BELOVE

おっさんずラブ第8話ネタバレ!牧と春田の関係が変化する!?

yjimageZFDBFC66 - おっさんずラブ第8話ネタバレ!牧と春田の関係が変化する!?

テレビドラマで大人気のおっさんずラブがコミカライズ!

BELOVE7月号(6月1日発売)の第8話を読みましたので、ネタバレと感想を書いてみました。

前回までのあらすじ

結婚したいのに全然モテない33歳独身の春田創一は、不動産会社に勤めています。

営業成績は最下位で、後輩からも抜かれてしまいます。

プライベートでは春田は運命の恋を求めて、後輩と合コンに行きますが全くモテません。

通勤のバスの中で痴漢と勘違いされていた春田を助けてくれた黒澤部長。

その黒澤部長の携帯の待ち受けは唐揚げを食べる春田の写真でした。

その後も何事もなく振る舞う黒澤部長に対して、春田は混乱してしまいます。

そんな時、本社から異動になり、合コンで一緒だった牧凌太がやってきます。

牧に渡す資料を探すために、春田が黒澤部長のパソコンを操作していると、自分の隠し撮り写真が入っているフォルダを見つけ、さらに動揺します。

母親に急に出ていかれ、途方に暮れていた春田は、たまたま部屋を探していた後輩の牧が料理が出来ることを知り、ルームシェアを提案します。

春田は几帳面な牧に怒られながら、牧は何でも美味しいと感動してくれる春田に癒やされながら共に生活していきます。

その矢先、部長から海浜公園に呼び出されます。

「はるたんが好きです」

と、バラの花束を渡して、妻とは離婚してきちんとするから待ってて欲しいと伝え、走り去りました。

牧は春田がお風呂に入っている間に、春田の営業日報を見て部長の気持ちに気付いてしまいます。

バスタオルをとってほしいと言う春田に対して、牧は風呂に乱入し、壁ドンをしてキスをしてしまいます。

そんな中、部長の自宅では部長が奥さんに対して離婚して欲しいと伝えていました。

牧と部長から気持ちを伝えられて混乱している春田は、会社の先輩達に相談しますが答えは出ません。

離婚を急に切り出された部長の奥さんも、他の女性との浮気を疑っていました。

幼馴染のちずが転職したお祝いに、ちずの兄のお店でいつもの様に春田は呑んでいました。

ちずは部長の誠実さに感心して、春田の事を大切に思っている証拠だから真剣に考えたほうがいいと春田に伝えます。

牧が帰ると、春田がソファーで寝ていました。

部長の家でも、奥さんが部長の好きな人は誰なのか悩んでると、部長が寝言で「はる・・ん」と呟き、ハルカという女性だと奥さんは勘違いします。

次の日、部長は春田を本社の屋上へ呼び出します。

妻とは離婚の話をしているから、安心して欲しいと春田に伝えていると、そこにメールを見てしまった牧が現れます。

部長に対して、春田が好きだから部長にも絶対に渡さないと宣戦布告します。

部長は、10年一緒に働いているからはるたんを育てたのは自分だと言い返します。

牧は、春田の胃袋を支えているのは自分だとさらに反撃します。

ちずの兄の居酒屋で、春田と牧の二人が離れて座っていたので、険悪なムードにちずは心配します。

春田は、上司相手に好きだのなんだのと冗談もいい加減にしろと言います。

すると牧は、本気で春田の事が好きだと告白します。

牧は春田の気持ちを聞いて、黙って店を後にします。

牧との生活は楽しかったけど、牧の告白は女だったら嬉しかったのだろうか、牧が男だからダメなんだろうか、と自問自答します。

公園で牧を見つけ、牧と居ると楽しいし、ダメなところは直すから友達としてまた普通に暮らしたいと絞り出すような声で伝えます。

牧は春田の額にキスをします。

