Sho-Comi

きっと愛だから、いらない【第35話】盗まれた新曲…それでもラズライトはめげずに自分たちの曲としてライブに挑みました!!

2019y06m06d 223719884 - きっと愛だから、いらない【第35話】盗まれた新曲…それでもラズライトはめげずに自分たちの曲としてライブに挑みました!!

2019年6月5日発売のSho-Comi13号、きっと愛だからいらない【第35話】を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

前回までのあらすじ

3日後にライブを控えたラズライトにプロデューサーの鮫島は、新曲を作れと言いました。

本番までの日にちが無い中で、ラズライトが歌う『ラズライト』は、円花に合わないと見抜かれていたのです。

『ラズライト』はさくらがいた頃に、さくらに合わせて作られた曲だから円花が歌った時に歌い難い箇所があるのも仕方ないと光汰は言います。

そこで、光汰も円花のいるラズライトの為に曲を書きたいと言ってくれました。

光汰の思いが嬉しくて、協力を申し出た円花は、光汰に自分のことをちいさなことからポツポツ伝えていきました。

「じゃあ、今一番好きな人は?」

恥ずかしくて言葉に出せなかった窓は、光汰の背中に指で思いをなぞりました。

けれど、それだけでは足りなくなった円花は、光汰の背中に抱き付いて、自分がどんどん欲張りになっていると言いました。

病気も治ってほしい…そんな願いを光汰に打ち明け、2人がきずなを深めながらできた新曲で、ライブに挑むことになりました。

ラズライトの前にステージを務める先輩バンドのシリウスは、最後の曲に差し掛かり、円花たちもステージ袖で自分たちの出番を待っていました。

そして、始まったシリウスの曲を聞いて驚きます!!

なんとその曲は円花たちラズライトが用意していた新曲だったのです!!

シリウスは、ラズライトへの妬みから、新曲を盗んで、自分たちのアレンジにしてライブでラズライトより先に発表してしまったのでした!!

きっと愛だから、いらない最新話を無料で読む方法は?

きっと愛だから、いらない最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、きっと愛だから、いらない最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
きっと愛だから、いらない最新話を読む

きっと愛だからいらない【第35話】のネタバレ!

ラズライトの新曲は光汰が円花のいる『ラズライト』の為に作った新曲です。

それを盗作されたショックは、計り知れないものがあります。

けれど、ラズライトはそのままで終わるバンドでも、この新曲に掛ける思いも全く違います!

それは、プロデューサーの鮫島も曲を盗まれたと知って、全てを分かった上で、更に面白いものが見れるかもしれないと敢えて何も対処を取らず、ラズライトのメンバーに委ねました。

盗まれた新曲を、他人に歌われたショックから、泣いてしまったのではと円花を見た光汰は、まっすぐにステージ上で歌うしりうすの表情を見る円花がいました。

それは、光汰でも背筋が凍るような冷たい表情で、円花は同じ曲をやるのはやっぱりまずいのかと尋ねます。

シリウスは熱狂的なファンが多く、ただでさせこのライブでは邪魔だと思われても仕方ないポジショニングでの出演です。

メンバーはスタンバイの声を受けると、意を決めてステージに立ちました!

シリウス以外興味ないと言った観客にも、突然スポットライトを浴びて現れたウサギ光汰がパチンとウィンク一つすれば、観客は咄嗟に魅了されステージに釘付けになります!

こんにちは!ラズライトです!!──────

挨拶の後、披露する曲は、前にシリウスが演奏した同じ曲…

シリウスを出せと言う声に耳を貸すことなく、円花は、ラズライトは演奏し続けました。

次第に、円花が歌うこの曲こそが、本当に今の『ラズライト』の曲で、円花が歌うべくして書かれた曲であると誰もが理解していきます。

ライブ後、シリウスはラズライトを盛り上げるために急遽ラズライトの曲を歌ったとMCで言ったことにより、この盗作騒ぎは事なきを得ました。

深く反省した様子のシリウスのメンバーを許したラズライトでしたが、円花は一人許さないと言いました。

誤るのは自分たちではなく、シリウスの歌を聴きに来てくれている人達であり、一秒でも長くシリウスの曲をその人達へ届ける事だと円花は言います。

次のライブもまた同じ人たちが同じように来てくれるとは限らない、自身の病気も含めて、シリウスのメンバーに伝えました。

シリウスのメンバーはそれを聞いて、やっぱりまじめにやっていくと決意を固めると、悪だくみを依頼した別のプロデューサーへも、やっぱり鮫島の元で頑張ると連絡を入れました。

けれど、彼の本命は円花にありました。

ライブ後、会場から引き揚げようと車が出る直前、円花はポーチを忘れたことに気付いて戻って行きました。

光汰は付いていくと言いましたが、すぐだからと言って円花は一人で戻って行きました。

楽屋に取り残されたポーチを見つけた円花はホッとして、光汰たちのまつ車へ戻ろうとしました。

けれど、その瞬間、円花は戻る出口が分からなくなってしまいました。

病気の影響であることはすぐに円花にも分かりました。

ですが、病気でなくても道側からなくなる人はいるだろうと、出会った誰かに道を尋ねる事を円花はすぐに思い付きました。

そして、最初に出会った青年に、道を尋ねようとした円花ですが、途端にとを取られ、引き寄せられると、

「つかまえたよ、高宮円花ちゃん」

見ず知らずの男性に、呼び止められた円花!

移動者で円花の帰りを待つ光汰は気が気ではありません。

きっと愛だからいらない【第35話】の感想

シリウスによる盗作騒動は、どうなることかと思いきや、まさか同じ曲を披露して、先に披露したシリウスよりも自分たちの曲だと知らしめたラズライトの力には圧巻です!!

けれども、円花の体をむしばむ病魔は待ってくれません。

物忘れという症状も、こうして円花を苦しめていきます。

そして、不可抗力で出会ってしまった彼は、明らかに円花個人を狙っています!!

円花は彼から逃れることができるのか、光汰は円花に危機が迫る中で助けることができるのか…

音楽プロデューサーであろう円花に迫る彼のことも気になりつつ、次回からの転移を楽しみに待ちたいと思います。

次回のきっと愛だからいらない【第36話】が掲載されるSho-Comi14号の発売日は6月20日になります。

きっと愛だから、いらない最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、きっと愛だから、いらない最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
きっと愛だから、いらない最新話を読む