おじさまと猫

おじさまと猫【第44話】ネタバレ!神田と小林は同じ高校?!!

2019年10月12日発売の月刊少年ガンガン10月号、「おじさまと猫」第44話【綺麗な夜】

第45話【私の親友】を読んだので、これまでのあらすじ、ネタバレ、感想を書きます。

おじさまと猫最新話を無料で読む方法は?

おじさまと猫の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、おじさまと猫最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
おじさまと猫最新話を読む

【前回までのあらすじ】

音楽教室の講師を辞めたい言い出した神田。

コンサート会場で息もできないようでは、子供たちの発表会にも立ち会えない。

しかしみんなの励ましで、辞めることを辞めにした。

ホット一息。

と言うことで神田は森山のバンドのライブのことを訪ねた。

森山は大喜びでチケットを渡した。

予定は来週の土曜日。

まさかそんなにすぐとは思っていなかった神田。

小林に電話で相談する。

気さくな小林は小さいことは気にしない。

「行こうぜ、ライブ!」

ということに。

おじさまと猫【第44話】ネタバレ!!!

ベッドで寝ていたふくまる。

ふと耳に入ってきた神田の唸り声。

何か寝言をつぶやいている。

ふくまるが心配しているといきなり起きた神田。

やはりライブのことが心配。

起きてソファに座っていると、ふくまるがやってきて膝に上に乗った。

一人でベッドで寝るより神田の膝の上がいい。

ふくまるに慰められた神田。

もしだめでも、その時はまたふくまるに慰めてもらおうと思った神田でした。

おじさまと猫【第45話】ネタバレ!!!

子供のころテレビで見たアメリカのロックバンド。

派手な衣装、派手な髪形。

そして何より派手な音楽に神田は引き付けられた。

しかし母の意思によってっそれは許されなかった。

あれから数十年後。

まさかこんな年になってロックライブに行くことになるとは。

小林の影響で隠れてロックを聞いていた神田。

そうゆう悪いことは学生の時から大体小林が教えてきた。

でも神田にとってそれは楽しいことばかりだった。

最後には楽しい思い出になる。

今日もそうなるといいなと思う神田だった。

当然!と豪語とする小林。

行こうぜ!とさっそくライブハウスへ。

何度も来たことのあるライブハウスへ続く階段。

今でもワクワクする。

しかし小林はドアの前で立ち止まった。

神田は大丈夫だろうか?

絶対に大丈夫じゃなかったらどうしよう・・・・・・。

そんな小林の手を取り神田は「行こう」とドアを開けた。

中に入った瞬間、派手な音と異常な喝采。

どうやら神田は平気みたいだ。

「まじか?よしゃー!」

と小林と万歳とガッツポーズ。

森下のライブに行ける。

神田は喜んでライブを楽しんだ。

「あー、楽しかった」

と神田。

と言うことで、小林の言うままにほかのライブもはしごすることにした。

次のライブで再び派手な音楽が聞こえた。

ステージを見るとなんとそこには日比野奏のギターを弾く姿が!

神田に気づく日比野。

びっくり驚きの二人です。

おじさまと猫第【第44、45話】を読んだ感想。

ふくまる相変わらずです。

神田の励まし役ですね。

山下のライブの予行練習ということで、小林とライブハウスに出かけた神田。

こんな歳の人たちでも行くものかなー?て思いました。

高校時代の神田と小林は同じ学校でしょうか?

凄いお金持ちのイメージの神田と一般的なイメージの小林。

同じ学校ということは頭もお家ももしかした同じレベルなのでしょうか?

小林結構お金持ち。

ところで今回神田達っていくつなんだろう?て思いました。

子供が育っていて奥さんが亡くなっておかしくない歳だから、五十歳くらいかな。

そんな歳の日比野。

今回ギターを構えてロックバンドで登場ですね。

びっくりです。

神田にライバル意識の強かった日比野。

イメージが変わりますね。

ギターの楽譜とピアノの楽譜では少し違うでしょうが、凄いです。

神田がまねしそうです。

神田もライブなら発作が出ませんでした。

よかった、よかった。

でも、神田や日比野(小林は?)一人暮らしで、ふくまるやマリンはやっぱりお留守番で

しょうか?

ちょっとかわいそうな気がします。

やっぱりペットは複数の家族で飼う方がいいように思います。

ふくまるお留守番好きなのかな?

これからは

音楽教室にライブと留守がちになりそうです。

どうするのかな。

猫は二、三日の留守番は大丈夫とよく言いますが。

次回は森下のライブのお話かな?

神田はライブ見ているときどうしているのでしょう。

やっぱりこぶしを振り上げ声援を送るのでしょうか。

見てみたいです。

興奮して別の意味で発作を起こしそうな気がします。

でもこれをきっかけにピアニスト神田冬樹が復帰してくれたらいいです。

森下も喜ぶでしょう。

でも小林ってクラッシック聞くようには思えないけど、神田の親友なのだからやっぱり聞

くのかな?

もしかして神田はクラシックじゃないのかな。

私は神田や日比野はクラシックピアニストと思っています。

今回の最後は日比野のギタリストシーンで次回楽しみにしています。

おじさまと猫の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、おじさまと猫最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
おじさまと猫最新話を読む