おじさまと猫

おじさまと猫【第36,37,38話】のネタバレ!

IMG 20190612 130402 - おじさまと猫【第36,37,38話】のネタバレ!

2019年6月12日発売の月刊少年ガンガン7月号、「おじさまと猫」第36、37、38話を読んだので、これまでのあらすじ、ネタバレ、感想を書きます。

【前回までのあらすじ】

コンサートの最中娘からの電話。

神田は妻の臨終の報告を受ける。

まだアンコールが残っていた。

病院で目を覚ますまでのそこから先の記憶がない。

妻の葬式の後、6回続けたコンサートも覚えていない。

それから神田は舞台に立てなくなってしまった。

そんな過去のある神田を森山は

「俺のバンド聞きに来てくれませんか!」

と誘う。

森山の強い誘いに、思わず「喜んで」と言ってしまった神田。

しかし神田は、森山のライブ会場で発作を起こし倒れたらどうしよう、と頭を抱える。

親友小林は、行かなきゃいいじゃないか、と言う。

しかし、私が行きたいんだ、と神田は言った。

小林に助けを求める神田。

小林は神田に頼られ大喜び。

小林に励まされた神田は、ふくまるを抱きしめ落ち着いた。

おじさまと猫最新話を無料で読む方法は?

おじさまと猫の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、おじさまと猫最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
おじさまと猫最新話を読む

おじさまと猫【第36話】ふくまるの猫ごころのネタバレ!

騒がしい、声が大きい、しつこい、ベタベタ触る、男臭い、にゃんか気に入らない。

ふくまるは、小林のおっさんが嫌い。

でも若くて、ハンサムさんの森下は好き。

だってパパさんを、笑顔にしてくれたにゃ。

でもそれは小林も一緒。

だから撫でさせて、触らせてあげる。

パパさんを笑顔にしてくれる人は嫌いでも大好き。

おじさまと猫【第17話】もうひとつの物語のネタバレ!!

品のいい老婦人。

ペットショップで私を選んでくれた。

私に新しいお家をくれた。

「あなたの名前はマリンちゃん」

名前を付けてくれた。

ご飯をくれた。撫でてもくれた。

でも私が大きくなるにつれ彼女は私に触れなくなっていった。

撫でてほしいな、名前を呼んでほしい。

「ねえ、あなたの所猫いらない。今度引っ越すマンション、ペット禁止でうちの猫いらなくなって困ってるのよ」

涙のマリン

神田をライバル視する日比野奏。

自分のコンサートに来て、途中で退出した。

あれは間違いなく神田冬樹だった。

ふざけるな神田!!!!俺のピアノは最後まで聴く価値がないというのか!!!!!

お前を追い越すために弾き続けてきたというのに。

と日比野が怒っていると玄関のチャイムが鳴った。

「お久しぶりね、奏」

やって来たのは日比野の母。

「これ貰ってほしいの」

「引っ越し先のマンションでペット禁止でね、飼えなくなっちゃったの。だから奏にあげる」

と言い猫の入ったキャリーケースを置いていいた。

昔からそんな感じの母。

「ふざけるな!!生き物はおもちゃじゃない。生きてるんだ、傷つくんだ、責任を取りたくないんなら金輪際生き物を飼うな!クソがぁああ」

と怒りながらキャリーケースを開ける。

顔尾を拝見。

思わず

「ぶっさ、おいおいどうしたんだよその顔は。お前あいつに顔をつぶされたのか」

それでも結局飼うことになった日比野。

猫を飼っている知り合いの森山に、飼い方を教えてほしいと電話した。

おじさもと猫【第38話】猫結びのネタバレ!!!

あの女(母)が猫とキャリーケースしか置いていかなかったためペット用品を買いに行くことになった日比野。

知り合いの森山にいろいろ教えてもらい、ペットショップへ。

楽勝、楽勝と思いきや、便所の種類、猫砂の種類、多すぎる。

かわいい店員に手伝ってもらい山ほど買い込んでしまった。

台車を持ってきますね、と店員に言われたが、強がって、これくらい持てます、と言った先から転んでしまう。

こんな恥ずかしいところ絶対知人に見られたくない!!!

とその時

「大丈夫ですか」

と声をかけられる。

顔を上げると、神田冬樹。

届きたくて届かなかった男。

神様の最高傑作。

お土産いっぱい買い込んだ日比野は神田と一緒に、猫の待つ家へと帰った。

猫は日比野に段ボールと新聞紙で作ってもらった即席トイレで用を足してると、帰ってきた日比野。

おじさまと猫第【第36,37,38話】を読んだ感想。

今回3話掲載でした。

楽しいですね。

ふくまるは相変わらずパパさん大好き。

森下がお気に入りのようです。

やっぱり小林は嫌でした。

第37話から登場の、マリン。

やっぱりエキゾチック。

最初の飼い主にあきらて、2番目の飼い主日比野。

幸せだといいですね。

マリンと言う名前と言うことは、やっぱりメスでしょうか。

これから新しいお家、新しい飼い主、ふくまるともお友達になるのかな?

今回は猫たちはたくさん出てきて楽しかったです。

マリンの涙ぐむ顔は心に響きます。

ふくまるもよく泣きます。

その後の元気な顔が楽しいです。

おじさまと猫の最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、おじさまと猫最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
おじさまと猫最新話を読む