Sho-Comi

きっと愛だから、いらない【第29話】のネタバレ!乗り越えた二人の想いはより強く…!!

2019y03m06d 201142916 627x720 - きっと愛だから、いらない【第29話】のネタバレ!乗り越えた二人の想いはより強く…!!

2019年3月4日発売のSho-Comi7号、きっと愛だから、いらない【第29話】を読んだので、あらすじ・ネタバレ・感想をまとめました。

前回までのあらすじ

お互いを思い合うばかりにすれ違ってしまった円花と光汰。

思わず光汰から逃げてしまった円花に、光汰は思いの全てをぶつけました。

円花もまた、もっと光汰と一緒に居たい気持ちや、自分が死んでしまう事で光汰を傷つけてしまう事を打ち明けます。

けれど、光汰は円花をあきらめるよりも傷つく方がいいと答えました。

そして、円花も自分の人生をあきらめたくないと、ふつうの女の子として光汰と恋がしたいと伝え、二人は気持ちを確かめ合いました。

お互いの気持ちを知った二人は前よりも強く繋がり、ラズライトとしても進んでいくことを決めるのでした。

きっと愛だから、いらない【第29話】のネタバレ

たとえかなしい未来が待っていたとしても一生分の恋をすると誓い合った円花と光汰は、二人で病院を訪ね、円花の気を付けることなどを確認しました。

もう逃げないと決めた二人は、その足で円花の家に向かいます。

そして、円花の母に分かれずに付き合っていくことを告げました。

本当にそれでいいのかと問いかける円花の母に、

「はい、もう迷いはありません!」

光汰は真っすぐに答えました。

そして、病気を知った時は戸惑った事も含め、それでも円花を想う気持ちを素直に伝えます。

「もしもこの先オレが100年生きても」

「それが高宮と過ごす1年よりすばらしいとは思えません」

光汰は、命の短さで否定なんかできないと言い、円花の一生に自分が寄り添いたい気持ちを大切にしたいと訴えました。

「オレに円花さんを守らせてください!!」

その言葉を聞いた円花の母は徐に席を立ち、円花は慌てて母を止めようとしましたが、

「ありがとう吉良くん」

「円花をよろしくおねがいします」

円花の母は光汰の手を取って涙を浮かべて喜びました。

そして、円花をギュッと抱き締め、円花の前ではもう泣かないと決めていたけれど、今日だけはごめんねと涙をこぼしました。

「ありがとう」

「お母さん」

ずっと守りたいと想ってきてくれた母に、円花も感謝を伝えました。

夜、夜更かしをしなければ電話をしていいと、母から許しを貰った円花は、早速光汰と話していました。

毎日かけるという光汰に、円花はまた嬉しくなります。

ずっと反対されていた猫を飼うことも許して貰えたようで、円花の膝の上で気持ちよさそうに丸まっていました。

クリスマスデートにどこへ行くのか尋ねる円花に、光汰はまだヒミツだと言って教えてくれません。

「そーだなぁじゃあ」

「高宮が夢の中まで会いにきてくれたら教えてあげる」

日は変わって、円花と光汰が扉を開けると、そこにはバルーンでデコレーションされた中に『祝ラズライトデビュー』の文字がありました。

結愛が一人で用意したと言うラズライトデビューパーティー!

テーブルにはタコ焼き機が置かれ、お皿も並べられていました。

4人はたこ焼きを焼きながらデビューについて話をしますが、プロデューサーの鮫島から連絡がないと分かると、デビュー自体もはっきりそうは言ってなかったような…と光汰が言うと、結愛は残念そうに溜息を吐きました。

一方、目を輝かせてたこ焼きを見つめる円花に、

「高宮タコパ初めて?」

光汰が尋ねると、うんと答えました。

結愛はまたママストップ!?と驚き、

「好きな物食べた方が病気治るって!!」

何気ない一言に、円花は困ったようにしていると、

「自由に育てすぎてアホになるよりは正解かもしれないぞ」

そう言ってフォローを入れる光汰に、円花はまた嬉しくなりました。

光汰は円花にあーんとたこ焼きを食べさせようとしますが、颯真がそれを邪魔します。

賑やかなパーティーもお開きとなり、颯真と結愛は一足先に返っていきました。

残った円花と光汰は、窓の下で幸せをかみしめるようにキスを交わします。

不安や切なさも怖くなくなった今、円花はもっと光汰とぴったりくっつきたいと思うようになりました。

「そういえば、わたし吉良くんの夢にでてきた?」

夢に出てきたらクリスマスデートにどこ行くか教えてくれると言った話を光汰に尋ねると、顔を真っ赤にした光汰が言葉を濁しながら出たかなと言います。

「いいなぁ、わたしの夢にも吉良くん来ないかな」

「来なくていいよ」

そう言われて驚く円花に、光汰は続けて言いました。

「夢の中のオレにまで妬くから」

そして、円花の頬をそっと撫でて、クリスマスは2人で1泊旅行したいと言うのでした。

きっと愛だから、いらない【第29話】の感想

すれ違った気持ちも確かめ合って、どんどん二人で強くなっていく感じがしますね。

円花のお母さんも安心して、過剰なママストップもきっとなくなっていくでしょう。

バンドのデビュー話がどうなっていくのかは少し気にかかりますが、円花と光汰の二人に迷いはないですし、目前に迫ったクリスマス旅行が楽しみですね!

次回のきっと愛だから、いらない【第30話】が掲載されるSho-Comi8号の発売日は3月20日になります。