おっさんずラブ

おっさんずラブ第4話ネタバレ!部長と牧の告白に揺れるはるたんの気持ち

19eb0a6f7b08b5e5987e67e545830cee - おっさんずラブ第4話ネタバレ!部長と牧の告白に揺れるはるたんの気持ち

テレビドラマで大人気のおっさんずラブがコミカライズ!

BELOVE 平成31年2月1日発売の第4話を読みましたので、ネタバレと感想を書いてみました。

前回までのあらすじ

「好きです!」

と、バラの花束を持った中年男性に告白されてしまった春田。

これから、彼の理想の運命の恋はどうなってしまうのでしょうか?

結婚したいのに全然モテない33歳独身の春田創一は、不動産会社に勤めています。

営業成績は最下位で、後輩からも抜かれてしまいます。

そんな時、春田は週末のキャンペーンの宣伝プランを黒澤部長から成績挽回のチャンスと、任されることになりました。

プライベートでは春田は運命の恋を求めて、後輩と合コンに行きますが全くモテません。

そこで、同じ不動産会社本社の牧と出会いますが、泥酔した春田は牧から呆れられてしまいます。

合コンから帰って、玄関でだらしなく寝ていた春田に対して、春田の母親は出ていくと宣言します。

朝からさんざんな目に遭った春田は通勤バスの中で痴漢に勘違いされてしまいます。

すると、たまたま乗り合わせた黒澤武雄部長が助けてくれました。

その時、バスが急発進し春田と黒澤部長は思わず抱き合い、黒澤が携帯を落としてしまいます。

その黒澤部長の携帯の待受には、からあげを食べる春田の姿が写っていました。

その後も何事もなく振る舞う黒澤部長に対して、春田は混乱してしまいます。

そんな時、本社から異動になり、合コンで一緒だった牧凌太がやってきます。

牧に渡す資料を探すために、春田が黒澤部長のパソコンを操作していると、自分の隠し撮り写真が入っているフォルダを見つけ、さらに動揺します。

部長は、自分の事が好きなんだろうか?