普通には戻れないと言い残して、牧は先に帰っていきました。

すると、「お一人様用」の広めの1LDKを探している女性から、春田は名指しで指名を受けますが、実は部長の奥様でした。

離婚のそぶりはあったか、原因は部長の女性問題か、この営業所の中にいたりして、、、色々な事を言われ春田は混乱してしまいます。

部長の奥さんが営業所に来たことをちずに話すと、部長もカミングアウトすることになるから全部は言えないんじゃない?とちずは春田に伝えます。

部長と付き合っているわけじゃないのに、勝手にカミングアウトするわけにもいかず奥様と部長の板挟み状態になっていました。

悩みながら外回りをしていると、後ろで物音がしたので振り返ってみると誰も居ません。

この時、もう一つの騒動に巻き込まれている事に春田はまだ気づいていませんでした…

疲れてソファーに横たわっている春田を牧が睨みつけます。

春田は、牧と武川がもめているのを心配して、直接武川に相談していました。

武川さんに絞られている牧を心配しての行動だったのですが、牧は余計なことをして…とため息をつきます。

部長にも奥さんにもさんざん振り回された春田は、ちずの店に行きますが、先客が居たため帰ろうとします。

その時、奥様から着信が入りました。

ファミレスに呼び出された春田は泣いている奥様を見て驚きます。

奥様は、心のどこかでは部長の事をまだ信じていて訴えてやるとか、絶対に許さないとかって思いはあったけど部長の幸せを考えるなら身を引こうかと春田に伝えます。

部長が春田と奥様のところへ来て、三人で話すことになりました。

離婚の原因を話す二人に同席することになり、好きな人ができたと伝える部長に奥様は相手である”はるたん”の正体を尋ねます。

春田の腕を掴んで、部長は宣言しました。

「俺が好きなのは…彼なんだ!!」

混乱する奥様に春田は説明しようとしますが、騙されていたと勘違いして春田に怒鳴ります。

動揺したまま、奥様は店を出ていきました。

春田は部長の手を握りしめ熱弁していると、店の外からカメラのフラッシュがたかれ、そこにはすごい形相の奥様が立っていました。

部長の奥さんの事を牧に相談したかったけど、今日も機嫌が悪かったし…と春田は悩みます。

悩んでいると、武川がパソコン操作を春田に教えながらボディタッチをしてきます。

その後も、武川はたいした用事でもないのに春田を呼んだり、妙に春田と距離が近かったりして、春田は不思議がります。

春田と牧でチラシ配りをしていると、奥様が来て春田を訴えると主張して去っていかれました。

奥様から突き飛ばされて怪我をした春田を牧が手当します。

その時、武川が割って入ってきて、乱暴に春田の手当を始めます。

自分と牧が暮らしていることに嫉妬しており、いままで牧に厳しく当たっていたのは自分をめぐる恋敵なのかと考えていました。

牧との晩ごはんのときに、奥様がなにするかわかんないとつぶやく春田に対し、あいまいな態度を取っている春田もよくないと牧は春田に伝えます。

はっきり言わないことは優しさでもなんでもないと牧は呟きます。

その夜、ちずの兄の鉄平のお店”わんだほう”が閉店することになり、閉店パーティが開かれていました。

ここらへんを全部潰して、タワーマンションを建てるので1階のテナントに入ることになったのです。

その際に、ちずに彼女のフリをして欲しいと春田は懇願します。

春田の口の周りに付いているものを拭いたり、つい密着したりする二人を見て部長は複雑な気分になります。

席に戻って、ご飯を食べている春田に舞香さんが私の目はごまかせないわよ、と呟きます。

うふふふと笑う舞香さんの言葉に驚き、箸を落としてしまいます。

箸を拾おうと、テーブルの下を見ると牧と武川が手を繋いでいるのと見てしまいます。

