おじさまと猫

おじさまと猫【第43話】陽の下の夜想曲。神田冬樹の燕尾服、かっこいい!

2019年9月12日発売の月刊少年ガンガン10月号、「おじさまと猫」43第話・陽の下の

夜想曲を読んだので、これまでのあらすじ、ネタバレ、感想を書きます。

おじさまと猫最新話を無料で読む方法は?

おじさまと猫の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、おじさまと猫最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
おじさまと猫最新話を読む

【前回までのあらすじ】

前回はふくまるとマリンの対面。

ペットsショップで日比野と再開した神田。

マリンを見て、ふくまるそっくり。

もしやふくまると兄弟?!!!

日比野を強引に誘い早速対面。

血統書もなくなったけど合わせればわかる。

やっぱり二匹は兄弟。

ママさんそっくりのマリンと大きくなった、ふくまる。

涙の再開でした。

そんな様子を神田からメールでもらった森山。

メールを見るのは楽しいけど、見てると無性に猫を触りたくなってくる。

思い立って実家に猫たちに会いに行った。

猫のいる弟の部屋のドアを開けるとそこにはなぜか神田冬樹のポスターが。

おじさまと猫【第43話】ネタバレ!!!

猫たちに会いに実家へ帰った森山。

弟の部屋で神田冬樹の現役のポスターを発見。

他にも雑誌やCDがいっぱい。

やっぱりかっこいい!!!!!!

そこに二匹の猫がやってきた。

バディとボブ。

久しぶりに大分年を取った猫たちを撫でながら、神田の力になりたい。

神田にまたステージに立ってほしいと思った。

翌日、音楽教室に出勤した森山は、神田が講師を辞めたいと話しているのほ聞いてしまう。

神田は会場恐怖症のように会場にいると息もできなくなってしまう。

そんなことでは子供たちの発表会にも立ち会えない。

講師失格ですという。

森山は自分が神田をコンサートに誘ったのが原因だと落ち込む。

そんな時話をしていた女講師は

「それは、問題にならないです」

と言った。

なぜならそんなことは大した理由にならない。

そのくらい周りが助ければいい。

それに生徒の子供たちは神田先生が大好き。

神田がいなくなると泣いちゃいますよ。

それにほかの講師たちだって。

そのくらいの迷惑全然平気と言う、みんなに支えられ神田は辞めることを辞めた。

そういえば森山君・・・・

と神田は森山にバンドのライブの予定日を聞いた。

喜ぶ森山。

「来週の土曜日開催です!!!」

と元気にチケットを渡した。

チケットを受け取った神田は、ガッビーン!!!!!

そんなに早いと思わなかった。

慌てて小林に電話で相談する。

相変わらずの小林は

「気に病むことはない」

と言う。

今度の会場はピアノもないし平気かもしれない。

試してみようということに。

おじさまと猫第【第43話】を読んだ感想。

今回はふくまる出番少なかったです。

森山の猫はあんまりかわいくなかったなぁ・・・・・・。

ところで神田はピアニスト時代、どんな曲を弾いていたのかなぁ・・・と思うこの頃です。

今回の題名はノクターンだからやはりショパンでしょうか。

ポスターにCDに雑誌。

凄いなぁ。

そんな人が自分の周りにもいたらいいなーと思います。

ところでふくまるは神田が留守の時は、いつもお家で待っているのでしょうか?

ちょっと寂しいと思うな。

私も昔犬を飼っていて、一匹にすることが多かったです。

実は日比野の母タイプでした。

彼氏とシーズーを飼って一匹で留守番させていました。

一年ほどで私の大阪のアパートから熊本の実家の父と母に犬を預けて、ケージと名前だけ

を置いてまた大阪に戻りました。

シーズーは三か月ほど泣きじゃくったようでした。

夜泣き間虫ですね。

それから十年ほどして死にました。

私が泣かせた分、父と母は犬にバリカンやおもちゃを買ってあげたり、好きなものを食べさせて、二年もするとかなり太っていました。

死にぎわは私もいました。

最後は火葬して父の家のお墓に入ってます。

そのあと三年ほどで、ふくまると同じ模様の狆を買いました。

すでにおじいちゃんです。

日比野奏の母に対する文句が私にぴったりで笑ってしまいました。

でも神田も、日比野も一人でマリンやふくまるを飼ってるようなので、ちょっと自分と同

じかなぁ・・・・・。

と思っています。

人間か猫を増やせばいいなぁ、と思います。

日比野もピアニストですね。

どんな曲を弾くのでしょうか?

知りたいです。

昔20年以上前の話ですが、大阪の泉佐野市のブーニンピアノリサイタルに行ったことがあ

ります。

はっきり聞き取れたのは、革命のエチュードぐらいでした。

後はビラビラビラビラ・・・・・・ビャラビャラビャラビャラ・・・・・・って感じでし

た。

燕尾服と言うのですか?

ブーニンは白いのを着ていました。

神田のコンサートシーン、曲目が描かれればいいなぁと思います。

夜のネオン街でのピアノラウンジでもいいなぁ。

まだまだ続きそうですね。

ふくまるの活躍にも期待して待ってます。

おじさまと猫の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、おじさまと猫最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
おじさまと猫最新話を読む