「神様。僕が希望していた運命の恋とは、少しテイストが違うような気がします。」

春田は涙ながらに呟きます。

本社から来た牧に、ポスティングを教えることになった春田は二人で近隣のアパートを巡ります。

本社から来た牧が威張る事なく、仕事をこなす姿に春田は好感をいだきます。

二人で街を巡る中、近隣の住民に朗らかに接する春田をみて、牧はすごいと尊敬します。

会社に戻った春田は、営業日誌に部長からのコメントが多くなった事に気付き、慌てふためきます。

たまたま、会社に残っていた部長に驚き、逃げるように自宅へ帰ります。

自宅に帰ると、母親は本当に書き置きを残して居なくなっていました。

途方に暮れていた春田は、たまたま部屋を探していた後輩の牧が料理が出来ることを知り、ルームシェアを提案します。

数日後、牧が春田の家に越してきて二人の生活が始まります。

春田は几帳面な牧に怒られながら、牧は何でも美味しいと感動してくれる春田に癒やされながら共に生活していきます。

そんな中、先輩職員から黒澤部長が奥さんと仲良くしているのを見かけたと聞いて、春田は自分の勘違いだと安心しました。

その矢先、部長から海浜公園に呼び出されます。

公園で待っていた黒澤部長は

「はるたんが好きです」

と、バラの花束を渡して、妻とは離婚してきちんとするから待ってて欲しいと伝え、走り去りました。

そんな混乱の中、迎えた週末のキャンペーンの地図を春田が間違えていて現場は混乱します。

混乱する中、部長は力を合わせて成功しようと皆に叱咤激励します。

その瞬間、部長の上に鉄塔が落ちてきそうになり春田が庇って病院に運ばれます。

春田は無傷でしたが、部長は取り乱して春田に抱きつきます。

春田はそんな部長の頭をつい、そっと撫でてしまいます。

牧はそんな二人の様子を見て、心が乱されていきます。

春田がお風呂に入っている間に、春田の営業日報を見て部長の気持ちに気付いてしまいます。

バスタオルをとってほしいと言う春田に対して、牧は風呂に乱入し、壁ドンをしてキスをしてしまいます。

そんな中、部長の自宅では部長が奥さんに対して離婚して欲しいと伝えていました。

牧と部長から気持ちを伝えられて混乱している春田は、会社の先輩達に相談しますが答えは出ません。

離婚を急に切り出された部長の奥さんも、他の女性との浮気を疑っていました。

第4話 部長と牧に告白され、揺れるはるたんの気持ち ネタバレ

幼馴染のちずが転職したお祝いに、ちずの兄のお店でいつもの様に春田は呑んでいました。

全て、ちずに正直に相談していた春田は、部長との話をちずに話します。

ちずは、部長の誠実さに感心して、春田の事を大切に思っている証拠だから真剣に考えたほうがいいと春田に伝えます。

そんな簡単じゃない、と春田は思っていると、牧からいつも通りにメールが入ります。

普段どおりにメールを打った牧に対し、先輩職員が声を掛けます。

牧が暗い顔をしていたので、恋の悩みじゃないかと問い詰めたら、好きになってはいけない人を好きになってしまったと呟きます。

最初から、可能性のない恋をしてしまったと俯きながら話す牧の姿に、春田が相談してきた内容と一致している事に気付きます。

二人の関係に気付いた先輩は、牧に押してダメなら引けばいい、とアドバイスします。

牧が帰ると、春田がソファーで寝ていました。

お風呂に入ると、起き上がった春田に対して、牧は昨日のキスは冗談で男子校のノリで突っ込んでほしかったと伝えます。

そんな牧の気持ちも知らず、男同士のキスなんて冗談でも無理だからと春田は牧に伝えます。

風呂に入った春田の携帯にメールが入り、牧が見ると黒澤部長からメッセージが入っていまた。

部長の家でも、奥さんが部長の好きな人は誰なのか悩んでると、部長が寝言で「はる・・ん」と呟き、ハルカという女性だと奥さんは勘違いします。

次の日、部長は春田を本社の屋上へ呼び出します。

ベンチに座り、部長が取り出したのは春田の似顔絵が入った手作り弁当でした。

呆然とする春田に対し、唐揚げが好きだからといそいそと取り分けます。

混乱する春田に、春田が悩んでいる案件の話を切り出す部長。

春田は、いつも悩んでいても自分なりに解決方法を見つけ出すから大丈夫だと、必要以上のボディタッチをしながら部長は続けます。

以前、春田と一緒に契約をした時、契約書の入ったカバンを取られて部長が怪我をした時の話になりました。

怪我をした後、春田が湿布を買ってきて部長の足に湿布を貼り、靴まで履かせてもらった瞬間、部長はシンデレラの気分になったと恍惚の表情を浮かべ、春田に伝えます。

妻とは離婚の話をしているから、安心して欲しいと春田に伝えていると、そこにメールを見てしまった牧が現れます。

牧は、部長に勤務時間中の公私混同は止めて欲しいと伝えます。

「手作り弁当なんて、重たい。」

「直属の上司に、嫌なんて言えるわけないでしょう。」

止める春田にも構わず、牧は続けます。

「部長に春田さんは守れません」

部長に対して、春田が好きだから部長にも絶対に渡さないと宣戦布告します。

部長は、10年一緒に働いているからはるたんを育てたのは自分だと言い返します。

牧は、春田の胃袋を支えているのは自分だとさらに反撃します。

言い合いする二人に対し、

「俺のためにケンカするのはやめてください」

と春田は叫びます。

ちずの兄の居酒屋で、春田と牧の二人が離れて座っていたので、険悪なムードにちずは心配します。

春田は、

「上司相手に好きだのなんだのと冗談もいい加減にしろ」

と言います。

すると牧は、

「自分は本気で春田が好きなんです」

と告白します。

相手が部長だろうが、上司だろうが関係ないと春田に伝えます。

混乱した春田は、一緒に住み始めたのも、ご飯も掃除も全部そういうつもりだったのかと牧に気持ちをぶつけます。

「すげぇ、うらぎられた気分だわ」

牧は春田の気持ちを聞いて、黙って店を後にします。

牧に対して、文句を言い続ける春田に

「最低っ!!」

と、ちずがビンタします。

怒る春田に、

「牧くんの気持ち考えた事あるの!?」

と、ちずは怒り狂った目で春田を睨みつけます。