それを見て、春田は混乱してしまいます。

自分の勘違いだと混乱する春田は仕事に集中できません。

胸がざわついている自分に気付きながらも、気にしないようにしている春田にちずの鉄平兄から電話が入ります。

タワマンが建つ計画がないことが判明して、鉄平は自分の店をタダ同然で手放す契約書にサインをしてしまったと春田に泣きついてきたのです。

すると、ちずがしばらく泊めて欲しいと家にやってきます。

牧が作ってくれたご飯を食べ、寝間着まで準備してくれた牧に対し、プロの執事になれるとちずは喜びます。

ちずと春田は居間で二人で飲んでいました。

ちずは春田と牧はお似合いだと話しますが、牧と武川が手を繋いでいたとちずに話し、自分の勘違いだったと話します。

そう話す、二人の会話を牧が聞いていました。

ちずと二人で話していると距離が近いことに気付き、二人は照れてしまいます。

その時、ちずの電話が鳴り電話に出ようとしたちずの手を春田は握ります。

「いま…電話に出なくてもよくね…?」

二人は見つめ合います。

おっさんずラブ最新話を無料で読む方法は?

おっさんずラブ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、おっさんずラブ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
おっさんずラブ最新話を読む

おっさんずラブ第8話ネタバレ!牧と春田の関係が変化する!?

手を掴まれたちずは、思わずつぶやきます。

「う、うん…」

二人は照れてうつむきます。

「寝る」

ちずはくるっと振り返り、春田につぶやきます。

「寝れるかな…ベッド硬そうだし…」

じゃあ、一緒に寝る~?と冗談交じりに言った春田に、ちずはおやすみと言って部屋へ向かいました。

「悪徳業者に契約破棄だなんて…」

牧は、舞香さんと二人でパソコンで鉄平兄の詐欺の件を調べていました。

こっちもプロの意地があるんでなんとかしたいと言う牧に、舞香さんは詐欺の証拠でもあれば…とつぶやきますが、その言葉に牧が思いつきます。

急いで会社を出ようとすると、武川さんが廊下で待ち伏せしていました。

牧はゆっくりと歩いて通り過ぎ、目を合わさないように挨拶します。

「お疲れ様です」

「牧、お前はいま不毛な恋愛に足を突っ込んでる…

そう思わないか…?

完全にお前の片思いなんだろ…?」

「…はい」

「あっち側の人間を好きになっても幸せになることは絶対に…」

武川さんの言葉を牧が遮ります。

「わかってます。

そんな事俺が一番分かってます」

カバンを力強く握りしめる牧に、武川さんが近づきます。

「…俺ならあいつと違っておまえを傷つけたりしない」

振り向きざまに、牧は悲しそうにつぶやきます。

「…ですね」

その言葉に武川さんは何も言えなくなり、牧の後ろ姿を見送りました。

春田は、奥様を呼び出して部長と今夜きちんと話をすると伝え、二人にはまた素敵な夫婦に戻って欲しいと訴えていました。

部長を呼び出し、話を切り出そうとすると部長は叫びだしました。

「わーーーーーーー!!

聞こえない、聞こえない、わーーーーーーー!!」

耳に手を当てながら叫んでいる部長に、春田も負けずに叫びます。

「ごめんなさい!!」

お辞儀をする春田を見て、再び部長は叫びます。

「あーーーーー!!!!」

膝から崩れ落ちた部長は下を向きます。

「聞いちゃった…

ごめんなさい…聞いちゃった…」

呟く部長の肩に手を置こうとした春田をそっと牽制します。

待ってって言ったのに…と呟く部長と謝る春田。

「ダメなのは俺が上司だから…?

