました。

頭より心の音が聴こえる。

円花は確信に変わり皆が教えてくれた胸が高鳴る感動を病気なんかに台無しにされたくないと強く思います。

きっと愛だから、いらない【第43話】ネタバレ

デビューライブ

感動を心に刻むんだと誓い、円花は大切な人に初めてもらった曲を歌います。

鮫島プロデューサーが用意してくれた湘南の会場でラズライトがデビューを果たしました。

飛び入りだけど、ラスト2曲を任され、歌詞にこめられたこの想いを皆に届け、私も胸にいつまでも輝く宝物として持ち続けて忘れない、だから大丈夫、怖くないと円花は歌います。

会場の皆の嬉しそうな顔、熱い声援、光汰を初めメンバーの演奏、この景色を私の心は抱きしめている、この感情は忘れたりしないと円花は強く思います。

ラズライトを派手に売り出さない鮫島にあなたらしくないと言う人がいましたが、鮫島は円花は可哀想なヒロインにはなりたくないんだよと言います。

歌を通して皆に伝えたいことは、今が大切なんだから、今を大切にして、今持っている力を全部出し切って、今を楽しんでと言いたいんだよと、鮫島は円花の気持ちがわかっているプロデューサーなのです。

会場はアンコールの声が鳴り響いています。

湘南の海岸で

ライブが終わった後、打ち上げを抜け出して、円花と光汰は湘南の海を散歩しています。

出会った頃は素直でなかった円花も今では包み隠さず光汰に気持ちをストレートに話すことができます。

そんな円花を光汰はとても可愛く思い、月夜の波の音とともにロマンティックな海岸デートになっています。

海で少し服が濡れたので、乾かす場所はないかと見渡すと、小さな教会がありました。

中に入ってみると、とても綺麗で素敵な雰囲気です。

誓い合った二人

円花は背中に羽織っていた薄いストールを頭に乗せて、ベールみたいでしょうと言いながら光汰を見つめると、まるで本当の結婚式に思えてきました。

光汰は円花の手を取り、高宮円花を一生涯にわたり愛し続けることを誓いますと言って、円花の左の指にリングをはめてくれました。

まだ16歳だけど、18歳になったら結婚してくださいと光汰は円花にプロポーズしました。

円花は嬉しさで胸がふるえることを実感し、即、返事をしました。

私も誓います。

手術の日

いよいよ手術が始まります。

私、高宮円花は吉良光汰の愛を忘れません。

きっと愛だから、いらない【第43話】感想

念願のデビューライブも成功に終わり、ロマンチックな夜も過ごすことができました。

いよいよ手術。成功するといいですね!

頭の記憶が無くなったとしても命がある方が大事で、心に刻んだ記憶と手に残っている感触、感動した歌は感覚として憶えていると思うし、これからの人生の方が長いので、幸せな想い出をまた積み上げればいいと思います。

次回は最終回、11月5日(火)発売です。

きっと愛だから、いらない最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、きっと愛だから、いらない最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
きっと愛だから、いらない最新話を読む