それとも男だから?」

涙を流す部長に春田は話しかけます。

「部長のこと上司としてとても尊敬しています。

強いリーダーシップで引っ張ってくれて失敗したら全力で守ってくれて理想の上司だと本気で思っています。」

顔を上げて、じゃあ…と言いかける部長に春田は言葉を投げつけます。

「でもそれは恋愛感情じゃないんです」

「僕は今までみたいに純粋な部下と上司の関係に戻りたいんです。

こんな僕を好きになってくれてありがとうございました。」

部長はカバンを拾って立ち上がり、空を見上げながら春田に伝えます。

「…三鷹地区の再開発が来月から始まる。

忙しくなるが…頼りにしているぞ」

涙ぐみながら、春田は返事します。

「はい」

去っていく部長の目には涙が流れており、影から見守っていた部長の奥様の目から涙が流れていました。

鉄平兄の契約に関して、春田と牧は相手先に乗り込んでいました。

「何度ご覧になっても契約はもう締結済みですので変更はできません。」

相手の書類を見ながら、めちゃくちゃな契約なのに完璧に契約を交わしているとつぶやきます。

担当者が席を立とうとしたときに、牧はボイスレコーダーを取り出しました。

”ご安心ください、タワーマンションが建ちましたら1階のテナントに入っていただく形になります”

思いついたメロディをいつでも録音できるように鉄平兄はボイスレコーダーを持ち歩いていたらしく、契約の時にたまたま録音しっぱなしだったと牧は言います。

「そちらが嘘をついていた証拠があるなら話は別ですよね?」

帰り道、ちずを安心させるために春田は電話をしました。

喜ぶちずに、全部牧のおかげだからと春田は話します。

荷物を引き上げると話すちずに、慌てなくてもいいと春田は伝えます。

「気ぃ使うなよ、俺とおまえの仲だろ?」

春田のその言葉に、自分も以前同じことを言われていたので牧はショックを受けました。

「牧…今日さあ寿司でもとろっか?

ピザでもいいけど」

風呂上がりに話す春田でしたが、牧は荷物をまとめていました。

「俺出ていきますね」

驚く春田に、武川さんのとこお世話になろうと思う、と話す牧を春田は止めます。

「元彼なんです」

その牧の言葉に、二人が手を繋いでいたことを思い出します。

「…春田さんはちずさんと幸せになってください」

玄関へ行こうとする牧を後ろから春田は抱きしめます。

「行くなって!!」

その瞬間、ちずが帰ってきました。

抱き合っている二人を見て、動揺したちずはケーキの箱を落としてしまいます。

「あ、白菜…そうだ白菜、兄貴に頼まれてたんだった!」

走って出ていくちずに、気まずい二人。

ちずはさっきの光景に動揺しながら、落としたケーキを確認するとボロボロになっていました。

泣きながら、ちずはケーキを食べていました。

その頃、家では二人が話し合っていました。

「何で止めたんですか」

「いやなんかわかんないけど…行ってほしくないって…思った」

料理とか家事とか困るからでしょ、と言う牧に自分も混乱しているからわからないと答えます。

「お似合いだと思いますよ、春田さんとちずさん」

ちずとは幼馴染だからと言い返す春田に、牧はなにもないなら付き合ってくださいと言い出します。

「春田さん、俺と付き合ってください」

「は、はい…」

返事をしてから、春田は男同士で付き合うっていうのはどういう事だと牧に尋ねます。

「牧にとっての俺はさ…彼氏なの…?彼女なの…?」

ふっと笑って牧は答えます。

「なに言ってるんですか」

居間から出ていく牧に、余計に春田は混乱していました。

次の日、武川さんから部長の奥様が担当を変えてほしいと言ってきたことを春田に伝えます。

「おまえなにか失礼なことでもやったんじゃないだろうな?」

武川さんにしどろもどろ心当たりがないことを伝えると、引き継ぎをしてくれと言われてしまいます。

”奥様にもちゃんと報告しないと…

あのあと部長と話をしたこと、そこでちゃんとお断りしたこと…”

春田がそんなことを考えていると、部長から呼ばれます。

「ちょっといいか…?」

その言葉に春田は驚きました。

おっさんずラブ第8話牧と春田の関係が変化する!?の感想

春田くんは罪作りですね…

ちずちゃんも今回の一件で春田に心惹かれていたのに、裏切られた気分になったでしょうね。

まさかの、部長を断っての牧の告白を受け入れるなんて展開についていけませんが…

部長と奥様の関係も改善するのでしょうか…

気になる第9話はBELOVE8月号(7月1日発売)に掲載予定です!

おっさんずラブ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、おっさんずラブ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
おっさんずラブ最新話を読む